2017-10

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ライヴの想い出:その2 Boom Boom Satellites JAPAN TOUR 2008「初回限定盤へのサインを求めて三千里?聴き所一杯のライヴ」

08年序盤の、とある冬の日。
雪の降る街、足取りに気をつけながら、初回限定盤のアルバムを大事に抱えて
いそいそとBoom Boom Satellitesブンブンサテライツ)のライヴ会場へと向かう私。
それはそれはもう、心臓が口から飛び出しそうに、ワクワクハラハラしながら・・・。

07年11月に初回限定盤で6thアルバム「EXPOSED」を購入した特典で、
ライヴ当日、アルバムを持っていくと、ブンブンのメンバーからサインが貰えるとのことで。
あの中野さんが!川島さんが!大丈夫かなぁ、私なんぞがもらって良いのかなぁ。
楽しみと不安とが交互交互に押し寄せてきます。

そのまんま「JAPAN TOUR 2008」というタイトルで、本ツアーの様子はDVD化されており
そこからの画像がこんな感じ。私が行った時も大体同じ演出でした。
Boom Boom Satellites JAPAN TOUR 2008
向かって左側がBa/Syn/Progの中野雅之さん、右側がVo/Gtの川島道行さん。
私が観た時は、中野さんの左側にサポートドラマーさんが居ました。この画像では、奥に居る?

荷物をロッカーに預けて身軽な格好でいざホール内へ。
客層も格好も、夏フェスみたいなノリが目立ちました。思いっきり夏フェスのTシャツ着てるとか。
ワイワイ騒ぐ若いカップル、女の子同士、はなっから暴れる意気込み満載のモッシュ系男性など。
その中に時々オタク系やテクノ系の男性や、大人しそうな女性などが混じっていましたね。
チケットは完売で、人が多い多い。オールスタンディングですから、立っているだけでも
早くも酸欠になりそう。ドリンク片手に、少ししゃがんだりして、体力を蓄えます。


いよいよライヴスタート!華々しく、6thのツアーの幕開けに相応しい、「UPSIDE DOWN」で
幕開け。ブンブンの二人が登場するや大歓声!
しかし見えない。人がいっぱいに詰まっているし、私は身長が決して高くない。
これはフラストレーションだ!そーーっと、後ろから真ん中辺りまで出てみました。
そうしたら最初よりは見えるようになったけれど、人混みの合間合間にちらりという感じ。

ドラマーさんは全く見えず、ドラムソロの時は本当に残念でした。
この時期は音源自体が、平井さんだったり元SUPERCAR田沢さんだったりと不定だったのに加え、
ライヴのパンフを買っていないので、この時のドラマーが通称「第三のメンバー」平井直樹さんかは
分からずです。素晴らしいドラムソロだったので、平井さんであって欲しかった。
ドラムの見せ場沢山ありました。「CLUSTER」はやっぱり凄いし、「id」もやっていたはず。
打ち込みパートも含め、やはりこのユニットのビートはとんでもない。

「EXPOSED」がアゲアゲの作風で、前作前々作からその路線が続いているので
当然ながらアガるアガる。あっという間に蒸し暑くなりました。
何せ人が多いので、周囲に迷惑をかけない限られた範囲で、ノって踊る。
そのうち酸欠になってきて、棒立ちでなんとか凌ぐ(それすら辛い時も沢山あった)。
そしてまたノって踊り、また棒立ちになり・・・を繰り返す。観る側にはカオスだったかも(笑)

情けない観衆一名を尻目に、当のブンブン二人はしらっとした様子で奏で続ける。
シャキッと立って、あの厳しく、シャウト混じりでハイキーで、時に息つく間もない歌を、
だれることもトチることもなく、涼しい顔で、まるで機械のように繰り出す川島さん。

「やっぱすげえ・・・」感慨に浸る一方で「百戦錬磨のプロなんだから当然だろ」とツッコミ。
いやはや本当にプロでした。しなやかで強靱な歌は、音源より上手にさえ聞こえました。
ある意味、アスリートに通じるものを感じたかも。
当時、mixiに「川島さん、歌上手だった」と書いたところ、マイミクの友人に「(笑)」
みたいな反応をされたのですが、そもそも私の「上手い」ってハードル高くないですからね。
R&BやHR/HMなどの「上手くて当然」なジャンルに殆ど興味がなく、ROCK/POPS一本やりで
音楽ファンをしていた当時。今でも気づけば「ヘタウマ」って言われてる人ばかり好きです。
歌い手のみならず、ギタリストなどでも。

さきに載せた画像のようにシンセなどの機材に囲まれながら、シンセを弾いたり
ベースを弾いたりと使い分ける中野さん。

終盤に入ると、でたー、通称「中野ダンス」!!!
ベースを持ったまんまぴょんぴょん飛び跳ねて、時にそのままぐるっと一回転したり手を挙げたり。
少年期の中野さんはダンスを踊ることが好きだったそうで、それをインタビューで読んで
何だか納得。しかしいつ見ても、独特な動きで、オリジナリティ溢れるというかなんというか(笑)
観客も中野さんの煽りに釣られて、もっとヒートアップします。


PHOTON」期だと思いますが、TVで深夜にブンブンのライヴを放映していました。
他にはfra-foaなども放映していて、今思えばあまりに貴重な番組でした。
その時も中野さんは例のダンスを披露していたような。
「FULL OF ELEVATING PLEASURES」のレビューで触れましたが、この頃から意識して
ライヴでアッパーな曲を積極的に演るようになっていて、PHOTON期のダウナーなノリを
持ち込みながらも、なかなかノれるライヴでした。
しかし当時はどうも川島さんの居る意義が分からなかった・・・

時は流れて、目の前の川島さんは、ギターを持って朗々と歌う姿に超然とした存在感があって
「中野さんのオマケ」ではなくなって、主役を張るに相応しい、なくてはならないパートに。
そもそも川島さんはBa→Gt→Voなどと転々として色々なバンドをやってきた人で、
ギターを持って歌っている姿が様になるのはそりゃ当然で、これまでは役割上、ちょっと
分かりにくくなっていただけ。何せブンブンの初めの頃は「歌わない」と決めていたそうで。
「あんまり自分の声が好きじゃない、歌っちゃいけない声だと思ってた」と言う川島さんですが
そういう人に限って、いい歌うたいだったりするじゃないですか、古今東西。


6thの曲を中心にしながら、定番アンセムも欠かさず盛り込んでどんどんアゲていきます。
Kick it Out」「Dive For You」等々、前列はダイヴやモッシュの嵐だったはず。

昔の曲か完全なインプロか記憶が曖昧になってしまっているのですが、
華麗なシンセソロがかなり長回しで展開されて、それが何度かあって
「あぁ、ブンブンはロックバンドだとばかり思いそうになっていたけど、その根本は
テクノ・ユニットだったのだなぁ」
と感慨に耽るような素晴らしいものでした。
眩い光の演出と併せて、あまりにも美しい、そして圧倒される、ライヴのハイライトでした。


・・・そして!ライヴ終了!ある意味ここからが本番だ!!!
ロッカーにしまっていた荷物から初回限定盤を取り出して、いざ、サイン会場へ!
しかし。そこには、「1stや2ndからファンでした」「俺もダンス・ミュージックやってます」
みたいな雰囲気の、玄人のような雰囲気のファンがブンブンを取り囲み、楽しそうにご歓談。
(今思えば、もしかするとファンじゃなくて、音楽仲間などの関係者だったのかもしれない)
ううぅ、これは、入り込めない!「付け焼き刃のロックファンが来るな」みたいなムードが!
半泣きになりつつも、アウェイ感には勝てず、「素晴らしいライヴを体験できたんだから
良かったじゃないか」と自分を納得させながら、トボトボと家路についたのでした。
心なしか、ブンブンの二人にも近寄りがたい、プライドが高そうなムードが漂っていたし・・・

「ON」の頃のインタビューで川島さんが
「従来のブンブンは難解な印象を持たれており、彫刻で言えば触れない彫刻みたいに、
リスナーに遠目で見られがちで、ちょっと距離があった。
だからもっと触れる作品、手にとれる物にしよう」
「聴き手を巻き込もう、自分達の方からリスナーに手を差し伸べよう、ひとつのモノを皆で
触れるような姿勢を取ろうと4thで方向転換して、それを持続している」
と話していたのですが
「EXPOSED」では、また少し意識的に距離を取りだした感じ、作り込んできた印象を受けました。
そういうアオリか?それとも、一流ミュージシャンの「親しみやすい」と一般人のそれとを、
同等に考えようとした当時の私がアホだったのか?
多分後者なんですけど、今だったらそれでも無謀にも「サインください!」と飛び込んでいく
ような気がします。だって、そういう権利を持っているんですもん。
でも以前、別のバンド(もっとマイナー)のサイン会@タワレコに参加したことがあるんですが
温かく応対してくれるリズム隊とツンケンしているヴォーカル・ギターとの落差にがっかり。
「プロになって第一線に立つってこういうことなのかなあ」と複雑な気持ちになりました。
温かい応対を求めてライヴに行ってるわけじゃないけど、サインや応対も仕事のうちだろうと。
クールさの演出かもしれないけれど。
サイン(会)って何なんでしょうね。時々よく分からなくなります。


ツアー最終日にはこんな企画があって、コラボの帽子が販売されていたようです。
私が行った時は無かったはず(というか、グッズを見る余裕もなかったような)。
いいなぁ・・・どちらも好きな「ブランド」じゃないか!
Boom Boom Satellites+CA4LAコラボ


次回はいよいよブンブン最終回。ベスト盤「19972007」の簡単なレビュー、それに続く7th
「TO THE LOVELESS」のレビュー、そして新作シングルなどの近況まで何とかいけたらと
考えています。盛り込む内容が多いので、あまりダラダラ書かず簡潔にまとめねばですね。
6/6のシングル発売日までに間に合わせたいところだけど、どうか??

手元にたくさんCDがあって、それを使えばいくらでも単独レビューが書けそうだと
当初思ったんですが、何だかんだで下調べがあるから、一気に連載を終えたほうが進みそう。
でもまだまだこれからやりたいことはたくさんあるので、今後にもぜひご期待ください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント

積極的なのかと思っていました。

燃える朝やけさんは、
文章だけ読んでいると、

とても積極的な感じがするのですが、

そのような一面もあるのですね。(サインの件)

少し驚きました。


ワタシのトコロの訪問者さまのトコロで

ブンブンさんの記事が
先日書かれていました。

(でも、今回は見つけるのが困難です。毎日訪問してくださるのですが、コメントは一度もいただいたコトがないのです。不思議な方ですね。)


その記事に、
ニコニコ動画とブンブンさんのコラボレーション企画のコトが書かれていました。

6月6日にニューシングルが発売されるのですね。


燃える朝やけは当然購入されるのでしょう。


と考えると
ブンブンさんのネタって

旬だったのですね。


地の性格が顕著に出てしまった例ですね>サイン会

アグレッシブになれるのはモノを介してで、直にヒト対ヒトになると
あっという間に地のシャイ+不器用が出て全然駄目です。
「こう見られたいんだ!」という仮面をつけないと人前に出られません…
普段の生活が完全に、最近言うところの「コミュ障」、つまり対人下手で
その反動で、こういう部分(趣味など)で憂さを晴らそうとしているのでしょう。

記事にする題材選びにあたっては、「今話題になっているトピックがあるか」は
ちらっと気にしています。
特になくても勝手に書いていますが、割合としては半々くらいで、
今回のブンブンは話題性を視野に入れた例です。
その割には殆どこのユニットの記事目当てで観に来てくださっている方が
いないようなのですが……(アクセス解析より)
ま、ユニットの旬がちょっと過ぎちゃいましたからね。仕方ないかなぁと。
私としても「あの頃好きだったもの」として書いている部分があったり。
私は基本アルバム派なので、今回のシングルは見送って、アルバムが出た時に
チェックしようかと思ってます。

色々な楽しみ方、応援の仕方があるんじゃないでしょうか>見るだけの方
所謂「ROM専」ってやつですが、それはそれでミカさんのblogを応援して
くださっているのだと思います。書き込むってやっぱりかなり勇気が要りますから。
相応のリスクを背負う覚悟も要りますしね。
何度かコメントしたら、「うるさいなぁ」「分かってないなぁ(笑)」という調子で、
遂に最近になって「忙しいから」という理由で、私などのコメントへの返信もなく
コメント欄を(一時?)封鎖されちゃったblogさんもありますからね。
忙しそうなのは本当だと思うんですが、コメントへの返信もなく閉じるというのは
マナーとしてどうかと凄く遺憾なんですが、コメント欄がなくなった現状では
丁重にクレームをつけたくてもつけられないし、ただ不快感だけが募るままで。
このように、書き手には色んな人がいますから、慎重なファンが居るのも自然かと思っています。

あとは、アクセス解析を見たら、2ちゃんにblogのアドレス晒されたりもしていましたね。
(F1記事で。単にURLを晒すだけで、他の人も幸か不幸かスルーしているので、
晒した人が私を褒めたいのか嘲笑したいのか、文脈がさっぱり分からない)
blogやるって何かと大変ですよねぇ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://northernim.blog.fc2.com/tb.php/87-e5e3d952

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ライヴの想い出:その2 Boom Boom Satellites JAPAN TOUR 2008「初回限定盤へのサインを求めて三千里?聴き所一杯のライヴ」】

08年序盤の、とある冬の日。雪の降る街、足取りに気をつけながら、初回限定盤のアルバムを大事に抱えていそいそとBoom Boom Satellites(ブンブンサテライツ)のライヴ会場へと向かう私。

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。