2017-06

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Takk・・・blog振り返りと好評だった記事を、感謝の気持ちを込めて(2012/8/18~2012/12/17)

「Takk」とは、アイスランド語で「ありがとう」。
このblogを見てくださった方々、拍手やコメントやトラックバックをくださった方々に
感謝の気持ちを伝え、かつこれまでの歩みを振り返り、好評を博した記事を紹介していく
不定期シリーズです。
前回、前々回のblogまとめに倣い、
今回は、2012/8/18~2012/12/17までを総括します。
文中で「検索結果」と言及しているのは、FC2のアクセス解析に拠るものです。

今期のサプライズは、Twitter,Facebook等で頂いた好反響(に偶然気づけたもの)。
オノ・ヨーコ:グレープフルーツ・ジュース「世紀の名曲"イマジン"はこの本から生まれた。あなたの想像力はどこまで羽ばたくことができるか?」
ツイート14,Facebookいいね!12を頂きました・・・!
もうこれには本当にびっくり。大分前に書いたということも重なって。
ma shanti mikaさんのリクエストを受けてチャレンジした渾身の一作、なにせ題材が
オノ・ヨーコなので大緊張。しかし大奮闘することができました。頑張って良かった!
James Iha:Let It Come Down「力まず、心地良く、人懐っこく。日本人顔した地味な奴の、何度でも聴きたくなる珠玉の名盤」
にもFacebookいいね!を1つ発見!これも初期の記事、いやーもう涙が出そうです。
TwitterやFacebookに反響があったら管理画面でチェックできる機能があればいいのにと
(ブログ拍手をチェックできるのと同様に)思う今日この頃。
ありがとうございます。本当に嬉しいです!!!


最近は普通拍手よりFC2拍手にやや多く拍手をいただくことが多くなっています。
どちらでも良いのですが(というか、なぜ普通拍手のかわりにFC2拍手を付けられない?
多分私が知識不足なだけだが、この手の個別の事例にも手厚いサポートセンターを切望)
FC2拍手のランキングをプラグインに導入して、人気記事を可視化することを考えているので
その点ではFC2にいただけたほうが結果が目に見えるかもしれません。
しかし拍手内コメントのチェックが遅れる可能性があり、お返事が遅れたらゴメンナサイ。

そんなわけでFC2拍手から紹介していきます。
これまで同様に記事には全て直リンクで飛べるようになっているので、
これはと思った記事に是非是非飛んでいってくださいませ。

まずはいつもこれらの記事に拍手をくださる常連さんに感謝を込めて、以下の記事を。
The Mars Volta:その2 Frances The Mute&Scabdates「わかりやすいだけが音楽じゃない!オマーが教えてくれた、音楽を"読み解く"ことの面白さ」 480
ウルフルズ:後編 9「『アホ』を武器に、4人が一つにまとまって、この世界をサヴァイヴせよ!強靱でキレのよい、文句なしの傑作」 397
ZAZ:その2 モンマルトルからのラブレター「フランスの伝統的な音楽を踏襲しながら、変幻自在に現在を歌う、はすっぱで自由なアーティスト」 396
村治佳織:プレリュード「初めて聴いたクラシック・ギターは、とても繊細で、とても優美だった・・・一つひとつの所作に、静謐な祈りを込めて」 369
ジョン・フルシアンテ その4:PBX Funicular Intaglio Zone「新たな境地のギター、更なる進化を遂げたプログレッシブ・シンセ・ポップ」 353
コメント恐怖症~ブロガー・クライシス?コメント等に関する「感覚の違い」に傷ついたり、戸惑ったり、自分を見失ったり・・・ 341
ざっくり映画ライフ:その6 バイオレンスからヒューマンドラマまでおまかせ、北野武映画特集!(アウトレイジ、キッズ・リターン、アキレスと亀) 317
ウルフルズ:前編 ええねん「今のあなたにささる『ええねん』はどれ?深まった音楽性、変わらぬアホ、しみてくる人生の機微」 162
今期のもそうですが、総得票数がとんでもないことになってます。
結構離れたところまでリンクから飛んで・・・この作業、いざやってみるとメンドクサイ。
こんなことを毎日のようにしてくださっているなんて・・・
FC2拍手の可視化を考えたのは、この方に報いたいという思いもあるのです。
まぁ一番良いのはたくさんの人から「これが好き」「面白い」というそれぞれの
好みにあわせて拍手をいただいて、それがランクに反映されることなんですが。

以下、上述のなかで今期書いた記事について一部の後日談。
・ジョン・フルシアンテのアルバムレビューですが、このblogで常にベスト10に入る
検索ワードになっているだけに、大変緊張しながら書き上げました。
リマスターしなくちゃと言いながらやっぱりできずにいますが、いざ実行したら
連番をどうしようとも考えます。多分記事の数が変わるだろうから。
・ウルフルズ前後編、同じ気持ちの人が居てくれて良かった!
やっぱ今でも忘れられないのです。アホアホな、あの4人が。
・こちらに非もあったし、一方的によそを責めるような調子になっているのもあって
「コメント恐怖症~ブロガー・クライシス?コメント等に関する「感覚の違い」に傷ついたり、戸惑ったり、自分を見失ったり・・・」は削除する見通しが高いです。

続いてぼちぼちといただくようになったFC2票のなかから高めのものを。
Ramones:Too Tough to Die「ラモーンズの軽やかで明るい側面、鬼軍曹の素顔・・・"友人や人生に恵まれて、俺は幸せだ"」 14
Ramones:End of the Century「ラモーンズの重くて暗い側面・・・愛はそこにあった、けれどいつも時代や伝えたい人とすれ違った」 13
新記録御礼! 11
愛のむきだし「むきだしの愛、むきだしの想い、むきだしのからだ・・・アブノーマルでエログロだけど、壮絶で大きな物語、渾身の一作」 10
酔いどれ詩人になるまえに「頽廃と刹那に生きたカリスマの『ブレないもの』・・・逆境の中でも自分らしさを貫く勇気と強さ」 5
さよなら絶望先生「ギャグマンガのオチを真面目に考証するバカが登場!だって大風呂敷の畳みっぷりが半端ないんだもん!」 5
エマーソン・レイク・アンド・パーマー:タルカス&展覧会の絵「キーボードはこんなにもロックになり得るのか!オルガンのジミ・ヘンドリックス」 3
IPPONグランプリ感想(2012/11/17)優勝:秋山竜次(ロバート)、準優勝:又吉直樹(ピース)「番狂わせが大暴れ!予想外の展開の連続」 3
今期も色々と濃いものを見聞き。映画といい、漫画といい、詰め込みまくりなものばかり。
今期はそもそも見聞き~感想・レビュー化の段階で時間がえらくかかったような。
・ラモーンズ前後編の大反響にはこちらの胸が熱くなりました。みんな好きなんだなぁ。
完全なる後追いとしては責任を感じながらの執筆でした。
・「愛のむきだし」はDVD2本使って1本の映画。長いわ濃いわでもう大変。
でも西島&満島のアクターズコンビがいい演技するんですわ。苦労して観た甲斐はあった。
・「さよなら絶望先生」長いこと読んできた漫画のオチがまさかあんなんだったとは!?
ギャグマンガのオチを真面目に検証して・・・でもおかげでようやく理解できた、か・・・?
・ファンサイトさんにも感想を載せていただいた(前回分)IPPONグランプリ感想、
「世界は言葉でできている」形式で問題と回答を拾うチャレンジ。こりゃ大変だわ。

そしてこんな項目もあるみたいなんです。
northernimさんの拍手ページ 4
私の記事にFC2拍手していただくと出る画面のようです。記事単位ではなく、私という
筆者に拍手ができるというシステム。ちなみに「燃える朝やけ」さんではないのは、
どうもアドレス(「blog.fc2.com」の前)が名前になる仕組みになっていると思われ。


普通のブログ拍手にも頂きましたので同様にご紹介。
FC2と重複しているものは太字のみで、リンクを張っていないのでご注意。
相棒 その8:Season11-1感想「期待以上の見応えがうれしい!青くて尖った"坊っちゃん"相棒の誕生と、右京さんの不気味な企み」 4
吉松隆:TARKUS~クラシック meets ロック「キース・エマーソンのお墨付き!プログレ魂~ロック魂が猛る、激しく力強いクラシック」 4
Ramones:Too Tough to Die「ラモーンズの軽やかで明るい側面、鬼軍曹の素顔・・・"友人や人生に恵まれて、俺は幸せだ"」 4
キュルキュルキュルと鳴くCDMDプレイヤー 3
A Perfect Circle:Mer de Noms & eMOTIVe「たった3作だけでお開きでは惜しい!品格がワンランク違うヘヴィ・ロック」 3
ジョン・フルシアンテ その4:PBX Funicular Intaglio Zone「新たな境地のギター、更なる進化を遂げたプログレッシブ・シンセ・ポップ」 3
FLiP:その2 XX emotion:「カッコカワイくて、元気が出るアルバム!がむしゃらに一生懸命いまを生きる全ての人へ」 2
映画「かぞくのくに」鑑賞レポート@ミニシアター 2012/8/18午後 2
James Iha:Let It Come Down「力まず、心地良く、人懐っこく。日本人顔した地味な奴の、何度でも聴きたくなる珠玉の名盤」 2
「愛の詩」企画参加作:前編「光」「リヤカーとトロッコ」 2
「愛の詩」企画参加作:後編「狂気の車」「I Want To Hold Your Hand」 2
コメント恐怖症~ブロガー・クライシス?コメント等に関する「感覚の違い」に傷ついたり、戸惑ったり、自分を見失ったり・・・ 2
ざっくり映画ライフ:その5 初心な恋と煌めく青春の日々(君が踊る、夏 、カフーを待ちわびて、初雪の恋~ヴァージン・スノー~) 2
ロックンロール・ハイスクール「大変だ!ラモーンズがアイドル扱いされている!!!」 2
吾輩は主婦である「クドカンが昼ドラを手がけちゃった!漱石好きも、文学とかどうでもいい人も、笑って観られる全8巻」 2
IPPONグランプリ感想(2012/11/17)優勝:秋山竜次(ロバート)、準優勝:又吉直樹(ピース)「番狂わせが大暴れ!予想外の展開の連続」 2

いろいろなことがありましたね。日記のようにも見えてきます。
・さて始まりました新・相棒。先週今週とカイト君(新相棒)がヤバイことになって
どうなるか?しかし、相棒替えても視聴率が伸び悩んでいるのかぁ・・・。
・吉松さんのタルカスクラシック記事に、FC2のEL&P記事と、この関連が軒並み好評。
後追いどころかひよっこ(クラシックもプログレも・・・)なのに恐縮です。
・CDMDプレーヤーはキュルキュルと鳴き私は泣く、悪夢のような夏の日の記憶が
蘇ってくる記事、実は後日談までしっかり書きました。最近、また怪しい気がします。
・何年かぶりに足を運んだ映画館の記録「かぞくのくに」。この体験が良くて、翌月
ショートシネマフェスに足を運んだ(そして寝落ちした)映画雑記も書きましたね。
・ああこっぱずかしい「愛の詩」何と駄目ぽ。またいつか詩を載せる日が来るか??
たっつんFさん→Mamuさん→「愛の詩」企画と、貴重な出会いの縁の記事でした。
・なんと最新作ではなく以前書いた記事に拍手!のイハ1stとロックンロール・ハイスクール。
とりわけロックンロール・ハイスクールは去年の今頃書いた稚拙な記事なのに未だにぼちぼち
見ていただいて、ロングセラー記事です。ラモーンズの話題は人気ありますねぇ。
・クドカン昼ドラはDVD全8巻、それを1週間で観て感想にした日々は完全にカオスでした。
でも面白かったなぁ。それにしてもDVDの状態が悪く、映像飛び飛びには辟易。
レンタル屋さん!頼むよ!!!


・・・と今期もバタバタでやって参りました。迷った末、更新回数は減っても、記事の濃度は
落とさない、という決断をしました。
それが苦しくなったらライトな記事で繋いでいくかもしれません。
この「Takk・・・」振り返りもどうするかといったところですね。
でも振り返ってまとめてみる作業は面白いし、新しく来た人の道標をつくりたい。
ん~どうしましょ。
諸々、まぁ、なるようになるでしょう!

そんな昨日、あらよっとblog開設1周年なのでした。
1年何とかやってこれたのは皆さんのおかげです。改めて、Takk・・・


※追記
FC2拍手ランキングの可視化に完全に失敗中です。テンプレが対応してないのかも?
今まで下に置いていたプラグインまで見えなくなって、またおかしなことになりました。
自分の非力さに涙が出ます。ご期待(?)に添えず申し訳ないです。 2012/12/22
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

コメント

こんばんは^^
Takkってアイスランド語で「ありがとう」っていうことなんですね。
「イマジン」に関する記事は、私もコメントしていましたね。
私も09年8月にUPしていて、記事を見てみたら、燃える朝やけさんの熱いコメントがありました。
私はFC2拍手は登録せずブログ拍手だけですが、拍手だけでもいいもんです(笑)
「検索キーワード」は、こういうキーワードで来るんだなと分かるのでいいですね。
ウルフルズ、「バンザーイ♪」で本当に万歳をしたら、しらけられたことがありますー^^;
でもトータスさんの明るい歌声がいいですね。
「愛の詩」のバトン、楽しかったです。
また記事楽しみにしています。たくさんのコメントや拍手が来るといいですね。
あ、忘れるところでした、1周年おめでとうございますp^-^q

拍手やコメントがもらえるとやはり嬉しいものですね

sayaさん、こんばんは。
おかげさまで無事1周年です。
そして本日は私の満●●歳の誕生日でもあります。そろそろ祝えない歳になってきた上に
どうやら風邪をひいてしまったようです。
sayaさんはこのようにならないようご自愛を。

この四半期、そしてこの一年が走馬燈のように思い出されますね。
拍手やキーワードを振り返ってみると、レビューのつもりが自分のなかでは日記のようです。
そしてそろそろ忘年会=カラオケの季節ですね。ウルフルズの「バンザイ」での定番は
大きく手を振るなどですが、歌っている心情はまさしく万歳だから、モロに万歳が混じっても
それはそれで盛り上がりそうですよ。

今後ともよろしくお願いします♪

いろんなことがありましたね~

燃える朝やけさん!お誕生日&Blog1周年おめでとうございますv-274v-25
12月末がお誕生日だなんて、ロマンチックですね!
そして! “そろそろ祝えない歳”だなんて! 何をおっしゃっちゃってるんですか?!?!
男性の30代は最高じゃないですか~!やりたいことは何でもやっちゃって下さいよ、今のうちに!多少悪いことも!(笑)

私は、ざっくり映画ライフとマーズヴォルタがすごくおもしろかったです。
あと「キュルキュルキュルと鳴くCDMDプレイヤー 」の弱った朝やけさん(笑)も大変よかったと思います。

今年は私は、朝やけさんという、ジョンのことは何でも通じるブロともさんができたことが、とっても楽しかったです。
これからも燃える朝やけさんらしく、がんばって下さいね!

わ~い!ケーキとプレゼント♪

なみっぺさん、こんばんは。祝っていただきありがとうございます。
昨夜のsayaさんのコメレスでは「風邪気味」と書きましたが今は「頭痛」、もう最悪です。
なみっぺさんもこのようにならないようご自愛ください。

私の正体はどうも男性説と女性説があるようです。さて本当はどちらでしょう?
墓まで持って行く(笑)謎ということで、面白いので皆様には勝手に推理してもらいます。
男性にしろ女性にしろやんちゃできるリミットですかね?そんなことはないでしょうか?
どうであれ構わず楽しくいきたいと思います。
「キュルキュルキュルと鳴くCDMDプレイヤー 」タイトル見るだけであの日々が蘇ってきて
あのうだるような暑さまで蘇ってくるようで、夏のバカヤロー!
たまにはそういう記事も混ぜ込もうと思います。でも災難はやっぱり嫌だなぁ。

「ジョン・フルシアンテ」どころか「レッチリ」すら知らない人ばかりの毎日の中、
色々な話を共に楽しめるなみっぺさんに出逢えて私も光栄で、嬉しい日々です。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://northernim.blog.fc2.com/tb.php/173-e799afd9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。