FC2ブログ

2013-04

Latest Entries

web拍手 by FC2

BOOM BOOM SATELLITES:その7.5+祝・もうすぐ復帰!EXPERIENCED「退廃的な7thの楽曲が熱くなる!圧巻のライヴ」

あぁ嬉しい。ニュースを見てしばらく涙ぐんでしまいました。
BOOM BOOM SATELLITES、5月に東京ドーム公演で復帰を果たすそうです!
公式サイトBOOM BOOM SATELLITES OFFICIAL SITE(トップページ)
http://www.bbs-net.com/
にいきなり載っていました。
脳腫瘍の手術(しかも3度目)で治療と療養に励んでいるVo/Gtの川島道行さん、
手術は無事終わって、経過観察をしながら体力回復などに取り組んでいるそうです。
良かった・・・最悪の事態が何度も脳裏をかすめただけに、ホッと胸を撫で下ろしています。
でも一番安堵したのは奥さんと、相棒でBa/Progの中野雅之さんでしょうね・・・。
本来は全国各地を行脚するツアーだったのですが、東名阪以外は中止して3箇所のみ保留し、
そして結論として東京ドーム1公演のみ行い、残る2箇所は中止ということになった模様。
療養中=まだ完治していないわけで、川島さんの病状をみて慎重に判断した結果だそうです。
月並みですが「頑張りすぎないように頑張ってほしい」ですね。
うーん、ダラダラしてないで私もその努力を見習わなければいけません。

それを記念して&多少便乗して、前回のときのツアーファイナル@幕張イヴェント・ホールを
生々しく収録したライヴアルバム「EXPERIENCED」の感想です。

EXPERIENCED(DVD付)EXPERIENCED(DVD付)
(2011/02/23)
ブンブンサテライツ

商品詳細を見る


なぜ今更なのか、長期連載時になぜ取りあげなかったのか(リリースは2011年の2月)というと、
今だから言いますが、正直この時期のブンブンにいまいち馴染めず、ましてライヴアルバム
ともなると益々期待が持てず、ちょっと距離を置いていたという事情がありました。
7th「TO THE LOVELESS」はどうも内省的な方向に向かっていく、退廃的な作品という
印象が強く、これがライヴで盛り上がる姿が想像できなかったというのもありました。

しばらくチェック漏れしているうちにブンブンはかなりアグレッシブな「武者修行再び」をこの頃、
行っていたとのこと。6thでは流動的だったサポートドラムは新たに福田洋子(yoko)さんが
固定。主要都市に限らず幅広い地域をまわるライヴ・ハウス・ツアー、フジロックなどの
フェス、初のアリーナツアー(この最終日が音源となった)、そしてアメリカでベスト盤を
リリース+アメリカツアーと、2010年頃はライヴ漬けの怒濤の日々を送っていたそうです。
新加入の福田さんを馴染ませる意向もあったということですが、これは実に怒濤・・・
しかし、最新アルバム「EMBRACE」のインタビューでは、中野さんがこんな発言を。
「この先何をするのかっていうのが全く見えなかったから。
あのアルバムを作ってその後のツアーが終わったことで、
これでもうこのバンドの役割は全部果たしたんじゃないかなって思った」

もしかしたら「EXPERIENCED」を最後にブンブンは解散していた可能性もかなりあったのです。
結局二人がそうしなかったのは、同様の過程(アルバム→ツアー)を踏んだ後、しばらくして
解散したゆらゆら帝国に対する空虚な気持ちや寂しさなどがあったのだそうです。
二人はバンドの存在意義や音楽のあり方、それぞれの価値観の変化などについて考え続け、
2年半をかけて新作を世に出すという正反対の結論を出して、現在に至るわけです。
だから「TO THE~」や「EXPERIENCED」は、かなりギリギリの時期のブンブンといえそうです。

しかしそのような境地でも、だらけないのがブンブン。
聴いてみると出来は期待以上、とてもノれるライヴアルバムに仕上がっていて
嬉しい驚きでした。6th「EXPOSED」の時期にライヴに行った感動も思い出しました。

例によって付属豪華DVDが無かったため感想が抜けてしまうのですが、
CD音源だけでもかなりの迫力とカタルシスを得られます。

曲目はこちら。

BACK ON MY FEET
MORNING AFTER
DRAIN
UNDERTAKER
TO THE LOVELESS
STAY
FOGBOUND
RISE AND FALL
KICK IT OUT
DIG THE NEW BREED

因みにDVDでは、「KICK IT OUT」の後が「DIG THE~」と入れ替えで
LOCK ME OUT」「DIVE FOR YOU」「DRESS LIKE AN ANGEL」に変わっているとか。

以下、感想のまとめを簡潔に。

<退廃的で内向きな7thが、ハードで踊れるチューンへと化けていくマジック>
あちこちで「Nine Inch Nailsっぽい」と言われていた7thアルバム、よく聴いていると
My Bloody Valentineの「Loveless」と似た匂いもかなりすることに気付いた。
ブンブンの二人はマイブラに影響を受けているし、ある程度狙ってつけたタイトルだとも
思うが、要するにノイジーで退廃的だということだ。
それが#1から、アレンジのマジックで変わる。長いイントロの間に、激しさが加わっていって
気付けばアリーナの観客をエキサイトさせるほどの楽曲に変身している。
#1~#6まで7thからの選曲だが、#2だけは6thの楽曲が紛れている。
半音上がったキーによって、巧い具合に7thメインの世界にハマっている。
イントロだけでは何の曲かなかなかわからないくらい。
#3では転がるように楽曲が燃えたぎる。川島さんが声を荒げる。
抑制と野性とがせめぎ合っているのが、ライヴでのブンブンの格好良さ。
#4は淡々としたりヒートアップしたりと緩急自在に翻弄される。そして曲が進むほどに、
雨にうたれたような涼しさが出てクールダウン。冷涼なサビが火照った会場に風をとどける。
#5はインスト、クールからノイジーへ一転。福田さんはしなやかながら力強く、出過ぎずに
それでいて熱く、うまい具合にメンバー2人をサポートするドラムを叩く。ナイスな人選。
平井さんも忘れがたいけれど・・・

<新境地「STAY」がライヴに新たな感動を加える>
#6「STAY」は7thの時点で、本人達からもファンからも「新境地」と呼ばれている初のバラード。
淡いシンセに、薄く包み込むように優しい歌い出し、それに寄りそうようにシンセがメロを辿る。
キー下げだが、他の曲との調和という点では突出しすぎず丁度良いかもしれない。
サビでの盛り上がりはシガー・ロスを多少、彷彿させるものを感じた。但し彼らほどの雪崩では
なくて、あくまでもブンブン流の「感無量」ではあるが。これまでになかった新しい感触だ。
優しさと激しさが交じり合う。川島さんはサビ後にハスキーなファルセットを使っている。
温かいメロディとノイジーなサウンドのせめぎ合い、サビの畳みかけ。そして長く熱く音が続いて
ドシーンと叩きつける福田さんのドラムで幕を閉じる。

<ブンブンのライヴの醍醐味、「テクノ」の部分を堪能できる感動もののひととき>
#7は2nd「UMBRA」収録の曲、サウンドメイキングが激変して「テクノモード」にスイッチON。
こうなったら中野さんの独壇場。そもそもブンブンは「テクノ」「ビッグ・ビート」を基盤に、
ロックやジャズをエッセンスとして取り入れていたユニットで、世界にその名が轟いたのもこの頃。
原点回帰で昔からのファンを喜ばせると同時に、テクノの持つ凄みをこれでもかと見せつけられる
圧巻のひとときで、6thツアー時にもこのような選曲があって圧倒され、その時の感動を思い出す。
シンプルだが高揚感のあるリフを奏でたり、ソロが踊ったりと、シンセが実にやりたい放題。
この手の曲で中野さんが踊ってる率は高い(笑)。パーカッションベースのリズムもいいアクセント。

<4th~5thのキラー・チューン連発でアガりまくりノンストップ>
そして終盤にかけて畳みかける。#8、4th「FULL OF ELEVATING PLEASURE」の幕開け。
イントロが流れるや会場は一気に大歓声!川島さんの「Fu!」というヴォイス、女性Voの
ソウルフルでシャウト混じりな歌声など、このライヴは声のSEがあちこちで効果的に効いている。
さぁ、こうなったらもう誰にも止められない。品格と野性が交錯して大暴れ、カオスへ。
#9でキラーチューン中のキラーチューン到来、イントロのリフが破壊力大幅アップ!!
5th「ON」から「Kick It Out」、無敵のキキラキキラが到来、ひときわ大きな歓声。
たった2音なのに、爆弾が炸裂したかのように強烈なインパクトのある、でかい音の塊。
5th発表当時語っていた「キャッチーとインパクトを両立した曲」という中野さんの構想が
叶った瞬間ではないだろうか、このリフを思いついた時って。震えるほどカッコイイ。
この曲の最後に「ありがとうございました」と本編終了、ライヴは延長戦にもつれ込む。
CDでの#10は、ライヴではお馴染みだが初の音源化となる曲をファンサービスで収録。
1st~2ndの流れを汲んだ曲で、クールなのにハイでダンサブル、更にロック。
隙無く構築してあるのにギリギリの隙間を縫って野性味が暴れだす。
インテリジェンス×ワイルド、止まない狂乱、そして惜しまれつつ終幕へ。


「通受け・内輪ノリ」の人気というデビュー当初の売れ方から、今はスタジアムで大観衆に
囲まれるようなバンドへ。デビューから15周年へ、時間が経過していくと共に
ここまでオープンマインドに進化したブンブンがいます。
初期や中期しか認めない派で離れていった人からは「劣化」なのでしょうが。
音楽を分かち合う喜びを素直に前に出していって、このような進化形態になったのでしょう。
それでいて音楽づくりは、Live含めてたっぷりのこだわりが健在、しかもスケールアップ。
一旦ファンを離れたものの、本作を聴いてしまったらもう一度戻って来ざるを得ませんでした。
5月の東京ドームではどんな公演が披露されるんでしょう?期待もやっぱり高まりますが
やはり「頑張りすぎないで頑張ってください」に尽きます。
有言実行、彼らは本当に強かった!!
その事実を改めて噛みしめながら、現実に立ち返り、
明日からの私ももっと強くなりたいなんて思わされちゃっていたりします。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト



テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

Close To The Edge~ガラケーの節約ライフは幕を閉じるのか!?スマホデビューと節約ライフ、選択の時~

半年くらい前から、自宅で、携帯電話にかかってきた電話を受けていると
普通に喋っているのに「風邪引いてる?」「聞き取りづらい」と言われたりして
何か変だなと思うも、「ケータイ」だしこんなもんなのかなぐらいに思っていました。
しかし、よく「DoCoMoやソフトバンクに比べてauは電波がいい」と聞くし、外でその恩恵に
あずかることもたびたびだったので、気付かない内に段々と広がる「あれ?」。

それがこのところ、電話の役割を果たさないほどに悪化してきました。
「すみません、お電話が遠いようですが・・・」「もう一度お願いします」をやたらと
繰り返されたり、先日はこちらの返事が聞こえないのをいいことに一方的にごまかして
喋り始めたり(セールスの電話だったので、ごまかすという誠意のない態度に腹が立って
話の途中でブツッと電話切ってやった)、使い物にならない有様に!
相手の話ははっきりと聞こえるのですが、こっちの声がまるで聞こえないようで。

一応、家電もあるのですが、親と親戚にしか番号を教えておらず、親や親戚用+こちらから
かけるとき用と決めています。(色々めんどくさいから)
ただ、数多の場面で連絡先を求められる場合、携帯の番号しか書いていないのが大半で、
実質、電話を受けられない状態。インフラ崩壊、かなりヤバい事態です。
そろそろ明日にでもauショップに相談行かなくちゃ・・・と考え出したのが昨日。

以前この件で、親戚に「部屋に盗聴器仕掛けられてるんじゃないの?」と言われたことで
どちらかというとそっちの方が心配で、電話の故障か部屋の「異常」かを確かめたいという
狙いもありました。でもいつ誰がどうやって?
そんな今日の昼、屋内(1F)で電話を受けて応対すると聞き取れないと言われ、外に出ると
問題なく聞き取れるという事件が起こったため、一概に部屋のせいとも言い切れないと考える
根拠ができました。そうして思い出せば、屋内や地下の電話、最近随分通じにくいような。


そしてやっと決心して、今日、家電量販店にあるauのブースに行ってきました。
そこらじゅうに並ぶスマホ、iPhone5、スマホ、スマホ、タブレット・・・何それ??
時代から取り残されているという疎外感から、日頃携帯類のブースの側を通った時によく、
何となくスマホやiPhoneの操作画面をいじり、メール文字入力を試してイライラしたり
他のアプリを開いて「何だこりゃあ」とのけぞってみたりしていたのですが、
今日はいつもより、文字入力ができる。もしかしてスマホも慣れられる・・・?
微かに開いた可能性の扉、そうなると蠢いてしまう好奇心という性。

しかしいかんせん高い。本体では安いものもあるけれど毎月の負担や通話料が今の倍に。
「嫌い」と言って文明に中指を立ててきたのが少し丸くなった所に、今度は経済的問題が
のしかかり・・・でも、携帯を新しく買っても本体料金は似たようなものだし、新しい買い物が
「携帯」ってちょっとがっかりしてしまうかも・・・私が行ったauショップではもう、たったの
3機種しか取り扱ってませんでした。中古の携帯ショップなんかもあるけれど、何か心配だし。
そう言っておいて自分の前の携帯は、中古に二束三文で売ったのですが。

とにかく修理の相談をしにカウンターへ。
店員さんの事情聴取をうけ、話すのですが、「いつから」がイマイチはっきりしないし
普通に受信できるときもあるし、もしかして部屋にある盗聴器のせいかもしれないし。
煮え切らない態度で必死に話しますが、店員さんが苛ついているのが分かるし、
これから何がどうなるのかわからないしで、殆ど泣きそうになりながら聴取に協力。
店員さんが簡単に見てみた結果、多分携帯側に故障があるのでは?と。
思い返せばこのところしょっちゅう、携帯を床にバターンと落としてしまっていました。
そういう「うっかり」の積み重ねも良くなかったらしいです。
「修理に出すか、それとも、新しい携帯(=実質スマホ)に機種変更するか?」
大きな命題をつきつけられたまま、代わりの携帯を貸してもらって帰路につきました。
とりあえず携帯はショップを通して修理の業者にいき、そこで見積もりを出してもらい、
金額等次第で判断しようということで。
♪白と黒で答えろという 難題を突きつけられ~
今なら少~し分かります、ミスチルが表現しようとした五輪アスリート達の苦しみ。


スマホを持つことが結構現実的になってきた今、興味本位で録画しておいてよかった。
Eテレの、堀内孝雄さんと堀ちえみさんが講師の大学教授さんにスマホやタブレットを
教えてもらうという番組の録画が丁度2本溜まっていたので、この機会に視聴。
スマホやタブレットで何ができるの?という1回目、メールを打ってみようという2回目。
2回目では文字入力の裏技(長押しで花びらのように文字選択画面が広がる
が登場、これなら私でも文字入力できるかも?!また可能性が広がります。

さて、今度は「我が家に異常があるのか疑惑」を確認しなければ。
借りてきた携帯で実家に電話をかけます。普段は、割高なので家電でかけるのですが
今回は実験。この通話でも「よく聞こえない」と言われたら、それが意味するものは・・・
恐怖との闘いですが、セーフ。原因はやはり修理に出している携帯にあるようです。
先程の番組を観ていたという母は堀内孝雄さんや堀ちえみさんと同世代ですが、スマホなんて
持ってないんだそうです。携帯でいっぱいいっぱい。というか、スタート地点のお二人だって
似たようなこと仰っていたんですけどね。シニア層に近づくほど個人差が大きくなるなあ。
お金がかかることを悩んでいる子どもに向けて、母親は「スマホにしちゃえば?」と言います。
今時の若い子はみんな使っているみたいだから、修理しないで買い換えれば?と。
簡単に言ってくれるんだから、生活に関わることを・・・・・・うちの母はいつもこんな調子です。

しかしそれで少しまた考え直します。今の携帯代は4~5000円前後で、スマホにすると大体
倍くらいになるという試算をされたことがありました。そうすると4~5000円の増額。
これを多いとみるか、季節によってガスが値上がりするように、仕方ないとみるか?
「4~5000円くらいの増額で、もう殆どの人がスマホに変えてて、ネットとか色々やり放題の
パックに入ることになるらしくて、他にも色々出来るんだったら・・・」
何だか、考えるのにもう疲れてしまい、「4~5000円くらいいいや」となって投げやりです。
ああ忘れてた、機種そのものの代金の支払いもあるんでした。そしたらもっと増額してしまう。

部屋の奥に携帯のパンフがあったので見ると、「このカタログは2008年8月現在のものです。
と書いてありました。これには独り思わず爆笑。2008年?!もう6年近くも今の携帯を
使っているという衝撃の事実です。
まだ、携帯を買うのに携帯本体の代金を支払わなくて良かった頃だったと記憶しています。
しかも、色々な機能があるのに、メールとアラームと電話帳、そしてたまに電話や電卓しか
使いこなしていないのです。おサイフケータイも登録したのに全然使っていないのです。
音楽も聴けるしワンセグも観られるというのに、このザマです。めんどくさいのと、お金が
かかると困るから(電気代含む)質素に暮らしているのです。宝の持ち腐れともいいますね。


いま、auのポイントが10000円分くらいあって、それは修理にも機種変更にも充てられます。
修理の代金がポイント未満~倍額だったら修理して、それを超えるようだったらスマホへ?
倍額でも高い?とにかく修理?寧ろ時勢に乗ってとにかくスマホデビュー??
見積もりの返事は「1週間もかからない」といいます。急務です。早く決めないといけません。
後悔はしたくないけれど、どちらにもリスクは付きまといます。さぁ、どうしよう!?
まさにClose To The Edge(危機)、崖っぷちです。だけどBGMはラモーンズだったという・・・
Yes様(Notジーザス)、マジでどうしたらいいのでしょうか。悩みすぎて脱退しそうです。
♪ケータイ(スマホ)なんか~ごめんだ~ ケータイ(スマホ)なんか~Cry Cry Cry~
すみません、悩みすぎて何かトんでます。

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: