2017-09

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

年末年始SP!ざっくり音楽映画ライフ:その3 ジョン・レノン(イマジン、アメリカVSジョン・レノン、ジョン・レノン,ニューヨーク)

ざっくり音楽映画ライフSPのラストを締めくくるのは、ジョン・レノンJohn Lennon)。
妻のオノ・ヨーコが日本人というのもいくらか手伝ってか、日本では偉人のように
教科書にも載ってるお方ではあるのですが、本当のジョンには色々あってね・・・
そしてさすがカリスマ、知れば知るほどその「色々」の多いこと多いこと。
「もうそろそろ新しい話なんてないだろうよ」と思っていた矢先に、初耳の話が
さらっと出てくるんだからとんでもない。
動乱すぎる40年の生涯を綴ったドキュメンタリーの数々と、それにまつわる思い出話を
ざっくり身勝手にお届けします。


イマジン

イマジン/ジョン・レノン 特別版 [DVD]イマジン/ジョン・レノン 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ジョン・レノン、ヨーコ・オノ 他

商品詳細を見る

ここに載っているのは新しめのエディションだけど、実際に本作が作られたのは1988年。
ジョンが銃殺されたのが80年12月だから、「たった8年後」のドキュメンタリー制作に
今となってはちょっと驚き・・・でもないか?なにせ死に方が死に方だったから・・・

私が初めて観たジョン・レノン関連のドキュメンタリーで、ビートルズ関連の作品に
ふれるよりも先だったはず。なんというか、ジョン・レノンという個人の存在は、
ビートルズというバンドの存在とはまた別物という気が当時していたから。
それほどまでに、ビートルズのロックスターとソロ時のシンガーソングライターは
洋楽にそれほど詳しくない当時の私にとってはかけ離れたもののように感じられた。

内容はきっと多くの人が知っている通り。ジョン・レノンの最初から最後まで
オノ・ヨーコ中心に、彼に関わった多くの人のインタビューや、映像で綴り、
ジョン自身が受けた数々のインタビューがナレーションに用いられている。
とりたてて突飛な工夫やサプライズがあるわけではない、ごく普通の
ドキュメンタリーではあるが、本作に詰まっている史実がジョンの基本のき。

のちに公開されていく、「違った側面からの」ドキュメンタリーを十分に愉しむ
ためにも、まずは本作で基本を押さえたいところ。


PEACE BED アメリカVSジョン・レノン

PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン【通常版】 [DVD]PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン【通常版】 [DVD]
(2008/12/08)
オノ・ヨーコ

商品詳細を見る

当時の恋人と一緒に、映画館に足を運んだ作品。
この「当時の恋人」がジョンのガチファン、いやあれは信者だな・・・で、
ラストでぐずぐずと泣き出してしまうし(周りもそんな感じではあったが)、
映画を観終わって、二人でカフェに行っても、暫くメソメソとしていて
慰めるのがとても大変だったものだ。
更に「毎年12月の、ジョンの命日には、いつも悲しくなってしまう」と言って
本当に12月8日、マジで泣きそうになっているのには恐れ入った。
まったくおまえはどこの世代の人間かと当時びっくりしたものだ。
ま、音楽的頭の中が70年代~90年代を行き来してる今の私が言えたものじゃないが。
レノンがフルシアンテに変わったら、同じようになる自信がある意味、ある。

この映画では「活動家」「反戦運動家」としてのジョン(とヨーコ)を
フィーチャーしている。・・・とはいうが、ある程度普通にジョンの人生全体を
なぞってもいるのだが。
本作で知って驚くことが沢山あった。ニクソン政権、FBIとかなりギリギリの
命がけのバトルをジョンとヨーコが繰り広げてきたこと。
二人をアメリカにいられなくするためなら盗聴なんて朝飯前。
在住権を勝ち取るために、何遍も何遍も裁判に出廷し、国外退出通告を何度となく受け・・・。
本作の特徴として、「ジョンが自分の死を予知していた」「ジョンの死後、
次に狙われるのは私達だと、ヨーコは恐れ、孤独と恐怖に苛まれながら
ショーンを育てた」といったくだりがある。

つまりFBIの監視の目は80年になってもふたり(もう3人か)から離れることはなく、
ことによってはあのチャップマンがFBIの差し金かも?という含ませさえ感じさせる。
また、ジョンとヨーコの出会いの時期も描かれていて、ジョンはヨーコに出会ったから
活動家になったのではなく、映画「僕の戦争」への出演などをきっかけに
ジョンの胸には既に反戦、平和への志や前衛芸術への興味が芽生えていたことが
とてもよくわかった。
なのに未だに「ジョンがああなったのはヨーコのせい」という輩がしぶとく存在する。
映像に映る、若くけなげなヨーコに自分は心を打たれ、銃殺によってひとりぼっちに
なった彼女の悲しみ、心細さに、ラストシーンでは私も涙を浮かべていたのは秘密だ。


ジョン・レノン、ニューヨーク

ジョン・レノン, ニューヨーク [DVD]ジョン・レノン, ニューヨーク [DVD]
(2011/11/09)
ジョン・レノン、オノ・ヨーコ 他

商品詳細を見る

先日(首都圏あたりでは先々月くらい)にTV放映されていたものを観た。
普通にレンタルDVDで観ようともしていたが、最初に書いたように「もう
目新しいこと、残ってないでしょ?また焼き直しでしょ?」と思っていて
煮え切らず、TV放映が絶好の機会となった。

ところがどっこい、とてもフレッシュな切り口で全く飽きなかった。
秘密は、ジョンとヨーコが自由を求めてニューヨークに越してきてからの
紆余曲折を、当時発表していた音源や行ったライヴに関連づけて、
セッションやライヴを共にした仲間達の口から直接聞けること。
ビートルズのムック本やこれまでのドキュメンタリーで見聞きしてきた史実が
まるでついこの間起こったことのように、いきいきとした調子で語られる。

あぁこんな時は彼らも嬉しかったんだろうなぁ、あぁこんなことやらかして
いる時は本当にいい迷惑だったんだろうなぁ。その場に居合わせているみたい。

ニューヨーク、一時的にカリフォルニア、そしてまたニューヨーク。
音楽をつくり、ライヴを行い、政治的活動も行い、麻薬とアルコールに溺れ、
ヨーコともう一度出会い、ショーンのよき父としてゆったりと数年を過ごし、
そしてまた音楽をつくる。
「ダブル・ファンタジー」がジョンの魂の彷徨のゴールであり、皮肉にも
人生のゴール地点でもあるという演出がニクい。
音楽を中心に据えてくれたからか、感情移入がしやすかった。
活動家もいいが、やっぱりジョンは超一流のミュージシャンなのだ。
ジョンを取り囲む仲間達のあたたかさ、つかず離れずの距離もよい。
エルトン・ジョンのヘンテコな衣装も(笑)
本作は、家で一人で観て、ラスト、勝手に一人で泣いてしまった。



これでもう見尽くした感はあるのですが、関連作品にまだまだ
興味のある作品があるんですよね。例えばこんなの。

ジョン・レノンを撃った男 [DVD]ジョン・レノンを撃った男 [DVD]
(2008/06/06)
ジョナス・ボール、J・フランシス・カーリー 他

商品詳細を見る

同時期に公開していたので「当時の恋人」に「これも観てみたいかも」と
軽く話したところ、結構深刻な口調で拒否されてしまった(苦笑)。
ものごとを両側から把握したい私のようなひねくれ者(あるいは、野次馬根性
丸出しの奴)には、なかなか興味深い映画。

あとはこれとか。

ジョン・レノンの僕の戦争 [DVD]ジョン・レノンの僕の戦争 [DVD]
(2009/07/03)
ジョン・レノン、マイケル・クロフォード 他

商品詳細を見る

あのまんまるメガネの由来となった戦争映画。
どこかにあるかなぁ・・・探してみようかな?
うーん。まだまだ、きりがないようで。



エンタメの奥に人の生きざまを見て、人の生きざまの向こうにエンタメを観て。
古今東西ジャンルレスのエンタメを味わい尽くす一年がまた始まりました。
忙しいときもあると思いますが、一息ついたら、きっとすぐにエンタメが
欲しくなってしまうでしょう。何故なら、それが生き甲斐だから・・・
今年もいろいろと感想~レビューしていきます。どうぞ、よろしく!



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

Nowhere Boy ~ひとりぼっちのあいつ~「言葉で知る"事実"と映像で観る"現場"、衝撃度がこんなにも違うものなのか!良質な青春映画」

行きつけのツタヤでCD半額の日。色々選んで、DVD棚にまた寄り道。
そしたら、かねてより気になっていた映画に遭遇!迷わず借りてきました。
ジョン・レノンの若き日を描いた映画「Nowhere Boy~ひとりぼっちのあいつ~」。

ビートルズや、ジョン関連の書籍・ドキュメンタリーなんかで、
「ジョンは幼くして両親に捨てられ、伯母に預けられ、ミミ伯母さんのもとで育った。
そして、ジョンが17歳の時、実の母親ジュリアが交通事故で亡くなった。
そんなジョンを理解してくれたのが、同じく母を亡くしていたポールだった」

というエピソードが何度も出てきますね。
もちろん、そういった文章や朗読に「かわいそうだなあ」「つらかったね」と
思わないわけはありません。

だけど・・・いざ実写でこのいきさつを、こと細かに再現し、見せられると・・・
「ジョン!よく人生を最後まで投げ出さず頑張ったね」
と、寧ろあの40年間の波瀾万丈の生き方すら称えたくなるほど、
両親に捨てられ、「ふたりの母」に引き裂かれ、そしてもう一度失う衝撃と痛みが
自分のことのように胸に迫り、青年にのしかかった過酷な運命がいかに重かったか、
R&R、そしてポールと出逢えたことがいかに大きな救いだったか、よくわかります。


史実を再現した映画なので、内容の概要はさきほど述べた「有名なエピソード」通りです。
でも、2時間の映画という媒体は、それに色をつけて音をつけて、
具体的な台詞や表情や行動でもって、現実のジョンの楽しく苦しい日々の
文章や朗読からはこぼれ落ちるような、きらめきや生々しさを伝えてくれます。
監督をはじめとする制作陣が意図したとおり、ビートルズのジョンではなく
ビートルズになる前のジョン青年が、大人になっていく過程を
瑞々しく描いた、良質な青春映画
だと感じました。

実の父親のように可愛がってくれたジョージ伯父さんが幕開け早々で急逝し、
ジョンは葬式で、「赤い髪の女」ジュリアを目撃する、そこから物語が
一気に展開していくので、最初から緊張感があります。


きらめきで言うなら、強気でやんちゃ、イタズラやジョークを飛ばしまくる姿
友達と2人で2階建て(!)のバスの天井に「乗って」みたり、
ジョージ伯父さん(ミミ伯母さんの旦那様)の前では子どものように甘えたり、
初めてエルヴィスを映画で観た時に、周りの反応に驚くうちに、自分も身を乗り出して、
次のシーンではすっかりエルヴィスルックになっていたり。
ジュリアの出現以来、自分の出自に関するモヤモヤに苦しまされるジョンですが、
R&R、バンド、そして一生ものになる友達と居る時は、心から楽しそうです。
ちなみに、バンジョーやR&Rを教えたり、エルヴィスの映画に連れていったのはジュリア。
更に、当時からの俺様ぶり、粗暴ぶりもなかなかのもの(笑)


生々しさで言うなら、ミミ伯母さんとジュリアの姉妹の確執は本当に怖かった。
そして、ジュリアってちょっと尋常じゃない・・・

「厳格」というのは有名なのでミミ伯母さんが怖いのはある程度覚悟していましたが、
「女性的」としか知らなかったジュリアは完全にノーマークでした。
ジョンに対して、母親というより恋人や娼婦のように振る舞うジュリア。
キスしたり、キスをせがんだり、ソファの上でジョンに抱かれるような体勢をとったり。
ジョンも、実の母親を超えて、どこか彼女のような不思議な感情を抱くようになり、
ジュリアがポールと仲良くしていると、嫉妬を剥きだしにして怒ったり。
ミミ伯母さんも単に厳格というより、ジュリアが言う通り「溺愛」していて、
始終ガミガミガミガミを予想していたので「あれっ、優しいじゃん」と肩透かし(笑)
ジョンは「愛されなかった」というより、むしろ過剰で歪んだ愛を受けすぎたのかも。
正直、観ていて怖かったです。そりゃジョンも後年の言動までおかしくなるわ。

姉妹間の確執と、ジョンの「自分の出自」の悩みがピークに達するのが、
ジュリアが主催したジョンの誕生日パーティーの後、ミミ伯母さんのもとに
ジュリアが乗り込んできたシーン。
出自を問い質すも、ジュリアは何も答えず、ジョンは怒って家に帰ってきて、
ミミ伯母さんもごちそうを用意して帰りを待っていたのに、パーティでだいなしと、
険悪フラグが立ちまくりでの、姉妹対決、そして真相暴露。
ジュリアがしてきたことを、彼女の前で蕩々とジョンに語るミミ伯母さん、
泣くばかりで何も言えない、ジョンのことも見られないジュリア、
話を聞いて、号泣し、激昂して家を飛び出していくジョン、
ジョンが去ってそれぞれに涙にくれる2人・・・

展開でも十分凄まじいけど、俳優さん達が揃いも揃って上手いから、真に迫る!
ジョンに「異父兄妹」がいたけど、育てられなくて(メンタルの病?)孤児院行きという
エピソードは、史実でも知らなかったので本当にショックでした。
更に言えば、父がジョンを捨てたというより、父がいない間にジュリアが浮気して
妹を産んで捨てて、父との離婚も成立させないまま新たな愛人を作り(劇中の旦那さん)、
父は何とかやり直せないか粘ったけどジュリアが拒んだ、ジョンは父を選んだけど
去りゆくジュリアに泣いてすがりつき、それを見ていられなくなったミミ伯母さんが
ジョンを引き取った、という所まで具体的に映像つきで話されて、
映画の中のジョンじゃないけれど、相当こたえました。

そして、憎しみの連鎖が終わり、やっと姉妹が仲直りしてきたところでの事故。
カフェで語り合い、テラスで並んで日なたぼっこ、という画があったからこそ
ジョンの「これからって時だった」という台詞(後述)が痛切に胸を打ちます。


史実を一層胸を打つものにしたシーンは、ポールとの葬式でのやりとり
バンド「クォリーメン」のメンバーも皆葬式に駆けつけていました。
バンジョーをつまびくポールを見たジョンが激昂のあまり、ポールではなく
止めに入った別の友達をぶちかまして、式場を飛び出してしまいます。
ジョンを追いかけてきたポール、「俺のことも殴るか」と言ったら本当に殴られ、
血を流すポールを見て我に帰ったジョンは、すぐに平謝りして号泣。
「これからって時だった」「・・・・・・分かるよ」
「二度と戻ってこない」「・・・・・・ああ」

実母を(癌で)亡くす悲しみを知っているポールだからこそ成り立ったやりとり。
2人は抱き合い、一緒に泣きました・・・
式場に2人で戻ってくると、他のクォリーメンのメンバーもみんな号泣している。
さっきぶちかましてしまった友達は結構な痛手を負ったのですが、ジョンを責めず
ジョンも詫びて泣き、ついには「オマエらバンドだろ、泣いてんじゃねぇ!」って。
一生の心の課題となった、「孤独で複雑な出自というトラウマ」を抱え、もがきながらも
(顕著なのは、この映画のテーマ曲でもある「Mother」の歌詞。
泣き叫ぶように歌われる「Mama Don't Go,Daddy Come Home」は
1stソロにて。映画エンディングでは、あえてそれがないヴァージョンが流れる)
暗殺されるまで、自分と向き合い、生きることを最期までやめなかったのは
音楽や、バンドや、ポールなどの友達(後にはヨーコ)の存在が
大きな大きな支え、救いだったんだなぁ、と感じられるシーンでした。

そして、ミミ伯母さんからの旅立ちと絆。
ラストシーン、ジョンはポールやジョージ達とハンブルグに発つため
ミミ伯母さんの家にやって来て、出生証明書を求め、書類にサインを頼みます。
「親か保護者」のサインをしてもらうのですが、伯母さんが「私はどっち?」と
尋ねると、ジョンは「その両方」と。伯母さんはジョンを抱きしめて泣き出して
しまいます。この頃になると、ミミ伯母さんはすっかり柔和な女性に。
去り際、ジョンは伯母さんに「電話をするよ」と言い、ハンブルグ到着後すぐ電話。
ジョンは終生、伯母さんへの電話を毎週欠かさなかったとか。


ジョンの、ふたりの母。
ミミ伯母さんは、伯母さんを通り越した、本当の愛をくれたお母さん
そしてジュリアは、実の母を通り越した、ひとときの恋人といってもいいのでは。
ジュリアはジョンの為にお金を貯めてくれていて、そのお金でレコーディングした曲は
一途な恋の歌。
許されぬ恋かもしれないけれど、それでもかまわない、といったフレーズまで登場。

ジョンの最初の妻シンシアは、ジュリアのような女性で、
後妻のヨーコは、ミミ伯母さんのような女性だったといわれます。
しかしシンシアとは、子(ジュリアン)を授かりながらも愛し方がわからず破滅、
ヨーコはジョンの「母」となって、ジョンに愛し方や生き方を教えて最期まで一緒。
でも、シンシアは内助の功タイプ、対してヨーコはバツ2で奔放と、ちょっと複雑。
シンシアみたいなミミ伯母さんが良かった、ってことでいいのかな・・・?


最後に。
「Nowhere Boy~ひとりぼっちのあいつ~」って言うけれど
(劇中では出だしで、「落ちこぼれ」「どこにも行き場がない」との意で登場)
ジョン、全然、ひとりぼっちじゃないじゃん。
ふたりの母に愛されて、友達にも恵まれて、音楽という行き場も見つけた。
何にも苦しむことなんてないよ。
長いこと苦しみつづけてきたジョン青年に、思わずかけてあげたくなった言葉でした。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:THE BEATLES - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。