2017-05

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

レッド・ツェッペリン:その2 伝説のライヴ「CDを再生するなり、動けなくなったり号泣したりしたのは初めてだ!鬼神のようなライヴアルバム」

ライヴに行って、号泣したことは何度もあります。
しかし、「開演してすぐ」は、ほぼ一度もない。
なのに、ただの音だけで、再生ボタン一つ押しただけで、
立ちすくみ、そのまましばらく動けなくなって、
このままじゃいけないと我にかえって座るも、今度は号泣してしまう。

こんな経験はもう最初で最後なんじゃないかと思うんです。

何を聴いて、そんなことになったのかって?
一昨年くらいに、レッド・ツェッペリンLed Zeppelin、以下前回同様Zep)の
How The West Was Won(邦題:伝説のライヴ)」を聴いたせいですよ!
(「伝説のライヴ」と、「狂熱のライブ」があって、ややこしいですよね)

伝説のライヴ -How The West Was Won-伝説のライヴ -How The West Was Won-
(2003/06/11)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


しかし、本当の「初め」に聴いたときは、全然こんな反応にはならなかったんですよね。
何がそんなにいいのかさっぱりわからなくて。

大学時代、軽音楽サークルに居た時、ドラマーの後輩が
「これイイっすよ!」と、なかば強引に貸してくれたというか、布教させられたのが
本作との出会いでした。
でもそれは今から10年近く前の話。「ツェッペリンw」「HR/HMw」って
完全なる食わず嫌い、偏見、カッコつけが頭にあったし、サークルの毛色もそういう風だし
当時はオールドな音楽を全然聴いていなかったし(ビートルズだって赤盤青盤でおしまい)。
そんな遍歴でZepが分かるはずもなく、何年もCD棚の「押し入れ」欄に入れっぱなしで
しまいには「聴かないCDは処分しよう」と捨ててしまいました。

時を経て、70年代前後の音楽にもどんどん触れるようになり、ようやく再聴を。
オリジナルアルバムを集め、最後に「ライヴCDもいっとけ、好評らしいし」って。
そして冒頭の反応・・・
「あの時、捨てずに大切にとっておけば」
どれだけ悔やんだか知れません、CDにとっても後輩にとっても、色んな意味で・・・!


当時、私はバンドのヴォーカリストを務めていました。大層へたくそだったけど。
そして、一番長く在籍していたバンドは、楽器隊の皆さんが、暇さえあれば
インプロヴィゼーション(即興演奏)を始めちゃうような、セッション馬鹿の集まりで。
メンバー達は実に多様な音楽を聴いていて、ドラマーはやはり?ボンゾ信者でした。
(ちなみにギタリストはジミヘン等が好き、ベーシストはやはり?レッチリのフリー信者)
自由奔放に音が鳴るわけですが、必ずしも歌がのりやすいようなセッションとは限らず、
楽器を持たないヴォーカリストとしては、毎回毎回大変。音楽の引き出しが全然足りないし、
インプロに乗っかって楽器を奏でるかのように、即興でメロディを紡ぎ出していくのって
かなり難易度が高いんですよ。自分で曲を作って持ってったほうが何倍も楽だった。
だから、「なぜあの時、Zepから学ばなかったのか、プラントから学ばなかったのか」
悔やんでも悔やみきれなくなります。だいいち、もうバンドやっていないのだから・・・


Zepのような、即興性が高いライヴをするバンドの場合、オリジナル曲が
どんなふうにアレンジされるのか、各メンバーが自らのフレーズをどういじくるか、
それらがどんなインプロに繋がるのか、といった楽しみ方ができますね。
私はかなり最近になってレッチリ(ジョン在籍時のライヴ)経由でそれを学びましたが
それだって、どうしてあの時やっておかなかったのか、どうしてアンソニーから(略)

CDの特に2~3枚目なんて、殆ど原型とどめてませんもんね。
1曲がプログレ並に長い(笑)
今「Dazed And Confused」聴きながらこれ書いているんですが、
ペイジ恒例の「弓弾き」を披露しているとおぼしきアドリブ場面に、
プラントが伸びやかで奔放なメロをつけて、高らかに即興で歌っています。
で、今は、ペイジがいろいろいじくってる。あ、今度はベースとドラムも加わった(笑)
この曲は、1枚目からの曲だから、ある程度アレンジ慣れがあるかもしれませんが
展開が読めず、知っていてもその変化の著しさが、聴いててエキサイティングですよね。
全然違う曲なんかが混じってきたりして。
そういう意味では、Zepってプログレ的な魅力もあるバンドかも。
まぁ、オリジナルの時点で、「Whole Lotta Love」とかプログレ展開だし。

Zepの「セッション的ライヴ」で面白いのは、ペイジが色んな音を繰り出して、
あらゆる角度からアプローチしてきて、それにプラントが上手く味付けして、
ジョーンジーとボンゾが流れを読んで追撃してくる
ところでしょうか。
そうしてボンゾが時々暴走して、超人的なドラムソロをかます、と。

今「Moby Dick」です、ドラムソロ大爆発。
激しいだけではなくて、こちらからあちらから幅広いアプローチを繰り広げます。
ドラムしか鳴ってないんですよ?高速連打をかましているわけでもない(それも凄いけど)。
なのにこんなに「面白い」なんて!

歌声も、ギターリフも、ベースの援護もなしに、これほどの「楽曲」が成り立ってしまう。
こりゃ、あらゆる方面のドラマーから、リスペクトされるわけですわ。



そして再び冒頭に戻って「なぜポカーンとしたり、号泣したりするほど
感極まったのか、音だけで?」の疑問が沸くのです。
インプロの面白さは、どっちかというと「感心」の類ですから。
衝撃を受けたのはなぜ?

それは、「Immigrant Song」に代表されるような、
爆撃のようなジョーンジー&ボンゾのリズム隊に、打ちのめされてしまったから
だと
言い切ってしまっても過言ではないです。
そこに伸びやかで完璧な響きの「アアア~ア~」、そしてペイジのあのリフが
合わさって、大カタルシスになっちゃった、と。

「地鳴りか!」と突っ込みたくなるほどのド迫力ですよ、あいつらどうかしてます。
攻撃的な曲ほど、その爆撃の威力が増します。
ボンゾはインプロ的なアレンジの時より、こうした攻撃的な曲を普通に演る時のほうが
爆発してる、すげえ、やべええええ、と感じます。単純明快なファイターなんでしょうね。
そしてジョーンジーは見事な二重人格。完全に暴力的なベーシストと化してる。
特筆すべきはやはり「Immigrant Song」のあの部分(on we sweep with~のくだり)。
何度聴いても(コピーバンドの演奏を聴いている時でさえ)耳があのベースラインにくぎづけ。
もう、初めから終わりまで、まるで暴風雨でも降ってるのかと思うような激しさ。
そうしてまた、プラントとペイジが歌もギターも完璧にキメるんだもん。
主に「Immigrant song」のせいでポカーンになって泣かされた、といっていいかも。


Zepの全員が一番美味しい時期の、美味しい曲だらけのライヴCD。
全体を聴いて思うに、大きく分けてZepのライヴの(耳で聴いた)魅力はふたつ。

勢いのある曲に顕著な、爆撃のような図抜けた迫力
ハッとさせられるギターリフや伸びやかな高音といった、オリジナルの良さを
オリジナル以上に攻撃性を増したリズム隊が援護射撃しまくりで、威力十倍増し。

曲の原型をとどめないほど、自由奔放で先が読めないインプロ
あの手この手を繰り出してくるペイジと、それにスイッとメロをのせるプラントの
引き出しの多さと柔軟さがあるからこそなせる業。リズム隊は出過ぎず、巧みなサポート。


改めて何度か聴いて、Zep好きがときにオリジナルアルバム以上に、本作を推すのも
無理ないか
、と。だってオリジナル以上にスリリングで大迫力なんだもの!
それに、演ってるのはオリジナルの曲で、オリジナルのイイ所もより良く再現されてるし。
オリジナルも一通り再聴してみて、「やはりベストだけじゃなくアルバム単位で
聴きたいものですね」と感じたのですが(よく、Zepはベストだけあればいいって
言う人がいるでしょ。自分も正直、そういうフシがあった・・・)、
「How The West Was Won」は本当すごいや。そりゃ「伝説のライヴ」にもなるわけだ。
これより聴き応えがあるライヴアルバムに、この先どれだけ出会えるだろうか?
大概は、オリジナルか、ライヴならDVDの方が良い、と言われるはず(私も基本そういう派)。
「一発の」「音だけで」ここまで感動させてくれるライヴアルバム、さぁ出てこい!
今まで軽視してきた各アーティストのライヴ「アルバム」、これから色々試してみましょうか。
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

レッド・ツェッペリン:その1 永遠の詩~狂熱のライヴ「幻想的だけど、親近感もあり。ドキュメンタリーとPVのいいとこ取りした"ライヴDVD"な映画」

記憶が薄れないうちに、ささっと書いておきましょう。
行きつけのレンタルショップで、やっとずっと観たかったDVDを見つけたよ、
大好きなレッド・ツェッペリンLed Zeppelin、以下Zep)の
The Song Remains The Same(邦題:永遠の詩~狂熱のライヴ)」を!
いんや~、素晴らしかった~!

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [DVD]レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [DVD]
(2010/04/21)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る

ただ、素晴らしかったのはいいのですが、ここでのカテゴリ分けが困りました。
ライヴ?ドキュメンタリー映画?はたまた、壮大なPV集?
内容を大枠で捉えると「ライヴDVD」としたいのですが、ライヴ中に実際にあった事件や、
冒頭の普段暮らしはドキュメンタリー映画的で、本来のくくりは「映画」だし・・・
そして中間の「幻想シーン」を中心に、楽曲やアーティストのPV映像という解釈もできるし・・・
しかしながら、5thアルバム「The Song Remains The Same(永遠の詩)」や、
わりと近年に出たライヴアルバム「How The West Was Won(伝説のライヴ)」を
補完する役割が大きいと判断し、「音楽」ものとして分類させていただきました。
「Zepその2」を書いたときに、「その1はどこ?」ってなるのを回避する狙いでも(笑)

演奏面(特に、耳で聴いて感じたこと)は、「伝説のライヴ」の回になるべく譲って、
この記事では、映像で観て感じたことを中心に書いていこうと思います。


<オープニング>

冒頭から強面の連中が現れて、銃撃戦?なんだ、なんだ?
呆気にとられている内に、舞台はZepメンバー達の平和な日常へ。
ひとりひとり違います。これが何気におもしろいんだな。

・プラント・・・青々とした草木が生い茂る森の中にて、川で遊ぶ子ども達を見守る夫妻。
あっ、この子ども2人は、5thアルバムの・・・!きっと既視感があるはず!
家族四人で仲良く帰り道を歩いていると、自転車を走らせて、郵便屋さんが来たよ。

・ジョーンジー・・・そっくりの髪型した娘さん2人wに、怖い絵本を怖~く読んであげてます。
端からみたら、「ママ」が子どもに絵本読んでるように写るんじゃないのwww
料理を作る奥様に「何作ってるの」と声をかけたところで、お手紙届いたよ。
郵便屋さんから届いた手紙を開けるジョーンジー、最初は「ライヴだ」と嬉しそう。
でも途中で愕然として「明日だ(tomorrow)・・・」と、音響までいじられてリフレイン(笑)
完全にネタ要員です!ライヴだと地味だから、ここが一番の見せ場、なのか??
この頃のジョーンジーの髪型は、パッツンの短い前髪に、肩くらいのパッツンな金髪。
ジャニス・ジョプリンか、ストーンズのブライアンのオマージュだったのかな?
よく顔立ちを見ないと、性別がわかりません!!!

・ボンゾ・・・ロックスター、トラクターを華麗に駆り、農園の手入れをするの図
よく似合いますね。田舎にこんなオッチャン、いるいる。まったく違和感がないよ!
そしてポップな「クルマ」で帰ってきて、家に入っていきました。手紙来てるかな?

・ペイジ・・・他の皆がプライベート披露の趣のなか、ひとり、謎めいた姿。ズルい!
山の上とおぼしきところで、向こうの景色をみつめて、孤高の芸術家みたい。
最後にちょっと振り向いて、やっと「あぁ、ペイジだ」と確信できるくらいズルいw

実はこの「オープニング」が、次に書く「一人一人のPV的見せ場」の伏線になってるあたり
うまいですねぇ。


<一人一人のPV的見せ場>

Zepのように、インプロヴィゼーション(即興演奏)が多いバンドの場合、
一般のライヴDVDや、ライヴアルバムだと、楽器(隊)への興味が強い音楽玄人でないかぎり
少なからず「マンネリ」を覚えてしまいがち。
そこにメリハリをつけて、更に曲の世界観を表現し、演奏の魅力を引き出した
このPV的演出(通称「幻想シーン」)は、巧いとしかいいようがないっす。

ジョーンジーと「No Quarter」
失礼ながら、Zepは4thアルバムまででお腹いっぱい派(例外がPresence)という
不躾なにわかファンで今日まで来たのですが、
この演奏&映像で「認識を改めにゃ・・・」と思わされました。

幻想的なソロを奏でるジョーンジー。やけに長く映ってると思ったら、幻想シーンへ。
大聖堂らしきところでパイプオルガンを弾く、素敵な姿がプロローグ。本編とは関係なし(笑)
ピエロのような滑稽な顔のマスクをつけた、怖い集団が馬を駆って登場します。
何やら殺傷らしき行為を生業としている様子・・・
その集団の先頭に立っていた男が、馬を下り、ある家に入っていきます。
男はマスクを取って・・・双子の娘を笑顔で抱きしめる。男の正体はジョーンジーなのでした!
一家団欒を過ごした後、ジョーンジーは再び馬を駆って霧がかったどこかへ消えていく・・・
「ツアー中の大暴れと、ツアーを離れた日常との、二重人格ぶり」がテーマだとか。
一見大人しそうな、この手の奴が、本当は一番怖いよね!

プラントと「The Rain Song」「The Song Remains The Same(永遠の詩)」
ここまで全て、5thアルバムの曲が「幻想シーン」化されてきたので、
映画の狙いは5thの世界観を表現することにあるのかな?と感じたくらいでした。
でもそうでもなかったのね(ペイジ、ボンゾは初期曲だもの)。

漂流して、岸にたどり着き、焚き火で暖をとる、冒険者のようないでたちのプラント。
そこに女神様のような女性が現れて、プラントに立派な剣を渡す・・・!
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のごとくチャンバラした挙げ句、
プラントは勝利を収め、さっきの女神様を見るのですが、彼女は幻想のように消えた。
「神話にハマって、古代の王子様を演じた」んだとか。確かに言われてみれば。
王子様姿がサマになるプラント、罪な男!
しかしジョーンジーといいプラントといい、乗馬は自前なの?スタント?
2人して乗馬までできるんだったら凄すぎる。何気に気になる点です。

ペイジと「Dazed and Confused(幻惑されて)」
冒頭から素性を見せていないズルいバンマス。
幻想シーンでは、冒頭の姿とほぼ同じような格好。画家とかでこういう人いそう。
ペイジだけ冒頭から幻想シーンだったんだろうか?

遭難してしまったのか、必死で山を登るペイジ。(これも自前?意外と体張ってるな)
やっとのことで頂上にたどり着いたら、奇妙な面立ちをした不思議な男が立ちはだかる。
その男の顔が、だんだん変貌していきます。
はじめ老人だったのが、徐々に若返って、ペイジになって、若い頃のペイジになって、
子どもの頃のペイジになって、そうしてまた徐々に歳をとって老人になって・・・
「4thアルバムのインナースリーブの実写化」を意図したそうで、
こうやって繋がりを意識するあたり、プロデューサー気質がよく出ていますね。
本人は至って大真面目なんですが、ボンゾがこれ見て大爆笑しちゃったそうで(笑)、
ペイジは機嫌を損ねたとか。ボンゾが天然なのか、ペイジがやりすぎなのか?

ボンゾと「Moby Dick」
この曲はもはやボンゾのテーマ!
ライヴCD「How The West Was Won」でも、壮麗なドラムソロを披露していますよね。
今回のライヴでもそれは同じ。

ボンゾだけ「幻想」ではなく、冒頭の延長というか、実際の日常。
ボンゾは、とにかくあらゆる乗り物が大好き!
冒頭のトラクターや「ポップなクルマ」をはじめ、普通のクルマ、オートバイ、
さらにはF1に出てきそうなレース用のマシンまでも!!!
他には、ビリヤードに興じたり、奥様と踊ったり。
ちいさな子どもが慣れた手つきでドラムを叩いていますが、この少年こそが
ボンゾ亡き後、Zep再結成ライヴでドラマーを務めるジェイソン・ボーナム氏だったり。


<このDVDで気づいた演奏等に関わるポイント>

・全部で4時間近くある、あのライヴ完全版DVDでも、いつもジョーンジーって
引っ込んでて、余計に存在感が薄くなっちゃって「あれあれ」と思っていたんですが
何度かフィーチャーされるんですが、ジョーンジーはずっと、ボンゾをがっちり見てる。
あの爆撃のようなリズム隊の秘密は、ボンゾとの同調を常に意識するジョーンジーに
あったのですね!本当、プラントやペイジのことは、たま~にしか見てない。
ベースを弾いている時は、バテというものを知らないかのような、ボンゾのパワフルなドラム
引き立てることに専念してる。そのためにちょっと引っ込んでいるんだね。そうだよね。

・CDでとても印象的な(コピーバンドがなかなかコピれない原因の一つ)、
「Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)」のSE部分。
本家はこれをどう処理しているのかな?アレンジやインプロでごまかす?
そういうパターンもありますが、ここではペイジがつまみいじって、
効果音、エフェクト等を色々と披露してくれています。
片手でつまみを操作しながら、もう片手は手を振ってパフォーマンスしてる。
ここはステージ、魅せることも忘れません。器用ですなぁ。
こういうあたりのバランス感覚(魅せること、演奏を全うすること)を
常に意識しているのが、ペイジというギタリストの個性(のひとつ)なのかな。
ライヴ完全版DVDでも登場した恒例の「弓弾き」、こちらでも観られます。

・5thの曲がちらほら出ているってことは・・・そろそろ、プラントが喉を潰して
ハイトーンが出なくなってる時期じゃ・・・?!
それを思い出して、ある時点まではヒヤヒヤして仕方ありませんでした。
流石にあの「Immigrant Song(移民の歌)」のハイトーンは聴けず、
心なしか、ミディアム~スローな選曲が多いのは、やはりプラントの喉を
気遣ってのセットリストなのか。
前半のハードナンバーで、メロ大幅改変の連続なのも、喉のためなのか?
(「プラントにはいつものこと」ともいう)
でも、予想以上にハイトーンも発揮してて、安心&満足
「アアア~ア~」と、あのリフと、爆撃のようなリズム隊も恋しいけれど
それは「How The West Was Won」でガマン。
「How The~」に5thの曲はないので、5thの3曲が素晴らしい映像付きで楽しめることを
ありがたがることにしましょう!


映画チラシ 「レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ」出演 ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ映画チラシ 「レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ」出演 ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ
()
アットワンダー

商品詳細を見る

当時はこんなカッコイイチラシで宣伝されていたんですね。
DVDのジャケも、こっちの方がよかったなぁ。
しかし当時、興行収入は良かったものの、評価は散々で、Zepメンバー達もあまり
この映画のことは語らないみたい。
確かに、唐突に入り込んでくるステージ外のエピソード(半裸で乱入する男、
収益パクられ事件など)等には、まとまりの無さをどうしても感じたけれど、
PVのように幻想的で、ドキュメンタリーのようにリアルなライヴ映像って
ありそうだけどなかなかないし、後年のアーティストのPVにも影響を与えてるだろうし、
なかなか見応えがあって、意義ある作品だと思うんですけどね。
「ドキュメンタリー風味の凝ったライヴDVD」だと思って観れば問題ないのでは。
少なくとも冒頭のシーンと幻想シーンは何度もリピートしたくなりました。
というか、しました(笑)

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。