2017-11

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

エマーソン、レイク&パーマー その2:トリロジー+恐怖の頭脳改革「箸休めをひとつ、そして恐怖のハイテク導入をひとつ」

前回のYesから、プログレを極める!期間と化しているこのblog。
今回はエマーソン、レイク&パーマーEmerson,Lake & Palmer)を再び。
EL&Pの記事を以前書いた時は「タルカス」と「展覧会の絵」の2作合同だったので
今回の記事も同じようにいってみましょう。
「トリロジー」と「恐怖の頭脳改革」。


まずは4th「トリロジー(Trilogy)」。

トリロジー+3(K2HD HQCD/紙ジャケット仕様)トリロジー+3(K2HD HQCD/紙ジャケット仕様)
(2012/05/23)
エマーソン、レイク&パーマー

商品詳細を見る

初めての、ジャケでのメンバー顔出し。なかなかのインパクト。なぜ上半身裸??
「トリロジー」とは「3部作」または「3部曲」といった意味。
表題曲である#7は、リリース当時(LPレコード)では3部構成だったため、
それを意味していると同時に、メンバーによる三位一体の音楽
(ライナーノーツでは「一体感、結束力」)という意味も込められているとのこと。

本作の一番の特徴としては「キース・エマーソンではなく、グレッグ・レイクの
音楽的好みが反映されている」とよく言われる。
それまでの「タルカス」「展覧会の絵」やその後の「恐怖の頭脳改革」と比べ
「コンセプチュアルで高い芸術性で勝負!」「エマーソン様ここにあり!」といった
圧倒感、もっと言うと威圧感(それがカッコイイのだが)が確かに少なくて、
ややポップでメロディアス、そしておとなしい印象を受ける(あくまでEL&P内の比だが)。
とりわけ、アコースティック・ギターをメインに淡々と歌い上げる#4や
ブルージーで、演歌ばりの粘っこい哀愁を漂わせる#8は普段余りみられない路線だが
こういった音楽性が「レイク節」といえるだろうか。
ただ、他の曲は、そんなに前後のアルバムと違っているかなぁ?といささか疑問も。
結局普段の、エマーソンがガンガン前に出ている作品だって、
レイクのプロデュースなのだし・・・。
リマスター盤のライナーノーツはその2/3が92年の再結成の話で占められており、
「話がだいぶ横道にそれてしまったが」どころじゃねーよ!と言いたくなるが、
結局、特筆すべき特徴が少なくて書くことがないので、手近な話でまとめたのだろう。
(ライナーノーツ本文が書かれたのは93年9月。但し、Amazonリンク画像にあげている
最新盤ではなくて、もう少し前のリマスター盤を使いながらこの記事を書いている)

それを踏まえると、メンバーの本作の意図としては、やはり「一体感、結束力」か。
前2作のインパクト、コンセプト路線は強烈だったが、それに頼らず、楽曲と演奏の
力だけで、しっかり安定したまとまりをつくりあげている。しかも曲調はなかなかに
バラエティに富んでおり、音楽性が幅広くなった。

刺激はやや弱めだが、安心して聞ける作品。
この安定感こそ、メンバーの「一体感、結束力」の賜物。



次に5th「恐怖の頭脳改革」。

恐怖の頭脳改革+3(K2HD HQCD/紙ジャケット仕様)恐怖の頭脳改革+3(K2HD HQCD/紙ジャケット仕様)
(2012/05/23)
エマーソン、レイク&パーマー

商品詳細を見る

タイトルやジャケを見るとどうしたって、キワモノなのだろうか?と不安になる。
しかし本作は寧ろ正統派。物語性はあるし、ギランギランに派手だし。
何気に本作を最高傑作にあげる向きも多いという。
なんてったって、超絶ハイテクサウンドのインパクトが凄まじいからだろう。
エマーソンは、特別注文のムーグ・シンセサイザーを導入し、
カール・パーマーまでも「パーカッション・シンセサイザー」という特注の
シロモノを駆使して、当時の最高峰のムーグ・シンセサイザー・サウンドが
展開されている。リズム隊がシンセサイザーを使うなんて!殆ど初耳だ。
だからか、今聴いても十二分に新しいもの、刺激的なものだと感じられる。
ひとまわりまわった新鮮さ、とでもいうべきか?
#2の間奏部分なんて、作業の手が止まって聴き入ってしまうほどの壮絶さ。
とりわけドラム×パーカッション・シンセサイザーの部分に息を呑む。
エマーソンが目立つことやインパクトある演奏を披露するのは本作に始まった
ことではないが、パーマーが意表を突くことをするのは聴き慣れていないからか?
最後にはレイクの歌声までもSEになる。レイク自身が声音を歪ませているのもあるが
「コンピューターが喋った声」として加工され、楽曲の世界観の増強を図っている。
ラストのデジデジサウンドは圧巻。しかも、あえてぷつんと切れてしまう。

一曲、一音当たりの情報量、音の密度が、圧倒的に図抜けているように感じる。
最先端のテクノロジーが、彼ら特有の「ギラつき」を更に増強する。
それでいてポップさも失っておらず、人気作になるのも大いに納得。


「恐怖の頭脳改革」をリリースした頃には、商業的なピークを過ぎ、人気も後続の
イエスなどに越され、雑誌の人気投票でもエマーソンがリック・ウェイクマンに
1位の座を明け渡すことになるなど、今回の2作の時期でひとまず全盛期は終わりと
みてよいだろう。
以後は、オリジナル作品のリリースが途絶えだし、1980年、解散を発表。

しかし、イエス好きとしてEL&Pを聴くと、EL&P無しではイエスは、もっと言えば
リック・ウェイクマン(の人気)は無かっただろうなぁと感じる。
また、バンドの花形といえばギターを誰もがイメージするところに、固定観念を
大きく破って、キーボード(というか、シンセサイザー)を持ってきたことも
私などが言うまでもなく、後続のミュージシャンに多大な影響を与えているし、
EL&Pを聴いてシンセサイザーを始めたり、シンセ中心のバンドやユニットを
作ったりした人間は本当に多いんじゃないだろうか。
エマーソンのプレイを聴いて、私がそれまでヴォーカリストやギタリストなどから
主に見出してきた「音楽作りやパフォーマンスへの執念」を、キーボーディストから
初めて見つけることができた。それは本当に、天と地がひっくり返るような経験だった。
それと同じくらい、レイクの歌声、歌心にも強く惹かれた。こちらは親しみやすさと
いっていいだろうか。人工的な箱庭に生身のニンゲンの感触を与える存在。
プログレの全てが理解できたなんて、口が裂けても言わないし、一生言えない。
だが、プログレがこんなに面白いと思えるなんて、数年前には予想もつかなかった。
EL&P(とイエス)との出逢いに感謝したい。音楽はこんなにも面白く奥が深い。
レイクが初期に在籍していたし、ビルブラも移籍しているしで、今は少しずつ
キング・クリムゾンの扉をノックしている最中。
プログレの旅は、まだまだ果てしなく続く。



ということで、そのうちイエスもちゃんとやるつもりです。キング・クリムゾンも。
ただ両者とも作品が多すぎる。クリムゾンはまだ全然集めていないし、
かなりの部分を集めたはずのイエスにしたって、どうやってまとめていけばいいか?
そういう理由で避けてきたのですが、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・
プログレブログにするつもりはないのですが(笑)、ペースは遅いながらも
「難しいけど好きな音楽」についても、今後はもっと積極的に取りあげていきたいです。


FC2 Blog Ranking参加中。クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

エマーソン・レイク・アンド・パーマー:タルカス&展覧会の絵「キーボードはこんなにもロックになり得るのか!オルガンのジミ・ヘンドリックス」

初回から今週に至るまで1回も見逃さず挫折寸前ながら青色吐息で観ている大河ドラマ
平清盛」の劇中歌に「タルカス」が使われていることをきっかけに、
イエス、キング・クリムゾン、ピンク・フロイドとちょこちょこつまんできたところへ
プログレ有名どころをもうひとつ。つまむ程度ならプログレッシブ・ロック四天王
制覇したことになるっちゃなります、アルバム2枚くらいしか聴いてないものも多いので
ちゃんと「聴いた」と言えるのは、まだまだこれからなのですが。

Emerson, Lake & Palmer(エマーソン・レイク・アンド・パーマー、日本での略称EL&P)。
「凄そう」「でも、難解そう」と思って、これまで何となく避けていたのですが、
聴いてみるとこれが予想に反して「カッコイイ」!
このバンドは所謂「スーパーグループ」で、
キーボード担当のキース・エマーソンはナイスという人気グループのリーダーで
ドラムス担当のカール・パーマーはアトミック・ルースターに在籍、
そして一番驚いたのがベース&ヴォーカル担当のグレッグ・レイクで、この人は何と
クリムゾン・キングの宮殿』の頃のキング・クリムゾンに居たというではないですか!
よく考えるとこの人だけ、先に「聴いたことあった」わけですね。
因みに私が聴いたことがあるクリムゾンはというと、クリムゾン・キングの宮殿とRedのみで
あまりしげしげとレイクに注目してクリムゾンを聴く機会はなかったように思います。
ベースにしてもヴォーカルにしても、ウェットンの方が耳をそばだてる機会が多かったような。
なにせ「クリムゾン・キングの宮殿」は全体に漂うカオティックなオーラがただならないから・・・
こんな感想を持つのは私だけかもわかりませんが、「タルカス」や「展覧会の絵」を聴いていて
レイクのヴォーカルが時々、ちょっぴりジョン・レノンに似て聴こえることがあって。
特に、声にエフェクトをかけている時、シャウト気味に歌う時に。
まぁいつもの「気のせい」ですかね。


タルカスタルカス
(2008/09/24)
エマーソン、レイク&パーマー

商品詳細を見る

バンド最高傑作との呼び声高い2ndアルバム「Tarkusタルカス)」は、
20分を超える組曲「タルカス」がメインで、あとは短めの曲が何曲か。
「平清盛」で聞き覚えのある「噴火」(たまに「マンティコア」も使われることがある)のリフに
思わず「おおーーーっ」と拳を突き上げんばかりにエキサイトしました。
でも大河ドラマで聴いたことなどなくても、このリフや、攻撃的でエネルギッシュな演奏には
興奮しないはずはなかったでしょう。
イントロのスーッという音色に鳥肌が立ちそうにならずにはいられないでしょう。
(このイントロは、大河ドラマに流れるヴァージョンには無い)
キース・エマーソンは、ステージ上でハモンドオルガンを大きく揺らしたり倒したりして
いろいろな音程のフィードバック・ノイズを出したり、キーボードにナイフを突き立てたりと
破天荒なパフォーマンスで「オルガンのジミ・ヘンドリックス」と称されていたそうですが、
そんな様子でハモンドオルガンやモーグ・シンセサイザーを激しく鳴らして大暴れする姿が
目に浮かぶような演奏、楽曲。
オルガンを過剰に歪ませてエレキギターのような役割を担わせるのもエマーソンの特色とのことで
EL&Pの楽曲や演奏には、キーボード・トリオにも関わらず、ロックな破壊力を感じます。
キーボードにそのような破壊力を持たせるために、モーグ・シンセサイザーを使用したり、
さきに紹介した派手なパフォーマンスや歪ませた音を生みだした、エマーソンの情熱や
アイデアは凄いです。(但しエマーソンにモーグの導入をかなり強く勧めたのはレイクで
何気にレイクのグッジョブでもある)
こうしたアイデアに、エマーソンの激しい気性がうまくマッチしたのも成功の要因でしょう。
そして所々、エマーソンのプレイに上原ひろみが被って感じるのは私だけでしょうか?
ジャズやフュージョンがまるでわからないなりに、かなり以前から上原ひろみを聴いてきて
エマーソンの早弾きや、曲によってはフレーズや音色に、「あれ?」と感じる場面が多々。
彼女、ファンなんでしょうかね。彼女のライヴ・コンサートに一度行ったことがありますが
ギタリストが居る編成だったせいか否か、エネルギッシュで、ロックに通じるスピリットを
感じずにはいられませんでした。

本作は、他の楽曲や部分も良いけれど私としてはなんと言っても「噴火」の緊張感、不穏な感じ、
いまにも何かが起こるぞ!という"予兆"のような不気味さがたまりません。
「タルカス」にはストーリーがあり、それは
『想像上の怪物・タルカスが火山の中から現れ、地上のすべてを破壊し尽くし、海に帰っていく』
というものだとか。つまり「噴火」で怪物が現れて最後の「アクアタルカス」で海に帰ると。
そのあいだのめまぐるしく変わる展開の中で怪物が散々大暴れすると。
それを知って、この楽曲が「平清盛」という平安の怪物の物語にて、テーマソングの一つとなる
理由がよく分かったような気がしましたが、
もう一度言いますが大河なくしても、やっぱりこの組曲に自分が強く魅了されないはずはないと
自信を持って言えます。そのくらい強い衝撃を覚えました。


展覧会の絵 デラックス・エディション展覧会の絵 デラックス・エディション
(2009/01/21)
エマーソン、レイク&パーマー

商品詳細を見る

余りにも有名な3rdアルバム「Pictures at an Exhibition(展覧会の絵)」は、
私がEL&Pと聞いて何となく最初にイメージするアルバム(有名だから。ジャケットは本作か
「トリロジー」が浮かぶ)で、かしこまった印象があったのですが、聴いてみると存外ポップ。
1曲目「Promenade(プロムナード)」が流れてきて「あー、あの曲!」と分かる人は多いはず。
クラシック音楽(ムゾルグスキー)をベースにしているけれど何だか親しみやすいんですよね。
エマーソンのオルガンやシンセサイザーの音色がどことなくポップだからかも。
しかし1曲目の「プロムナード」で流れるハモンドオルガンの音色は教会で聴くパイプオルガンの
如く厳粛な雰囲気で、また同じプロムナードでも7曲目で披露されるそれは完全にロック。
同じ楽曲やモチーフがさまざまなかたちに成り代わって登場する、展開の巧みさに感服。
その一方、「タルカス」で圧倒させられた、あの躍動感やスリリングな展開も健在。
観衆の「ワーッ!」という歓声が余計に迫力を引き立たせます。
ん?「観衆」?「歓声」?
EL&Pを知っている方は「何をいまさら」の話だと思いますが、本作はライヴ録音で
しかも録音当初はリリースする予定などまるっきりなかったのだとか。
しかし、どこからか本作の海賊版が出回り、それがかなり広まってしまったために
EL&P側も手を打たざるを得なくなってのリリースだったのだそう。
にも関わらずバンドの代表作といってよいような大ヒットと、何とも皮肉。
本作はデビュー作と「タルカス」の合間のライヴでの録音なので、時期からいうと
実質2ndアルバムかも。
それにしてもとても「ライヴアルバム」だなんて思えません。40年以上前の、しかも
リマスターされた音源を「初めて」聴いているのだから、分からないのも無理はない?
リマスターは差し引いても、それでもやっぱり信じがたいです。
つまりは全員の演奏力がそれだけ確かである証拠。


イエス好きがこんなことを口走るのはとっても悔しいのですが、
EL&Pを聴いて、ものの一瞬で「私にバンドのキーボードってすげえんだぞと教えてくれた
キーボーディスト」がリック・ウェイクマンからエマーソンに代わってしまいそうになりました。

有り余る怪物的なエネルギーを発しているのがまず好みだし、キーボードの音色そのものが
ここまで「カッコイイ」と感じる体験は初めてだったと思います。ギターだとよくあるんですが。
・・・でもウェイクマンの煌びやかな演奏も大好きなので、ここは1位タイで(笑)。
レイクのワイルドさと哀愁を併せ持つヴォーカルや流麗なベース、パーマーのタイトなドラムも
勿論併せて、「何とカッコイイものに出逢ってしまったんだ」と、感動に胸が熱くなります。
EL&Pの作品は案外そんなに多くないようですが、「トリロジー」や「恐怖の頭脳改革」や
デビュー作など、もう少し色々聴いてみたいと思います。
でももう暫くは「タルカス」と「展覧会の絵」を聞き込んでみたい気分・・・
いきなり、バンドの一番美味しい所をつまんでしまったわけですから。


「平清盛」の他の劇中音楽には興味がないけど、「タルカス」のオーケストラ・アレンジは
気になる・・・ということで、こんな作品があるようで要チェック対象に。

タルカス~クラシック meets ロックタルカス~クラシック meets ロック
(2010/07/21)
吉松隆

商品詳細を見る

音楽担当の吉松隆さんはこのアルバムから「タルカス」を大河ドラマに持ってきたようで。
どんなもんかと気になりますね。
その一方、オープニング曲(これも勿論吉松さんの曲)で3ヶ月くらい毎回泣いていたのも
事実でして(おかげで、ドラマ本編前で既に力を使い果たしてしまった)、
「平清盛」サントラや他の吉松さんの作品にも興味が出ている今日この頃です。


大河ドラマ繋がりでこんなものまで試しに聴いてみちゃったことはナイミツニナ!ナイミツニナ!

#AAABEST(CD)#AAABEST(CD)
(2011/09/14)
AAA

商品詳細を見る

「ナイミツニナ」ネタが分かる人は恐らく大河ドラマを観ている人だけでしょう(苦笑)。
清盛の弟・頼盛を演じていた俳優くんが上手だなぁと思って調べたら、どうやらこういう
ユニットのヴォーカリスト&ダンサーが本業らしい。(西島隆弘くんというそうです)
Every Little Thingで作詞作曲をしていた五十嵐充さんや、あの小室哲哉さんが
ぼちぼち楽曲提供していて、90年代の邦楽が好きな人には懐かしく聴けたりして?
それにしてもイマドキの若い子のノリにはついてゆけない・・・
あぁ、こんなこと口走ってしまうということは、自分もすっかり歳をとってしまったらしい。
分かっていたけど、ちょっとだけ哀しくなりますね。

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。