2017-05

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

NICO:その3 The End...「黒く重いトーンの美しさ、ノイズの嵐・・・アヴァンギャルドに彩られた巫女の祈り」

「CDを再生させた途端、お葬式が始まる・・・」そんな風情の音楽なんて
そうそうないのではないでしょうか?
元ヴェルヴェッド・アンダーグラウンドの歌姫で、お人形さんのような容姿の
NICOニコ)が、一般的な代表作である「チェルシー・ガール」をリリースした
5年後に世に出したアルバム、「The End...ジ・エンド)」。

ジ・エンド(紙ジャケット仕様)ジ・エンド(紙ジャケット仕様)
(2009/01/21)
ニコ

商品詳細を見る

とってもかっこいい、絵になるジャケット。
この渋さ、翳り、画面における黒の多さは、そのままアルバムの音に繋がります。

「チェルシー・ガール」では楽曲について「自分の曲じゃないから」という不満を
述べていたニコ、本作ではカヴァー曲以外の全曲を作詞作曲、アレンジにも関与。
そして後年のライヴ・アルバムでも見せているように、トレードマークともいえる
ハーモニウムを本作でもたっぷり披露しています。
また「チェルシー・ガール」他、彼女の多くのソロアルバムをバックアップし続けた
ヴェルヴェッド・アンダーグラウンドのジョン・ケイルが本作でも大きく関わり、
プロデュースはもちろん、ベースやピアノ、オルガン、シンセサイザー、パーカッション、
はてはマリンバ、トライアングル、エレキ/アコースティックギターなどなど
アルバムの担当楽器に書かれているのは実に12もの数。
更に本作では、名ライヴ「JUNE 1.1974」での共演をきっかけに出会った
あのブライアン・イーノがシンセサイザーで参加。
・・・こうやって聞いて、興味を惹かれずにはいられませんでした。

楽曲は全8曲、収録時間は40分強と少ないですが、1曲の長さがやや長め。
そして、使われている音がかなり多く(ケイルの担当楽器にも明らか)、
全体的にドロドローッとした世界のため、聴きごたえがあって
あまり短いとは感じません。

本作におけるニコは巫女のよう。
#1イントロで「シャランシャラン」という音をたてて現れ、死者と対峙し
あるいは死者の世界のなかに入り込み、祈りによく似た呪術的な歌を
時に切々と、時に高々と歌い上げていきます。

彼女の哀切感(と力強さ)漂う歌声やハーモニウムはひたすら自分の内奥へ、
世間(=聴き手)から遠く離れたところへと潜り込もうとするのですが、
そこを浮世ときちんと繋げるのが、実験精神溢れるアレンジ。
あらゆる楽器を駆使してアヴァンギャルドな風味を加えるケイルに、
ニコとケイルそれぞれの個性を巧みにまとめる役割を果たすイーノ。
また、エレクトリック・ギターで参加しているフィル・マンザネラ
要所要所で効果的にアクセントをまぶしています。
全体的にどことなくエスニックな匂いもします。

ノイズの嵐がたびたび吹きすさぶ中、ニコは孤独な少女のような表情を
覗かせるようになっていきます。
死者という「かつての生者」の喪失を悲しみ嘆くように。
あるいは、成仏できずに彷徨っている霊の心細さ、心許なさに共鳴するかのように。
これが#3や#4あたり。
そして次第に、自己の深淵を凝視するような曲調へ。
想いは地中深くへ、もっともっと深く堕ちていきます。
いつしか悲しみは無常へと限りなく近づいて、眼は虚無をじっと見ていて。
そんな光景が浮かぶのが#5や#6で、#5では哀切ながら高らかに「Die」と繰り返し、
#6は最も混沌とした曲調で、どよんどよんと揺らめくギターやベースが強烈。

#7のタイトル曲「ジ・エンド」は、ドアーズの曲のカヴァー。
そしてドアーズのヴォーカリスト、ジム・モリソンは、ニコと交際していたことも
あったのですが、1971年にオーヴァードーズで急逝。
そこにきて本作のリリースは1974年(なぜかWikipediaでは73年となっているが・・・)。
彼の急逝時、共に居たガールフレンドはニコではなく、つまり交際はとうに終わって
いるはずですが、恋愛関係を超えた連帯感、仲間意識、魂の共鳴があったのでしょう。
独唱にも近く、ポエトリー・リーディング風な部分、「アアアアア・・・」という呻きなどを
交えながら、10分近い長尺の曲を生々しく紡いでいます。
最初から最後までがお葬式の一部始終のようにも感じられる本作、
ニコは何に、誰に向けて「おしまい」「さよなら」を告げているのかと考えてしまうのですが
一番近い答えは「ジム・モリソン」なのでしょうか。

そして、本作のThe End...の瞬間。
#8(ドイツ国歌)のイントロが霊柩車のように鳴り響き、次第に賛美歌に転じていき、
ぞっとした直後に最初で最後の癒し、救いのオルガンに包み込まれていきます。
それはまるで成仏のよう。
しかしあまりにも唐突なエンディングのようにも。
あんなに長々と、死と悲しみと無常を見据えていたというのに。
「もういっか!」って、なっちゃったのでしょうか。
アルバムのライナーノーツではこのようにあります。

「ジ・エンド」の描く強烈な内的葛藤の風景と、その後に続く8曲目の
"ドイツ国歌"が浮かび上がらせる鮮やかな軌跡。
彼女のファンであれば誰もが自然にこの飛翔に
ニコの生涯を重ね合わせて行く
はずだ。


ニコといえば「ドラッグ・クイーン」、内的葛藤を麻薬で解決という生き様のことか、
あるいはイビサ島での自転車事故による急死のことか。
どちらにも取れます。どちらも当たっているのかもしれません。
それはニコ本人にしか分からないこと、もしくは運命のみが知っていること。
・・・思えば彼女はあまりにも運命に翻弄された女性でした。
モデルになって女優になって、お飾りでバンドの歌手になって、
念願のソロアーティストになったと思ったら麻薬に溺れて、はては事故死。
居住地もドイツからイギリス、アメリカ、それからパリ、最期はスペインの島へ。
男性関係も含めてあちらからこちらへ、彷徨い、漂い、流浪ともいえるような一生・・・
音楽性はもちろん、そのあまりにもドラマティックであまりにも不器用な生涯が
私を惹きつけてやまないように思います。


哀切で、美しく、神々しい、ニコの描く世界。
そこにつかず離れず寄りそい主張する、アヴァンギャルドで気持ち良いサウンド。

名盤と呼ばれるのは納得。少々?暗いですが、たまにそんな暗闇のほとりに
身を委ねてみたくなったとき、ひっそり、じっくりと味わいたい一枚です。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

NICO:その2 Chelsea Girl「代表作が異色作の異端な『ICON』・・・肌寒い日の陽と陰の情景、けだるく神秘的な魅力、甘い魔力」

ジャケ写効果も相まって、冬に聴きたくなる一枚、
NICO(ニコ)のソロ1stアルバム「Chelsea Girlチェルシー・ガール)」。

チェルシー・ガールチェルシー・ガール
(1990/08/01)
ニコ

商品詳細を見る

物憂げな表情にブロンドというのがいいですね。髪はストレートで、黒セーターを羽織った
シンプルな佇まい。
毎月、CD棚のCDを一枚飾っているのですが(今月はWarpaintの「The Fool」のエミリー写真)
冬になるとやっぱり一度はこれを使いたい!
ふいんき(わざと)がありますからね。


彼女は、多くの人に知られているように、1stアルバムだけですがThe Velvet Underground
(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、以下V.U)の一員としてその存在を知られ、
V.U脱退後ソロになった後もメンバーのジョン・ケイルや、ブライアン・イーノなどとともに
意欲的な作品を寡作ながらリリースしていきます。
驚いたことに、モデルだった彼女が歌手デビューをしたのは、当時恋仲にあった
ブライアン・ジョーンズの紹介で、そのシングルのB面をジミー・ペイジ
作曲・プロデュースしていたのだとか。(但し全く売れなかったようですが)
また、ジム・モリソンとも恋仲にあったり(ドアーズの「The End」をアルバム中でカヴァー、
タイトルにも冠している)、アラン・ドロンとの認知されない子を育て、オムツも替えずに
麻薬三昧をしていたり、最期は50歳の若さでの自転車事故だったり・・・
話題性に欠かない「アイコン」「ドラッグ・クイーン」ですが、
彼女のけだるく神秘的な魅力、甘い魔力を巧みに真空パックしたアルバムがあります。
それが本作「Chelsea Girl」。

ボブ・ディランルー・リードジョン・ケイルジャクソン・ブラウンティム・ハーディン
ソングライター陣に錚々たる顔ぶれが揃った一枚です。
最近の邦楽でいうと木村カエラみたいなものでしょうか、オシャレっぽくて、音楽界の偉い人が
なぜか沢山集まってくる。

こっくりとした声の深み、伸びは、このころから80'sまで変わらないままです。
外見は残念なほど劣化してしまったニコですが(詳細は前回記事のDVDをご覧ください)、
歌声はそんなに変わらなかったように感じます。
彼女の歌声(話し声含め?)を揶揄して「排水溝に水が流れる音」と呼ぶ向きも
あるようですが、まぁそれも分からなくもない(苦笑)。
でも本作ではストリングスをふんだんに散りばめて、包み込むように華やかに仕上げ、
秋から冬頃にかけての寒さや温もり、少しの切なさ漂う、元モデル~「アイコン」には
相応しい一枚に。
名実共にニコの代表作になっています。

しかし皮肉にもニコのほうでは本作が気に入らず、ルー・リードなども本作のアレンジを
クソミソにけなし「俺がアレンジしたほうがよかったかな」などと言っていたとか。
要は「ストリングス多用」「装飾過多」ということのようです。

アンディ・ウォーホルとの出会いやV.Uへの参加をきっかけにニコ自身ものちに作曲を始め
次作以降から本格的にアーティストへと羽ばたいていくので(前回記事のDVD収録の楽曲は
殆どが次作以降のアルバムからの曲、所々にV.U時代のニコ曲)、アイドルを脱していない
「誰かに作ってもらった曲を歌うだけの歌手」である本作が不服だったとみられます。
更に、ニコが今後志向する方向性は「ハーモニウム多用の本格サイケ」なので、#5を除いて
アルバムの方向性に納得いかなかったことも考えられます。
まぁ言われてみればあの曲もこの曲もストリングスでちょっとしつこいかもしれません。
曲そのものに漂う空気感が伝わりにくくなっている印象もところどころ受けました。

だけど残念で皮肉なことです。なにせ「ニコ=Chelsea Girl」だと思ってきたし、
ストリングスやその他装飾音は冬のセーターみたいな温もりのように感じられるし、
その後の作品にふれるのはあまり簡単にできることではないし・・・
ニコの意には沿わないかもしれないけれど、やはりこれはこれで好きです。
微妙に同じ曲ばかり揃っているような気がしなくもないけれど、アルバム全体がそんなに
長くないせいか、さほど気にならないし。


#1~#3にかけての、秋~冬の愉しむ少女達、一転し#4や#6の憂鬱でミステリアスな少女、
あきらかに異彩を放つも今後の方向性を鮮やかに照らす#5のサイケデリック、
そしてまた#7から始まる、肌寒い日の陽と陰の情景、あっさりと事切れてしまう最後の#10。
同じモチーフをひたすらひたすら繰り返す、童話のような展開。
牧歌的で優しくあたたか、ほっこり深みがあり少しもの悲しい、アレンジや歌声の質感。
うっとりするほどなめらかな、美しく丁寧なメロディに甘美なアレンジ。
ニコという謎めいた女性の魅力を多角的に表現した一枚ではないでしょうか。

次作以降の「本来やりたかったこと」=サイケとは随分違うかもしれないけれど、
POPでしっとり名曲揃いの本作は、やっぱり名盤じゃないかなと思います。
80年代のライヴを観て次作以降の音源がとっても気になっているけれど、
(だから連番が「その2」で、前後編ではないのです)
最初にニコと出逢った一枚「Chelsea Girl」を冬のお供として愛聴するひとときは
これからも変わらない恒例の習慣となるでしょう。




このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

NICO:その1 an underground experience+heroine & All Tomorrow's Parties「けだるさは耽美に、退廃は快楽に変わる」

The Velvet Undergroundヴェルヴェット・アンダーグラウンド、以下V.U)の
記念すべき1stアルバムに、なぜか3曲でヴォーカリストとして参加している
アンディ・ウォーホルが連れてきた謎めいたブロンド美女、それがNICOニコ)。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(45周年記念 ニュー・デラックス・エディション)ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(45周年記念 ニュー・デラックス・エディション)
(2012/11/28)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

商品詳細を見る

V.Uのこの1stで「Femme Fatale」「All Tomorrow's Parties」「I'll Be Your Mirror
の3曲をけだるく歌う彼女は、同アルバムをもってバンドを去るも、
ルー・リードジョン・ケイルといったV.Uの面々も含めた豪華作曲陣を迎えて
ソロ1stアルバム「Chelsea Girl(チェルシー・ガール)」をリリース、
その後も3枚のアルバムをリリースするも暫くはドラッグに溺れ、安定した音楽活動が
ままならないほどに。それから時は過ぎ、1981年に久しぶりのアルバムをリリースした後は
精力的にライヴ活動を行い、その模様を記録したのが今回紹介する2枚のDVDです。
そして1988年7月18日に不慮の事故により、享年50歳(45歳説あり)という若さで死亡。
アラン・ドロンとの間に認知されない子をもうけ、シングル・マザーとして子育てをしたり、
ジム・モリソンブライアン・ジョーンズルー・リードなどとも浮き名を流すなど、
波乱の生涯を送った「アイコン」「悲劇のヒロイン」「ドラッグ・クイーン」ニコの
80年代のライヴを収めた2枚のDVDを発見したので、ご紹介します。

an underground experience+heroine [DVD]an underground experience+heroine [DVD]
(2006/12/22)
nico

商品詳細を見る


All Tomorrow's Parties: Nico Live [DVD] [Import]All Tomorrow's Parties: Nico Live [DVD] [Import]
(2006/03/27)
Nico

商品詳細を見る

それぞれに収録されている時期は微妙に異なり、場所も異なり、計5本(実質4.1本くらい)の
ライヴを観ることができるわけですが、内容も結構変わるので、ライヴごとに違う顔、音を
覗くことができます。
そして、同じインタビュー映像が収録されていたり、カメラワークがそっくりだったりして
この2本のDVDは姉妹のような存在であることも窺い知れます。

2本のDVDを観て、ニコのライヴの特徴を羅列すると次のとおり。
●長身でけだるげにマイクスタンドを握りしめ、ステージ上でしばしば煙草をふかしたり、
煙草片手に歌い、アクションは殆どしない(ある意味、煙草プレイがアクションなのか)
退廃的な佇まいが基本。
●多くの曲でハーモニウムを演奏する。座って小さな鍵盤楽器に向かっている姿がそれだ。
一気にアーティスト然として見える。ハーモニウムはニコの楽曲のトレードマーク。
●比較的多くの曲ではハープシコード(インタビュー中、ニコがそう言っていた。ピアノを弾いて
いるように見える場面がそれだ)を弾き語りする。シンガーソングライター然として見える。
●音程は微妙だが、声量が凄く、比較的安定している。しばしば「排水溝に水が流れる時の音
とその歌声を揶揄されることがあったそうだが、広く長く朗々と伸びるアルトヴォイスは個性的で
ほかではみられない風合いがある。
●ハーモニウムを弾きながら歌う曲に多い呪術的で原始的な「ニコ節」と、ニューウェーヴパンク
といった当時の最先端のシーンを柔軟に吸収した楽曲との間を自在に泳いでみせる。
●V.U時代の曲「All Tomorrow's parties」「Femme Fatale」などはライヴの定番曲で
やっつけ気味のアレンジの原曲よりよほど名曲然として聴こえて驚かされるが、
ニコの代表作ともいえる1st「Chelsea Girl」からの曲はあまり演奏されない。
(ニコ曰く「他の人が作った曲だから」「私の曲じゃないから」。次回詳しく迫るが、
ニコにとって「Chelsea Girl」はかなり不本意な作品だった)
●「アイコン」とのことで、派手で奇抜な格好をしているのかと思っていたらそうではない。
地味だけどさりげなくお洒落な、何気ない服装がとても粋。
しかしV.U時代や「Chelsea Girl」時代の面影は薄れ、はっきり言って容姿はオバサンである。
地デジで観るアップは申し訳ないが放送事故レベルだった。視聴は食事どきを避けること。


DVDごと、ライヴごとの特徴を簡素にまとめると次のとおり。

<an underground experience + heroine>
an underground experience:82年製作。アンダーグラウンドのクラブで歌うニコ。
観客は頭ツンツンのパンクス青年が目立つ。屋内かと見紛ったが、ぼるい室内である。
力強いドラム、軽妙なシンセ。パンク直結、明るく力強いムードが他と比べてかなり異色。
茶髪(黒髪?)、囲み目メイク、目見開きがかなりゴス。椎名林檎などを連想させる。
アップが多くて視覚的にかなりキツい。
heroine:85年製作。マンチェスターのライブラリー・シアターで行われた
アコースティック・ライブ。ニコの独唱や、ハーモニウム、パーカッションの
僅かな伴奏だけで歌う楽曲が多い。緊張感があり、厳粛なムードが漂う。
ニコの楽曲のサイケデリック性、おどろおどろしさがむきだしになっている。
冒頭に「ICON」の文字、エンドクレジットあり。かなり遠景が多く逆に観づらい。

<All Tomorrow's Parties>
INCOGNITO:始まってすぐに呆気にとられること請け合い。
ジョイ・ディヴィジョンなどを彷彿とさせる80'sニューウェーヴの冷たいエレクトロサウンドに
無機的な光の演出。平板、無気力、退廃的、ほぼ直立不動というニコの歌や佇まいは
このシーンと予想の斜め上に相性が良いらしい。異空間に旅立てるひととき。
HACIENDA BIRTHDAY PARTY:ぼわっとした髪型で1曲だけ弾き語りをする、バースデイ
パーティの様子が収録(挿入といっても良いだろう)されている。
LIBRARY THEATRE:どことなく「heroine」ライヴに似ている。同一?
今度は80'sファンク系ポップス調のアレンジで幕を開けてアダルト・オリエンテッドな味わい。
そこから冷たいシンセサウンドと寒々しいギターに彩られて再びゴス風NWで退廃の美、
エスニックでドロドロとカオティックで醒めた、CANにも通じるようなニコワールドへ。
ラスト、メンバーが誰もいないステージで独唱するなど、無音、静けさをまとう姿も目立つ。


バンド内の立場(ウォーホルに無理矢理押し込まれたメンバー)もあってか、V.Uの1stでは
消化試合的な位置づけだったニコ曲は、さまざまにアレンジされてライヴのハイライトとなり
これらの曲のメロディの美しさにうっとりさせられ、淀んだムードを静謐に清めてくれます。
たいして綺麗でもないエラはりでむっちり太って汗ばんだおばさんを「ICON」として
見続けるのは厳しい瞬間もありましたが、にもかかわらず無二の存在感と迫力を感じました。
さまざまなシーンを自在に泳ぐ姿を見て、「雰囲気を身に纏う」ことができるがゆえに
唯一無二の「ICON」であり続けることができたのだろうと考えていました。
インタビューでは同じ話を何度もしないと通じなかったり、挙動不審の節もあって
嫌味?ドラッグ?と不安になったり不快になったりしたものですが、何故か憎めない。
けだるさが耽美になり、退廃が快楽になる。
彼女の魅力、魔力の真骨頂を堪能できる2DVDでした。

次回は、これらのDVDにほぼ全く収録されていなかった、ニコの一般的な代表作である1st
「Chelsea Girl」についてとりあげます。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。