2017-10

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ごぶさたです、遂に小説blogを始めてしまいました

みなさん、本当に本当にお久しぶりです。。
あまりに更新しないので、遂に広告が出ちゃいましたね。
しかも、常連さんの何人かを心配させてしまっていたと・・・
あーもう本当にすみません!!

ずっと短編小説を書いていました。
それに打ち込みすぎて、3月4月は〆切(ネタ的に急ぐものがあるため)に追われて
こちらの更新が全くできませんでした。。

4月上旬、短編小説全20編を書きあげ(推敲は現在もしています)、
短編集前後編がとりあえず完成、
それを公開するblogを、アメブロにつくりました!

SongBook 90's 音楽に誘われた物語たち
http://ameblo.jp/songbook-novels/
『ちょっと懐かしいヒット曲や隠れ名曲をモチーフに書きあげた、
全20作の短編集前後編を順次アップロード中。
モチーフ曲の体現とオリジナル作品の狭間、「1.5次創作」小説!』
っていうフレコミです。
あちらでは、また今後の文芸関係では「朝伊ミチル」と名乗っています。
このblogでの名前=YESの曲名(邦題)から「朝」の字をいただきました。

時事ネタが5/1に迫っており、アホみたいな更新速度で作品をアップしているため
身内から「ペースについていけない」との声がちょいちょいあがっています。
私自身もかなりいっぱいいっぱい。でもあとちょっと!
前編全10話の10話目が時事ネタ話で、今日アップ完了したのが7話め。
前編が終わったら、大幅にペースダウンしますから!!

ちなみに、こちらとの使い分けなんですが、

・主に洋楽ネタ、CDレビュー、
 ドラマや映画のレビューなど、今までのノリ・・・こちら(FC2)
・主に文芸作品、邦楽ネタ、
 先日加入した音楽ユニットの話、つぶやきなど・・・アメブロ

という具合に考えています。続けていくうちに変わるかも。
ぶつぶつ呟くぶん、アメブロの方が更新頻度は高い見通し。

最後に、辺境の辺境まで来ていただいた方々、ありがとうございます!
少しずつこちらもまた更新するつもりでいますので、足を運んでやってくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2

新しいPCとプロバイダと変わったメアドと入りすぎたオプションにとことん馬鹿にされる

胃が痛い。1月に入ったぐらいから、ずーっと胃が痛いのです。
毎食おかゆというほどではないのですが、ストレス性の胃痛の模様。
私なぜか、大きなストレス→ショック→1~2ヶ月経過→胃痛、という
変なローテーションを辿る傾向があるので、振り返ってみると、
祖母+伯母の死に葬式、それから・・・もしかして原因はこれかもしれん!
PCを買い換えたこと
付随することが多い多い、考える、思い悩むことが多い多い・・・
かれこれ3ヶ月くらいは振り回されたんですよ!
で、今は、キライになりそう(苦笑・・・嘘です、怒って壊れないでね)

かれこれ、こんなことがありました。



・9月某日:PCを買い換えたいと言ってYバシKメラへ行って、店員さんに声をかけられたので
XPからWindows 8のノートPCにしたい、と相談する。
当時、「XPが使えなくなるのでPC買い換えかWindows 7以上のインストールが必要」と
知ったばかりで、とても不安になり、焦っていた。それまでのPCが古くなっていたし。
当初は、まずはちょっと話を聞いて、それから考える予定だったのだが・・・。

Yahoo!BB社+フレッツ社が、キャンペーンを実施していた。
プロバイダをここに変えたら、PC等購入に使えるお得なクーポン券を
もれなく差し上げます、とのこと。
他にも何やら無料のサービスがたくさんある。
PCを買って以来(10年近いかも)同じ某プロバイダ社だったので、変えるのに抵抗はあったが
変化もたまにはいいのではないかと考えて、話に流されてみる。
というか、PC買うなら、プロバイダ替えるんでしょ、えっまさか替えないの、って
話の流れだったんだもん。っていうと被害者意識丸出しなのだが。

あれがあります、これがあります、どうしますか?
じゃあ全部申し込んじゃいましょう、2ヶ月無料ですから。

手続き多い多い、確認事項多い多い。担当さんもいっぱいいっぱいになっている。不安。
一気にどっといろんなことを提案されてフリーズしていると、「じゃあやってみましょう」と
押せ押せ攻勢で、弱っているメンタルの隙間に入り込まれる。
早くXPから替えなきゃという焦りから、言われるがままに大半の話を呑んでしまう。
タブレットのついた「バリューパック」なるオプションも
「凄く人気なんですよー」と勧められるままに、呑んでしまう。
「まだガラケー、多分スマホにはしない」コンプレックスに付け込まれた模様。

肝心のPCの購入は、クーポン券が発行される、ネット開通後に、と言われる。
「あれ?」みたいな気持ち。

・9月中旬:タブレットや、モデム類が先に届く。まだ開通工事をしていないし
古いPCしかないし、ワクワク?邪魔?

・9月下旬:今までお世話になっていたプロバイダ社に電話して、解約。
一抹の淋しさ。メアドだけ、まだ残してあるが、そろそろこれも無くそうかな。
旧PCを机から外し、万が一用にしまう(今も)。ちょっと淋しい。
旧いモデム類はプロバイダ社へ送り返す。初めての手続き。
しかしS川K便は態度が悪いわ。

・10月上旬:フレッツ光、開通工事。すぐに新PCを買いにいく。
当初は安物PCを買う予定が、発行されたクーポン券で、ある程度ちゃんとしたモデルを
買うことができた。現在は満足している。
モデム類を配線して、新PCに繋ぐ・・・あれっうまくいかない?!しょっぱなから躓く。
最近のPCは、マニュアルが冊子の形ではほとんどなくて、
アプリの一つみたいな形になっているのか。そこにまずカルチャーショック。
調べて調べて何とか繋がった。

オプションを含めて、実は未だに一つ、コンセントが足りない。
最初に繋ぐ時点で二つも三つも足りないと気づき、買ったはいいが、やはり足りず、
結局そのオプションは使っていない・・・

それからは設定の嵐。Yahoo!社からもらっている新メアドやパスワードを中心に
設定して設定してまた設定する。
はー疲れた。
しかし本当の嵐はこれからやって来るのだった。

更にこの頃、「祖母がちょっと危ない」という母からの報せ。毎日気が気じゃない。

・それから2ヶ月余りかけて
メアドが変わった。今までのメアドから新しいメアドへ変更しないとならなくなった。
メルマガ、マイページ、会員サービス等々、もう覚えてないよってほどあるよ・・・・・・
全然利用してないのもあるし、IDやパスワードを忘れちゃったのも結構ある。
こつこつ作業し、そのたびに忘れていたIDやパスワードをメモする。
これを延々と繰り返す。
疲れた・・・・・・自分よくやった・・・・・・!!
まだ、忘れてるのもあるだろうが、きっとそういうのはもういらない。

この頃、祖母の葬式、その過程で伯母の死を知る。
メンタルがぼろぼろで、不眠がちだった頃。
真ん前の席で、強烈な眠気に襲われ、通夜でヘッドバンキング居眠りをするほど!
いろんな人に怒られました。

・2ヶ月余りの合間に
「バリューパック」という「お得な」オプションセットの目玉になっている、
タブレットという文明の利器。
しかしASUSって・・・なんかがっかり。薄くて軽いのを期待してた自分が馬鹿だった。
設定にも結構手間取り、充電にも結構時間がかかり、やれることはあまりなく、
料金は結構かかる上に、2年以内に解約すると違約金を取られやがる。
思わず「騙されたー」と拳を振り上げた。(心境としては本当にそんな感じだった)
そうして来ました、フリック入力の試練!!!
以前、こんな日がいつか来るのを予期して、スマホ&タブレット初心者用講座の番組を
観ておいてよかった、少しコツはわかってきた。ごく最近(苦笑)。
使い道がない、使いにくい、PCだけで十分事足りる。というわけで、タブレットの出番は
ゆうに1ヶ月以上2ヶ月未満くらいは、余裕で無かったと思う。
タブレットが再び我が家で脚光を浴びるのは、ごく最近を待たねばならない。

・11月下旬
Yahoo!のオプションが2ヶ月の無料期間を過ぎる頃。
勢いで殆どのオプションに申し込んでしまったため、多くのオプションをわざわざ
使ってもいないのに、解約手続きをしなくてはならない。
あーー忙しい・・・イライラしていたなこの頃は本当に。
難しいのは、Yahoo!とフレッツとで被っているサービス。実はPCとも被っている。
その名も「リモートサポートサービス」。何かあったら、電話やメールなどでの
相談だけでなく、遠隔操作で問題解決してくれるというサポート。
料金が毎月かかるけど、何も加入していなかったら不安かも、と思い、
フレッツ光のリモートサポートサービスを残し、Yahoo!のは解約。

その間にも、Yahoo!ってやたらめったらサービスがいっぱいあって、
今までのプロバイダではそんなの全然なかったので、てんやわんやになる。
こんなのいらんよー、サービス多いよー。完全にあっぷあっぷ、かかりっきりに。

最近になって、いざ料金が課金されてみると、以前のプロバイダより2割近く
多くかかっているではないか!何だかずーんとショック。
でもこのプロバイダが(日本で)一番使われているんでしょ・・・?
みんなお金かけてんだなあ、と思ったものだ。それまでの私がケチ?

・12月頃だったはず
PCのマニュアル(冊子、アプリ)を見ていて、
バックアップ」や「リカバリーディスク」といった作業をしていないのに気づく。
しばらくYバシKメラに通い、「どれを買ったらいいんだろ・・・」と悩む。
やがて、思い切って店員さんに聞いてみる。
条件はマニュアルを見て、メモって来た。
リカバリーディスクはDVD-Rでいいみたい。但し問題はバックアップ。
今までのPCは、バックアップ用のディスクをCD-Rに焼いていたのだが、
新PCは(というか最近は)、バックアップに外付HDDを買って、置くのが
主流だとか。えー、これって結構高価じゃないですか?当然予算外。
しかしリスクを軽視することはできない。このPC安くないんだから。
かくして、PCの右端に、黒く横長な箱状の機器が、でんと鎮座するように。
最初は「カチャカチャ」を頻繁にやっていて、うるさいというよりびびった。
慣れたら何とも思わなくなったが、最初は「なんかまずいの?」とビクッ。
いちいちいろんなことにカルチャーショックを起こしてしまう、
慌ただしいPCライフ。

・ごく最近
SONY製のPCを買ったのでSONYのポイントが貯まり、サービスポイントもついた。
メルマガで、電子書籍にそのポイントを使えると知った。
他に使い道もなさそうなので、これまで敬遠してきた電子書籍デビュー!と
意気込んで書籍を探す。普通の小説だと目が疲れそうなので、詩集ならどうか?
という感じでチョイス。購入申し込みをしようとするが・・・
SONYの電子書籍アプリ、PCに対応してない・・・・・・!!!!

そこで出ましたタブレット。やっと出番が!
専ら、電子書籍を読んだり申し込んだりするが為に、タブレットを使っている。
しかもポイントでしか買わないと決めてるときた(笑)
で、肝心のダウンロードした何冊かの詩集、まだ1章分しか読んでないんだよな。
1回開いただけという。だってベッドサイドに本が山ほど溜まってるんだもの。
駄目人間である。ちなみに今日読んだ本もベッドサイドに溜まっていた本だった。
だめだこりゃ。



先日、胃痛+緊張+疲労で、歯医者で吐きそうになり、殆ど何もせずに帰ってきました。
1月上旬のこと。今思えば、あの日から胃痛が始まったような気がします・・・
幸いにも検査はできて、虫歯等は見つからず、また4月くらいの検診でいいですよと
言ってもらい、ひと安心ですが、あーあの時は肝が冷えた、トラウマなりかけです。。
ただでさえ歯医者のクリーニングではいつもオエッてなるのに。
緊張のしすぎで胃痛をもっとこじらせてる感じもします。あと寒さもありそうですな。

こんなことを続けているのでなかなか肝心のblogを更新できないのです。
くったくたになってしまって・・・・・・。
暇さえあれば小説を書いていたりして余計に余裕がなかったりして。
その余裕のなさが胃痛を酷くするというのに、脱力が苦手なんですよなぁ。

息が詰まりそうになったら、あとは「書きてえ!!!」と強烈に感じるネタを得たら、
記事を書くことにします。
しばらくはこんな感じのまったりが続きますが、堪忍を。。

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

web拍手 by FC2

私が初めて買った(洋楽の)CD

ブログリンクさせていただいている、rikoさん&マグかつさんのところで
「私が初めて買った洋楽CD(レコード)」という企画が流行っているようで、
お二方のところへ久しぶりに伺って早々、便乗させていただきました(笑)。

とはいえ、洋楽CDに巡り会うまでには20年弱を要し、それまでずっと邦楽派で、
いざ洋楽に出逢うも、当時の環境は「人類皆レンタルCDショップしかもタダ」状態。
レンタルショップも近所にあることを知ってウハウハ、大抵がレンタルで、
初めて買ったのだってブッ●オフだか、現在の●オにあった中古だったし。
「ほんとのおニューを買ったのって、もしや、割と最近?」という事実に気づくほど。
(従って、rikoさんやマグかつさんのところに書いたのは「中古」で、新品でないので
回答ミスだったかも。うわっちゃ~~すみません・・・)

そんなわけで「私が初めて買った(洋楽の)CD」と、()ついてます。弱気です。
つれづれ続く音楽の昔話、おひまでしたら聞いていかれませぬか・・・?


まず初めて「CD」を買ったのはいつか、という話になります。
故郷の田舎町にはCDショップが一軒しかありませんでした。だから、みんながその店へ
新譜を求めて足を運んだものでした。そういう意味じゃその店、売れてたかも?
私も父などに連れられて車で寄ったり、中学校の部活の帰りに寄っていったりして、
お小遣いをシコシコためて、気になるあのアルバムの為だけに
魂を燃やしていたものです。
お年玉をためて、高校受験が終わったらギターを買ったりね。

そんなロックキッズふぜいのファーストCD自腹体験は1995年頃。
小学生の頃は親にCDを買ってもらっていましたが、中学生になってからお小遣いが増えて
CDを買うのも自腹になりました。
シングルは、ZARDの「愛が見えない」globeの「DEPARTURES」だったか曖昧です。
前者はまだ、親に買ってもらった気もするし・・・。
でも後者は確実に自分で買った記憶があります。だってそのCD、忘れもしない、
私の誕生日に発売されたんです。いわば自分で買った自分への誕生日プレゼント。
CMヴァージョンがとても好きで、音源を再生して「CDとキーが違うー!」と嘆いたものです。
でもglobeはこの曲が入った1stより、ロック度の高い2ndあたりのほうが好きだったなぁ。
アルバムはガチでしょう、B'zの「LOOSE」。これはかなりはっきり覚えています。
何度も何度も聞いたり、家にだれもいない時にシングル3部作を歌ってみたり。
特に「LOVE PHANTOM」は衝撃でした。シビれた!ただ小中学生には刺激が強かったかも(笑)


中学生の頃までは、音楽を入手する手段はこの「近所のCD店」と、部屋にあるAMラジオ、
あとはTVで音楽番組や映画・ドラマ・CMから流れてくる曲・・・と、完全に受け身でした。
さて、これが高校生になると、片道1時間かけてそこそこ大きな街の高校に通うようになり、
そうすると、レンタルショップに通う機会が増えてきます。
家族での買い物でも随分連れていってもらいましたが、何しろ「定期」という無敵アイテムを
持っている上に、登下校の途中にツ●ヤがあったんです!
CDも借りられるし、中古もあるし、音楽雑誌も親の目を気にせずに読み放題できるし!

この頃から洋楽寄りの邦楽にハマっていきます。それが意図せず、洋楽への自然なかけはしと
なっていました。思えば私が高校生だった頃(90年代後半)は、歌謡曲っぽいグループが減り、
今までTVに出なかったようなバンドが次々とTVに出て来たり、流行ったりして、「邦楽」が
がらりと様変わりした時期だったように記憶しているんですが、いかがでしょうか?
当時熱心に聞いていた、椎名林檎、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、BLANKEY JET CITY、
ドラムにyukihiroが加入してからのL'Arc-en-Ciel、LUNA SEAのJのソロ、GRAPEVINE・・・
どれもこれも、これでもかと、洋楽のニオイがします。今思い返すと余計はっきり(笑)。
ここに列挙した全員から「いますぐ洋楽聞け」と言われてる気さえしてきます(笑)


さて、洋楽との本格的な出会いは大学時代の軽音楽サークル。この話は何度かここでしてるので
はじめの出会い(先輩達が演奏するレッチリで開花、とか)は端折っていきます。
周りを見ると、同級生も先輩もみんな、どこで仕入れてきたのって位、山ほど音楽を聴いてて
自分の音楽の経験値の少なさに何度目かの挫折感を覚えます。
そこで、かたっぱしから、先輩方や同期に「アレ聞いてみたいです」「コレ貸して」と言っては
毎日(本当に毎日)バカみたいな量のCDを借りてきては、MDにダビングしていました。
そういうCD音源の入ったMDが200枚とかそれくらいあるので、MDが完全オワコン化した現在、
「今のプレーヤーがダメになったらこれ全部ゴミになるの?収集し直しになるの??」と
わりと深刻に、途方に暮れています。
で、そういう中でも「初めて借りた洋楽CD」「初めて買った(中古)洋楽CD」は、結局
レッチリから逃れられないのです。周り中がレッチリ好きという時代(2000年頃)という
風潮も手伝っていたでしょうね。しかもベーシスト、ドラマー、ギタリストばかりだし。
フリーオタの先輩から「カリフォルニケイション」を借りたのが初めて借りた洋楽CD、
先輩方のあの日のカヴァーの原曲を求めてまずはレンタル、聴いて恋して中古購入したのが
初めて中古で買ったCD「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」でしたねー。
そんな具合に、周りから+レンタルや中古屋からさんざっぱらCDを収集し、
スマパンやらRATMやらレディへやらオアシスやらプライマルやらアンダーワールドやら
(邦楽も山っほどあるのですが割愛します)を教わり、自分でもアラニスやらシェリルやら
ノーダウトやら、自分で気になったものを収集するようになりました。

大学3年頃から趣向が変わります。(地元)インディーズの音楽を教わったのです。
というか、腕のいい先輩などは、今はメジャーにいるバンドと対バンしたりしていて、
それを観に行ったりしているうちに、「このバンドかっけー!」と惚れていくのです。
なかでも、大学3年に観に行った「BUGY CRAXONE(ブージー・クラクション)」という
バンドのライヴは強烈でした。
女性ヴォーカルの4ピースロックバンドなのですが、狭い会場であまりに盛り上がりまくり、
ヴォーカルの女性(鈴木由紀子さん)が酸欠で倒れてしまうというアクシデントが!!
しばらくメンバーのジャムで繋ぎ、やがて由紀子さんが出てきて、アンコールに応えて
ひたむきにがむしゃらに歌い、叫ぶ由紀子さん。アツイ!!隣の友人は泣いていました。
そんなわけで何年かは、このバンドを中心に、東京からやってくるインディーズバンド、
地元でデビュー目指してあくせくやってるインディーズバンドを中心に追っていました。
メジャーだとBONNIE PINKとかスガシカオとか元ちとせといったちょっと落ち着く邦楽や、
大学時代にバンド仲間に教わった、上原ひろみとかakikoといったジャズへと背伸び。
アルバイトみたいな仕事ばかりとはいえ、社会で働き出したというのも大きかったでしょう。
とはいえ事実上のワープアですから、CDとかライヴとか、そうそう買ったり行ったりできない。
音源もライヴも価格が安価なインディーズは、そういう面でも丁度良かったのです。
気がつけばもうしばらく、「プロの」音源を買ってない・・・
Boom Boom Satellitesの6thが、初回限定盤に10周年記念の豪華冊子が
ついてくるというので、それにつられて久しぶりにタワレコに走ったとか、そんな感じでした。
あれ?洋楽のCDって新品で買ったっけ??


さて、年月が経ってくると、会場に以前なら誰かしらサークルの知り合いがいたのが、もう全然
出会えなくなってきます。かといって後輩は顔も名前も全然わからねえ・・・
こんな具合で、地元インディーズのライヴに行くのが段々躊躇われるようになります。
そっから勇気出して話しかけるという手もあったかもしれませんが、私自身の意欲自体が
そこまで無くなっていたんですよね。
自分が好きだったバンドも軒並み解散するか、東京に行くもいつの間にか音沙汰が途絶えて
「彼らは今?」状態になっていって、見たいものがなくなっていたし。

そんなときに何となく手に取ったDVD「Live At Slane Castle」が運命の悪戯を仕掛けます。
レッチリのライヴなのですが、私の好きな「Blood Sugar~」が入ってないから、今の今まで
観ていなかったのです。「そういえば観たことなかったな」と軽い気持ちで観てみました。
・・・あれ?レッチリってもっとフリーが目立つバンドじゃなかったっけ?ギターの人、こんなに
目立って大丈夫?しかしやたらかっけーなあ・・・ギターの人ってこんなかっこよかったっけ?
「10年来のファン」と言いながら、アンソニーとフリーしか名前を覚えておらず、というか
洋楽の場合、メンバーの顔とか名前とか興味がなくて、音楽雑誌も全く読まなかったので
そのギタリストがジョン・フルシアンテといって、カリフォルニケイション頃から
音楽的イニシアチブが彼に移行している、といった基本的情報も知らなかったのです。
それが確か2010年頃のこと。情報を得ようとぐぐると、脱退のニュースでもちきり・・・・・・
自分の疫病神体質を恨みながら、ファンの皆さんに詫びながら、彼が2009年にソロアルバムを
リリースしているのを知ります。それが、「さよなら俗世間」という趣の少しコワい作品、
ジ・エンピリアン」で、どうしてか私は迷わずそのCDを「買いに」行ったのでした。
キャッチーな「シャドウズ・コライド・ウィズ・ピープル」でしっかり予習しての決断だけど。
それから、このギタリストの好きだという音楽をかたっぱしから追っかけてまわり、背伸びして
60年代や70年代の洋楽にも手を伸ばすようになります。
(ものっすごい量の音楽を聴く人なので、流石に「好きだという音楽」完全制覇は絶対無理)
そのなかにblogタイトルを楽曲からとったYES(イエス)などもありました。
あとはジョンにこだわらず、興味の赴くままに、フリーダムに。
結果、フツーに70年代洋楽のファンにもなりました。80年代にも手が届くか??


で、最近は洋楽を漁りすぎて疲れてしまい、「あまちゃん」効果でうっかりYMOとTM NETWORKに
ハマり、とりわけTMから抜けられず「お前はFANKSか!(世代的に違うと思いますが、彼らの
熱心なファンをこう呼ぶとか呼ばないとか)」っていう状態になっています。後は芋づる式に、
後輩のaccess、彼らと同時代のLUNA SEA(いまここ)とかいう興味関心でございます。
といいつつも、ずっとハマってきた90~00年代のバンド達の盛衰も気になるわけで、やっぱり
(相変わらず)節操がありません。まぁ、趣味嗜好に節操なんぞいらんと思っているのですが。
ん~、でも全体的に回帰・回顧気味ですよね。新しいものになかなか興味が出ないし、警戒する。


そんなわけで、驚くべきことに、私が初めて洋楽のCDを新品で買ったのは、
ジョン・フルシアンテの「ジ・エンピリアン」(2009年リリース、翌年購入)だったのです。
つまり2010年です。おそっ!しかもやっぱりレッチリ(にいた人)、なんという因果・・・
そしてここまで辿り着く道のりがあまりにも長っ!
そう、これだけ長い話になるのが確実だったので、お二方へのレスでは済ませられず、
わざわざ「記事書きます」って予告してきたんです。
rikoさん、マグかつさん、面白いネタ元を提供していただき、便乗もOKいただき
ありがとうございます♪
皆さんもふと、ご自分の音楽の(あるいは、他の趣味の)歴史をおさらいしてみると
意外な発見があって楽しいですよ。


ヤバいとかヤバくないとか言っていたおばあちゃんは、10月初頭の危機は持ち直したものの
先日、再びの「危機」宣言がきました。今度はいよいよ覚悟が必要なようです。
身内を亡くすのは初めてではないけれど、やはり慣れないし、死を待つだけのこんな期間は
まな板の上の魚の気持ちってやつですね。
心身かなりぐったり。でも人生には、無駄な体験も感情もないと信じて・・・。


FC2 Blog Ranking参加中。クリックで応援お願いします!

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

小説を書く日々

このところ更新が週1回程度にまで激減し、その理由を「ある理由で」とか
「ある事に集中しているので」とか、はぐらかしながら今日この時点まできました。

実際、腰をいためているのが全く治らず(6月から。しかも多分PCのしすぎ、自業自得)
そういう意味で多少、自重していたというのもあります。
一度小康状態になったのに、最近またひどくなってきたような?

しかしホントの理由は・・・まぁかなり恥ずかしいものですが・・・
齢30にして、小説を書き始めたのです。(正確にいうともう少し前からですが)
そして昨日、初めて書き上げた中長編小説を、とある出版社の文学賞に投稿したのです。
400字詰め原稿用紙100枚弱くらいの、恋愛・青春・音楽がぐちゃぐちゃに詰まった物語。
稚拙な出来だとは分かっていますが、とにかくアウトプットしないとどうにもなりません。
他にも、同社が開催している、10枚くらいの短編のコンテストや、
毎月開催されるエッセイや詩のコンテスト、
他にも5月末には随筆と詩と短歌を市の文学賞みたいなものへ、
6月に入ると、別の会社による短編のコンテスト、
そしてかなり前から続けているNHK短歌への応募・・・
と、まぁ、脈絡なく、数打ちゃ当たるじゃないですが、無理しない範囲で
コツコツと自分の作ったさまざまな形態の作品を応募する生活を続けています。
そういう中で、このblogも週2回・・・今では週1回・・・と、息抜きも兼ねて更新しています。

こんな段階では、まぁ当然かもわかりませんが、今のところ、全く芽は出ていません。
先日早速、市の文学賞の事務局さんから、不採用の通知が送られてきました。
市規模だし、賞金もないし、と舐めくさっていたら、現実は案外厳しかった模様。
ご丁寧に作品ひとつひとつにA4サイズの不採用通知送付してくれちゃうもんだから
受かったのかと勘違いしてしまったではないか!そこからのショックは案外大きく(笑)
短歌は本名が出てしまうので採用されても「コレ!コレ!」って言いずらいですが
投稿をはじめてから1年弱、そろそろイイコトあってもいいのになぁ・・・それにしたって
皆さんレベルがあまりにも高く、バベルの塔が眼前に聳えているような気分になってきます。
他にも、どこへ行っても高レベルの人がゾロゾロしているものです。
あまりにもシビアで、うなだれがちになりますが、それが現実のようです。

数年がかりでじっくり腰を据えて取り組むのはどうだろうなどと考えます。
一生懸命書いて、3~5年くらいで賞がもらえたらもうけもの。
ハードルが高いなら、それくらい気長にコツコツ、まずはとにかく「継続は力なり」から
歩き出してみて、書きたいものをどんどん書いて、だんだん作品のレベルを高めていけたら
いいななんて考えたり。
文章を書くのが昔から好きだから単純な趣味・楽しみとして始めてみた部分と、
社会不適合のダメ人間が有している唯一の取り柄で冴えない人生をひっくり返そうという
ギャンブルみたいな命がけみたいな無茶で必死な部分とが入り交じりながら。

現在、2作目の長編を予定の3/5くらいまで書いていますが
この程度の取り組みで腰を痛めて治らなくなるあたり、向いてないってサインか?!
昨年の今頃はこのblogで天下取ってみせようとか思ってたぐらいですし・・・
blogを一層がんばる、更に充実させる、という道も考えましたが、どうせ打ち込むなら
以前からやってみたかったことを正面からやってみようという方針へ変えました。
まぁ、あんまりハイスピードではりきりすぎると続きませんし、身体にも悪いし、
現時点では土台となる読書のほうも全然足りてないのを痛感しますし、
しばらくは、ゆっくりじっくりの時期になると思います。
腰も治さないとならないし(苦笑)、
自分には小説が合うのか、詩が合うのか、エッセイなのか、はたまた短歌が合うのか、
それとも今のようなブロガーが合うのか、よくわかってないところさえありますから・・・

小説や詩などの文芸作品(投稿済み含め)がある程度たまったら、blog化して発表するのも
いいかもしれないと思っています。
出版社に投稿する時は「燃える朝やけ」ではない名前を使っていますが、その辺はおいおい。
でもしばらくかかりそうです。今すぐやることではないですが、いつかやるかもしれません。
あくまでも「かも」ですが・・・


バンドで歌を歌っていた頃以来、今でも週に1度は一人カラオケに行って、好きな歌を
歌います。(サボっていた時期も、短期、長期、共にたくさんありますが。笑)
そしてそれを録画して、家に帰ってさっき撮影した自分の歌の動画を見直して、
ちょっとアップしてみよっかなぁと思ったりヘッタクソだなぁと呆れたりして。
今はそこまでで、具体的には何もしていませんが、そういう「表現活動」も
楽しいかもしれません。


この人生、楽しんで、思いっきり魂を燃やして、生きていきたいと思うのです。
そういう点で、こちらで知り合ったみなさんに、何かと触発されています。
小説なんか書いてみようなんて決心したのも、このような所で頑張っている人達を
目の当たりにしたから。
何が自分の心に火をつけるか、まったくわからないものですね。


夢を目指して激しく生きる人、
夢は特にないけど穏やかに満たされる人生を目指す人、
すべての人生に光あれ。


最後に、今後はもう少し訪問・コメントできるように頑張ります・・・・・・スミマセン。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

web拍手 by FC2

衝動で作ってしまったマイベストアルバム2013年6月末Version

あつい・・・あつくて体力や気力が奪われていく・・・
それなのに気になる話題をYoutubeや2ちゃんでチェックしっぱなしで夜更かし・・・
それで寝不足になって食欲が落ち、ますます弱っていく悪循環、ダメだ・・・・・・

「これはまずい」と思ったのか、暑さで頭をやられたのか、わかりませんが
以前(といっても最後に作ったのは2008年だから、今から5年も前)作ったように
というかいつぞや音楽雑記で書いていたように、「マイベストアルバム」を
とある週末、ババーッと作り上げてしまいました。
機材の操作ミスで一部、曲順が思ったようにいかなかったのですが、聴いてみると
ああこれもいいじゃんかということで。
2008年の頃は邦楽の比率が今よりずっと高く、そのせいか曲数が18曲もあったのに
今年は洋楽に大分かぶれており、その中の曲には5分を超えるものも多いために
収録曲は15曲に減りました。
79分収録のCD-Rに20分以上あるプログレ曲を入れようというのも無茶だから
諦めた曲も数々。っていうか、ライヴ盤とか、SE好きのバンドなんかの比率が上がったから
もう無理矢理、長いけどぶっこんだ曲も半分近くです。
お陰で今までのものより瞬発力に欠けるベストセレクションになっちゃったんですが
聴いてみると思いの外、ライトな感触の一枚に仕上がったのが不思議です。

今回の裏テーマは「悶々」で、何となく悶々とした情念や衝動が渦巻く曲を中心に選曲。
でも、好きな曲や好きなアーティストは、テーマ関係なく強引にぶちこんでいますが!
以下、曲目を。

1 Come Together(The Beatlesのカヴァー)/akiko
2 Salamander/ELLEGARDEN
3 Alright!/Superfly
4 Pill/BOOM BOOM SATELLITES
5 カザーナ/FLiP
6 Love Train/TMN
7 Mojo Pin/Jeff Buckley
8 Mary,Mary,So Contrary/CAN
9 Heart of the Sunrise/YES
10 Otherside/Red Hot Chili Peppers
11 Enfilade/At The Drive-In
12 Pinhead/Ramones
13 Glosoli/Sigur Ros
14 Aux detenteurs/ZAZ

Bonus track
15 Falling/John Frusciante



以上です。
自分の作るCDなのにボートラがあるのは、私のマイベストにはよくあることですw
本編の流れとは反れる(今回の場合、ハイな流れに反して哀しげなギターソロ)曲で
締めたい場合に使います。

これまでごちゃ混ぜだったのを、邦楽は邦楽、洋楽は洋楽と分割してみましたが
しっかしLove Trainの浮きっぷりといったら(苦笑)
朝ドラ「あまちゃん」のせいで自分のなかにYMOとTMNの軽いブームが来ているのです。
活動再開繋がりで、危うくシャ乱Qの曲がこの中に入ってくる可能性すらありました。
意外と色々聴いてます、人に言えないような珍味まで・・・あっ言っちゃってるし・・・・・・

邦楽の2~5まではとことんスピーディーで怒濤の展開です。
しかも邦楽の3/6(1,2,3)がオール英詞曲とかどんだけ・・・
7~8の流れがものっそい良いですよ。憂いでうまく繋がりました。9も案外うまく繋がった。
長尺(12分)の9を境に、6からの「憂い」モードを覆して、一気にイケイケモードに転じます。
その点で10は前半に入れるべきだったかもしれませんが、7、8があってこの上更に10まで
重なると、くどくなるので、バランスをみて分割することに。
11のイントロの長さは普通に収録してたら邪魔になるところですが、曲調がここからがらりと
変わるので、とてもしっくりくる、この曲にしか果たせないターニングポイントになりました。
「ライヴヴァージョンが好きorそれのみが存在」な13と14をあえてくっつけてエンドです。
ガバガバヘイとかアリガトー!!!なんかで突っ走って、彼岸の彼方に堕ちていくような曲で
終わるというひねくれぶり(笑)
今までは突っ走って突っ走ってそのまま終わるパターンが多かったので、このラストのお陰で
一筋縄ではいかない、またリピートしたくなる余韻が残る、いい渋味がアルバムに出ました。
全体を通して見ると、「憂い」曲以外がカラッとした曲ばかりですね。
ライトな感触を覚えるのは、これも大きな要因か。


こういうの作ると自分の変化がわかって面白いですよ。音楽の好みだけでなく、精神的な
モード(元気なときは元気な選曲になるし、傷ついてる時はそういう曲が増える)とか
作った当時の自分を取り囲む環境、人、世相・・・色々自然と思い出されたりするんですよね。
今回、5年ぶりにマイベストを作った感想は「うん、流石にちょっと大人になったよな」と
「根本は全然変わんねえw」の両方でした。どっちやねん!
うーんでも物凄く楽しかったです。作るのも、聴くのも。
皆さんもいかがですか?


PC(ノートPC。熱を逃がす目的でMDを2枚×四隅に置いてるんですが)があっちっちで
書いてる途中で画面を真っ黒にして止まってしまいました。
幸いにも自動保存してくれたので、記事は無事でしたが、危なかった・・・
あっちっちな夏、CDプレーヤーのキュルキュルも再び起こりだしてまたもスリリングな夏、
諸々に気をつけて楽しく過ごしましょう!
私はとにかく夏バテを治さなくちゃ。生活習慣の乱れが一番アカンですね。
しっかりします。


FC2 Blog Ranking参加中。クリックで応援お願いします!

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

I Get Up I Get Down~さよならスマホデビュー、また来たねガラケー節約生活~ +みんなでつくる音楽系新企画、構想中!

様々な情報を得て待ちかまえていたのに、1週間もしないうちに海の藻屑となりました。
3日天下となってしまったスマホデビューの夢。
いつしか、待望するようになっていた、スマホ・・・

「見積もりが出たら連絡する。多分1週間もかからない」とお店からは聞いていたのに、
今日の午後、電話があって、それは「修理が終わって携帯が店に戻ってきました」という
「オイ!」な報告でした。なんでも、修理は簡単な部品交換で済み、無料だったので
時間がある時に取りにきてくださいとのこと。

借り物の携帯も何となく落ち着かないので、その日のうちにお店へ行って、借りた携帯を返し
修理が済んだオリジナル携帯を手中に。
そして用はもう済んでしまい、店を後に・・・
って所で宣伝POPを目にします。「スマホにしたいけどお金がないあなたへ、今だけセール!」
とかなんとか。ちょっとしたお得なプランのお知らせなのでした。
後ろ髪をひかれ、未練がましくauのセール対象のスマホの機種を見たり、ソフトバンクの
ブースにあるスマホの書籍(スマホ・iPhoneに関する書籍が沢山置いてある販促コーナー)
をパラパラと読んでみたり。
何してるんだろうなと思いつつ、でもお金のめどがたたなかったのも事実だったので
やっと少しだけ安堵し、別の買い物をしに行くためにエスカレーターに乗って
取り戻したガラケー節約ライフと共に、新たな買い物に頭をすっかり切り換えたのでした。

その気だったら、携帯を修理した直後だろうと、「スマホに機種変を!」と言うこともできたはず。
でもそれをせずにいそいそとブースを出てきました。
なんだかんだで今しばらくは節約ライフ。
そして、折に触れちょくちょく勉強しておいて、今の携帯が本当に駄目になった時に
いざスマホデビューすればいいのです。とりあえずそういうことにしました。
だって巷にはスマホ派とガラケー派はまだ半々~2:1くらいなんだから。
何年も経ったら、スマホの機種や料金が今よりずっと下がっていたらいいのになあ、
地デジのテレビみたいに。それを心から祈ります。

ただ、blogでもそうですが、周りのかなりの人々に「スマホデビューの予感!」って
言いふらしてしまった
んですよね。たった数日で撤回なんて、かっこ悪っ(苦笑)
恥ずかしいけど、これまた周りの人々に折に触れ取材や観察を敢行し、いざ機会が来たら
すんなり乗り換えればいいんだもん!と開き直ろうと自分に言い聞かせている最中です。
あぁ、格好悪くて明日から人に会いたくないや(笑)

さぁて、またドヤ顔して「一生ガラケー宣言」の続きをしますか。
結局使われなかったポイント12,000円分。(新しい請求書が来て、増えた)
au携帯&PC・家電代に充てますか。それでも余るんですが。
前回の記事で致命的な誤りがあって、私の1ヶ月の携帯代金は僅か2,000円程度で、
PC代や家電代を入れた請求書の金額が7,000円前後、つまり「スマホ料金は今の料金の倍」
って言っていたのはその請求書の話で、正しい代金とスマホ料金を比較すると倍どころか
3倍、4倍・・・。これは簡単に「いいや!」って言える話じゃないですよね。
人によると、何やら色々隠れ代金節約テクがあるらしいんですけど、今の私にはちょっと
知識の容量オーバーでニンシキデキマセン。
I Get Up I Get Down(盛衰)、振り回されすぎでアップダウンの1週間弱。
Yes様(Notジーザス)、もう疲れたよ。
教会で天使に連れていかれるネロとパトラッシュみたいになって・・・いかんいかん!!


話はがらりと変わりまして、いまこのような企画がコメントスペースでもちあがっています。

「一度、燃え朝さん名義による投票制みたいな形で洋楽アーティストBest 3みたいな内容をブログ仲間さんより応募してみては如何でしょうか?」
「あと、『年代別の好きな洋楽アーティストを3組投票を求む』みたいな限定条件付きなんかも非常に面白いと思います。
もしかしたら、NHKの『日本人が好きな洋楽アーティスト50』を超えるかもしれない…」

という、マグかつさんからの企画提案です。
さて、これをどうやって実行に移すか?それが問題です。

①全年代総合して自分が好きなベスト3のみを投票してもらう

②~60年代:
  70年代:
  80年代:
  90年代:
  00年代:
  10年代:
というように、年代別に分けて投票してもらう
(分からない・特にない年代は書かなくてよい)

この①②どちらかでいきたいんですが、皆さんならどちらを考えてみたいですか?
あと、邦楽のベスト3(これは年代を分けずにベスト3)も聞いてみたいんですがいかがですか?
ご意見はこの記事か、コメントスペースhttp://northernim.blog.fc2.com/blog-entry-204.htmlにどしどしお寄せください。ご協力お願いします!

一応、企画案の〆切は4月いっぱいとしまして、ご意見が私以外2人以上集まれば企画実施、
集まらなかったら残念ながら没とします。もしくは私が勝手に決めます。(これだと投票が
集まらない可能性が高いので、なるべく他の方の意見を聞いて実施したいのですが・・・)
折角興味深い提案を頂いたので、出来る限り実現できたら・・・と考えています。
何卒宜しくお願い申し上げます。


FC2 Blog Ranking参加中。クリックで応援お願いします!

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

web拍手 by FC2

Close To The Edge~ガラケーの節約ライフは幕を閉じるのか!?スマホデビューと節約ライフ、選択の時~

半年くらい前から、自宅で、携帯電話にかかってきた電話を受けていると
普通に喋っているのに「風邪引いてる?」「聞き取りづらい」と言われたりして
何か変だなと思うも、「ケータイ」だしこんなもんなのかなぐらいに思っていました。
しかし、よく「DoCoMoやソフトバンクに比べてauは電波がいい」と聞くし、外でその恩恵に
あずかることもたびたびだったので、気付かない内に段々と広がる「あれ?」。

それがこのところ、電話の役割を果たさないほどに悪化してきました。
「すみません、お電話が遠いようですが・・・」「もう一度お願いします」をやたらと
繰り返されたり、先日はこちらの返事が聞こえないのをいいことに一方的にごまかして
喋り始めたり(セールスの電話だったので、ごまかすという誠意のない態度に腹が立って
話の途中でブツッと電話切ってやった)、使い物にならない有様に!
相手の話ははっきりと聞こえるのですが、こっちの声がまるで聞こえないようで。

一応、家電もあるのですが、親と親戚にしか番号を教えておらず、親や親戚用+こちらから
かけるとき用と決めています。(色々めんどくさいから)
ただ、数多の場面で連絡先を求められる場合、携帯の番号しか書いていないのが大半で、
実質、電話を受けられない状態。インフラ崩壊、かなりヤバい事態です。
そろそろ明日にでもauショップに相談行かなくちゃ・・・と考え出したのが昨日。

以前この件で、親戚に「部屋に盗聴器仕掛けられてるんじゃないの?」と言われたことで
どちらかというとそっちの方が心配で、電話の故障か部屋の「異常」かを確かめたいという
狙いもありました。でもいつ誰がどうやって?
そんな今日の昼、屋内(1F)で電話を受けて応対すると聞き取れないと言われ、外に出ると
問題なく聞き取れるという事件が起こったため、一概に部屋のせいとも言い切れないと考える
根拠ができました。そうして思い出せば、屋内や地下の電話、最近随分通じにくいような。


そしてやっと決心して、今日、家電量販店にあるauのブースに行ってきました。
そこらじゅうに並ぶスマホ、iPhone5、スマホ、スマホ、タブレット・・・何それ??
時代から取り残されているという疎外感から、日頃携帯類のブースの側を通った時によく、
何となくスマホやiPhoneの操作画面をいじり、メール文字入力を試してイライラしたり
他のアプリを開いて「何だこりゃあ」とのけぞってみたりしていたのですが、
今日はいつもより、文字入力ができる。もしかしてスマホも慣れられる・・・?
微かに開いた可能性の扉、そうなると蠢いてしまう好奇心という性。

しかしいかんせん高い。本体では安いものもあるけれど毎月の負担や通話料が今の倍に。
「嫌い」と言って文明に中指を立ててきたのが少し丸くなった所に、今度は経済的問題が
のしかかり・・・でも、携帯を新しく買っても本体料金は似たようなものだし、新しい買い物が
「携帯」ってちょっとがっかりしてしまうかも・・・私が行ったauショップではもう、たったの
3機種しか取り扱ってませんでした。中古の携帯ショップなんかもあるけれど、何か心配だし。
そう言っておいて自分の前の携帯は、中古に二束三文で売ったのですが。

とにかく修理の相談をしにカウンターへ。
店員さんの事情聴取をうけ、話すのですが、「いつから」がイマイチはっきりしないし
普通に受信できるときもあるし、もしかして部屋にある盗聴器のせいかもしれないし。
煮え切らない態度で必死に話しますが、店員さんが苛ついているのが分かるし、
これから何がどうなるのかわからないしで、殆ど泣きそうになりながら聴取に協力。
店員さんが簡単に見てみた結果、多分携帯側に故障があるのでは?と。
思い返せばこのところしょっちゅう、携帯を床にバターンと落としてしまっていました。
そういう「うっかり」の積み重ねも良くなかったらしいです。
「修理に出すか、それとも、新しい携帯(=実質スマホ)に機種変更するか?」
大きな命題をつきつけられたまま、代わりの携帯を貸してもらって帰路につきました。
とりあえず携帯はショップを通して修理の業者にいき、そこで見積もりを出してもらい、
金額等次第で判断しようということで。
♪白と黒で答えろという 難題を突きつけられ~
今なら少~し分かります、ミスチルが表現しようとした五輪アスリート達の苦しみ。


スマホを持つことが結構現実的になってきた今、興味本位で録画しておいてよかった。
Eテレの、堀内孝雄さんと堀ちえみさんが講師の大学教授さんにスマホやタブレットを
教えてもらうという番組の録画が丁度2本溜まっていたので、この機会に視聴。
スマホやタブレットで何ができるの?という1回目、メールを打ってみようという2回目。
2回目では文字入力の裏技(長押しで花びらのように文字選択画面が広がる
が登場、これなら私でも文字入力できるかも?!また可能性が広がります。

さて、今度は「我が家に異常があるのか疑惑」を確認しなければ。
借りてきた携帯で実家に電話をかけます。普段は、割高なので家電でかけるのですが
今回は実験。この通話でも「よく聞こえない」と言われたら、それが意味するものは・・・
恐怖との闘いですが、セーフ。原因はやはり修理に出している携帯にあるようです。
先程の番組を観ていたという母は堀内孝雄さんや堀ちえみさんと同世代ですが、スマホなんて
持ってないんだそうです。携帯でいっぱいいっぱい。というか、スタート地点のお二人だって
似たようなこと仰っていたんですけどね。シニア層に近づくほど個人差が大きくなるなあ。
お金がかかることを悩んでいる子どもに向けて、母親は「スマホにしちゃえば?」と言います。
今時の若い子はみんな使っているみたいだから、修理しないで買い換えれば?と。
簡単に言ってくれるんだから、生活に関わることを・・・・・・うちの母はいつもこんな調子です。

しかしそれで少しまた考え直します。今の携帯代は4~5000円前後で、スマホにすると大体
倍くらいになるという試算をされたことがありました。そうすると4~5000円の増額。
これを多いとみるか、季節によってガスが値上がりするように、仕方ないとみるか?
「4~5000円くらいの増額で、もう殆どの人がスマホに変えてて、ネットとか色々やり放題の
パックに入ることになるらしくて、他にも色々出来るんだったら・・・」
何だか、考えるのにもう疲れてしまい、「4~5000円くらいいいや」となって投げやりです。
ああ忘れてた、機種そのものの代金の支払いもあるんでした。そしたらもっと増額してしまう。

部屋の奥に携帯のパンフがあったので見ると、「このカタログは2008年8月現在のものです。
と書いてありました。これには独り思わず爆笑。2008年?!もう6年近くも今の携帯を
使っているという衝撃の事実です。
まだ、携帯を買うのに携帯本体の代金を支払わなくて良かった頃だったと記憶しています。
しかも、色々な機能があるのに、メールとアラームと電話帳、そしてたまに電話や電卓しか
使いこなしていないのです。おサイフケータイも登録したのに全然使っていないのです。
音楽も聴けるしワンセグも観られるというのに、このザマです。めんどくさいのと、お金が
かかると困るから(電気代含む)質素に暮らしているのです。宝の持ち腐れともいいますね。


いま、auのポイントが10000円分くらいあって、それは修理にも機種変更にも充てられます。
修理の代金がポイント未満~倍額だったら修理して、それを超えるようだったらスマホへ?
倍額でも高い?とにかく修理?寧ろ時勢に乗ってとにかくスマホデビュー??
見積もりの返事は「1週間もかからない」といいます。急務です。早く決めないといけません。
後悔はしたくないけれど、どちらにもリスクは付きまといます。さぁ、どうしよう!?
まさにClose To The Edge(危機)、崖っぷちです。だけどBGMはラモーンズだったという・・・
Yes様(Notジーザス)、マジでどうしたらいいのでしょうか。悩みすぎて脱退しそうです。
♪ケータイ(スマホ)なんか~ごめんだ~ ケータイ(スマホ)なんか~Cry Cry Cry~
すみません、悩みすぎて何かトんでます。

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

web拍手 by FC2

NHK「洋楽倶楽部」〔日本人の愛する洋楽アーティストベスト50〕に投票してみたら、60s70s専門のプログレッシャーになってしまった

記念すべき記事番号200番目の記事です(実際の総記事数はもう少し少ないが、なあなあで)。
相互リンクをさせていただいているrikoさんの、Yahoo!でやってらっしゃるblog
Another Moment Follows」にて興味深い企画を発見、
rikoさんは、ブログ友達のマグかつさんという方に教えてもらったのだそう。
「おお!」早速自分でも挑戦してみることに・・・でもこれ、明らかに難しそうだけど?

rikoさんの所にあった概要を拝借させていただきました。

NHK洋楽倶楽部がWebサイトにて『日本人が本当に好きな洋楽アーティスト50』と
題したアンケート調査を行っているとのこと

NHK BSプレミアムで3月26日(後11:45)に放送予定。

アンケートは誰でも参加出来ますし、簡単です。

自分の好きな洋楽アーティストを選択肢の中から10組選び、投票ボタンを押すだけ。

投票はこちらから↓
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/artist50/index.html

ちなみにこのアンケートの中間結果が発表されていて、
現在の1位はクイーン、2位はザ・ビートルズ、3位はマイケル・ジャクソン、4位はカーペンターズ、5位はサイモン & ガーファンクル だそうです。


NHKの「洋楽倶楽部」投票HPも↓に一応改めて、リンクも張ってご紹介。
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/artist50/index.html
NHK「洋楽倶楽部」〔日本人の愛する洋楽アーティストベスト50〕

で、まずとりあえず、何も考えずに思いつくまま、好きなアーティストを
羅列してみたのがこちら。数が多すぎるとか、放送するわけないとか何も気にしないで。

The Beatles
George Harrison
The Rolling Stones
Yes
Led Zeppelin
Ramones
Red Hot Chili Peppers
John Frusciante
The Mars Volta
At The Drive-In
Sigur Ros
The Smashing Pumpkins
James Iha
The Music
Rage Against The Machine
Jeff Buckley
Frank Zappa
Can
Alanis Morisette
Bjork
Garbage
Sheryl Crow
Emerson,Lake & Palmer
King Crimson

以前から見ていただいている方ならおわかりのように、好きなバンドはギタリストのソロも
好きになる傾向がありまして、3バンドほどランクインしております。
本当はOmar Rodriguez Lopezとかも入れたかったけど、流石に自粛しました(笑)
まだblog記事にはしていないアーティスト・バンドも多く書いてありますが
そのうち記事になる可能性がある人達です。
70年代と90年代が多め、特に90年代がどたっぷりで、その前後の関連バンド・ユニットにも
興味がありますっていうセレクト。
最後の2つなんか最たるものですが「まだ勉強中だけど、知るほど好きになっていく
気がするからもっと知りたくて」期待票として投じたもの、後は大学時代によく聴いたものへ
思い出補正で投じたものなどもあります。

しかし、投票しようとして該当リンクをいざクリックしたら、やはりつまづいた・・・
・日本で単独コンサート(フェスはダメ)を行っているのが条件
・90年代00年代~がえらい少ない

これら、とりわけ前者ではじかれるはじかれる。
だってまさかラモーンズが、ザッパが、レイジがないなんて嘘でしょ!?
選択肢にないアーティストも自由記述欄に書いていい」って書いてあったけど
それってどこ??2つの質問に対する回答欄の自由記述欄しかないけど、これのこと?
もしそうなら、自分リストに挙げたアーティストを
めっちゃめちゃ書きまくればよかったのかも・・・・・・もはやテロだが(苦笑)
その代わり(?)、George Harrisonがあったのは嬉しい誤算だったなぁ・・・

そんな中で選択肢にチェックした10アーティストは以下のとおり。
最初のリストになくて、選択肢にあったもので思いついて投票したものもあり。

The Beatles
George Harrison
The Rolling Stones
Yes
Led Zeppelin
Red Hot Chili Peppers
Emerson,Lake & Palmer
King Crimson
Bjork
New Older
(リストを見て思いついた)
Norah Jones,Radioheadもリストを見て考えたが、投票しなかった。
微妙にあれとあれの代わりに入れればよかったと後悔しているのは秘密)

えーと・・・回答だけ見た人、私のこと絶対、上の年代だと勘違いするんだろうな(笑)
60年代70年代中心のリスナーで、更にプログレマニアなんだと思うんでしょうねぇ。
ペンネームもここでの名前と同じ「燃える朝やけ」にしてきたから・・・
60年代70年代が実に7曲ですもん。そしてそのうちプログレバンドが3つ、って・・・
ノラ・ジョーンズやレディヘなどの「次点」アーティストを入れていたら全く印象が
変わっていそうです。ま、これはこれで。

設問には「コンサートに行ってみたいアーティスト」「コンサートに行って、良かった
アーティスト」
を自由記述で聞いていました。番組でコンサート特集やるんでしょうね。
いいなぁ観たいなぁ。
・・・そう、我が家、BSないんですよね。なのに投票に行ってしまう、と(苦笑)
洋楽アーティストのコンサートの経験は残念ながらまだないので、
行ってみたいアーティストについて、回答欄にて必要以上に熱く語っちゃいました。
次回の音楽レビューはその人が主人公の予定。

中間結果と一致してるのはビートルズだけだなぁ・・・
ビートルズ、ストーンズ、Zep、レッチリ、あとはプログレ2つ3つくらいは
きっと番組でも取りあげられるだろうと思うけど。
今レッチリって書いてて、放映されるのは高い確率で「ジョンのいるレッチリ」
なんだろうなぁと想像したら涙がおちそうに・・・ならないならない・・・ううう・・・
やっぱりフルシアンテ先生はストラト持って暴れてる姿が好きなんだぜ!
あとは、邦楽アーティストでランキングをやってみてもちょっと面白そうだと
思ったのだけど、基準作りが大変ですかねぇ?
この企画のインスパイア源になってくださった
rikoさん、マグかつさん、ありがとうございます!!!
3月10日23時59分が締め切りなのでまだまだ間に合うし、10バンドなくても大丈夫なので
あなたも気軽に票を投じてみては?
さて、あなたの回答はいかに??

雑記の最後にまたいつものようにアクセス解析などのご報告です。
おかげさまで今月も2,500アクセスは突破。ありがたいのでございます。
そして、今日のランクがこれまたいい感じ!

燃える朝やけさんのランキング
音楽 475位 (昨日:854位) / 29654人中
その他 35位 (昨日:70位) / 3064人中
更新日時:2013/02/26 09:00


カテゴリ別のランキングでは20位か25位以内でトップページに表示されるので
サブカテゴリでのトップページ表示を目指したい所ですが、なかなか難しい。
でも、最近はもっと調子が悪かったので、盛り返してともかく安堵です。
来月もどうぞよろしく!!!


このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

一生ガラケー宣言(?)~余所様に血迷ってコメントした、頑固者ならではのケータイ節約術?

常連さんはご存じかと思われますが、私のコメレスや
余所様でのコメントは、記事同様にバカみたいに長くてうるさく、
気がつけば「自分のblogでやれよ!」的な、ひとつ記事が書けちゃったぐらいの
ボリューム(と時にヤマ・オチ)のある「エッセイ」を書いちゃったりします。
スピーチや感想を口頭で求められた時なんかにも、こうした傾向は強く
かっこつけていいこと書こうと・喋ろうとするほど長々とし、「なげぇ」という
聴衆の顔がぼちぼち見えちゃって、これは書いてる分にもそうだろうと想像して
毎回自己嫌悪なのですが・・・

そんななかでまたもやらかしてしまいました。
相互リンクさせていただいている呑まれてる蔵さんの「オレ様的!ロックの殿堂
というウルトラサイケな音楽blogさんにでてきたiPhoneに関する雑記にて
「記事」を書いてしまいました。
読み返すと、こりゃ他の方々にも突っ込み所多々なのではないかと思い立ち
ほっとくのも何だし、本当に記事にしちゃおうと、自分のコメントをコピペして
持って参りました。
題して「一生ガラケー宣言(?)」

一生ガラケー宣言(?)

どうもこんばんは。毎日お疲れ様です。

iPhone、スマホ、いいですね。
街ゆく人々、とくに若い世代はみんなスマホですね。
かくいう私はガラケー。今のが壊れたら別だけれど、とりたてて
壊れないうえに、長く同じ機種を使っているのでご褒美にauから
電池パック贈られてしまいまして(しかも2個め)、
電池切れが多いのも電池交換で解消してしまいました。
ケータイは少しの電話とメールをするもの、ネットはほぼ全てPC。
しかもケータイと同じくauの会社。
これで他の人のケータイ単体の料金並みでケータイ&PC料金を
まかなっています。だからやめられない・・・!

iPhoneもスマホもキー操作がやりづらくて性に合わなくて。
お店のお試し機器を使ってみましたが、打ちながらイライラして
能率が悪いし、余りケータイで色々な事をやりたいと思わないし。
でも周りの半分以上がスマホなのを見てると少し焦って・・・
複雑ですが、当分今のガラケーを愛しぬこうと決めています。
なぜなら、私はアイツと誓い合ったから・・・!

・・・でもケース選ぶ楽しみもあるようで、それはちょっと羨ましい。
紹介されてるケースいいですね。あぁ、悩ましいけれど浮気しない!



「勝手にしろよ」と言いたくなるようなお話ですが。
説明すると、呑まれてる蔵さんがiPhone5を導入したアナタコナタを記事にされていて
そこにamazonでゲットした「スマホケース」のお話なんかもあるのですが、
友人知人の機器をいじったり店頭でいじったりしたところでiPhoneやスマホに馴染めず
長年お世話になっている(ケータイを初めて買って以来、ずっと同じ会社だったりする)
auさんから、割と長く使っている現在のケータイのお礼として電池パックなんてもらい
ネットは電話でしない主義も手伝って、普通の人のケータイ代くらいの代金で
ケータイ&PCの料金をまかなえている
現状から、ガラケーを脱出する意欲が湧かず
しかしながら店頭や周囲を見ていて無意味な焦りも日々ある、という厄介な私が
軽い焦燥感を覚えながら強がりを書き走ったコメントでありました。
アイツって誰だよ!「誓い合う」とか、M-1の2006年チュートリアル級の擬人化キモッ!

さて、未来のお話。
現在のケータイが壊れた際には流石にスマホにチェンジかなぁと思うのですが
周囲も風潮もへったくれもない、とガラケーに「買い換えた」たっつんFさんという
猛者もいらっしゃるということで、そのような「成功例」を聞くと決心が鈍ります。
幸いauには現在、ガラケーと同様に操作できる機種が2つくらいあるので
替えるとしたら絶対にそれ!高くついてもそれ以外無理!
文章(メール)書くか電話するかが役割のケータイで、文章を書くことには人一倍の
こだわりを持つ私が、文字を打つのにまごまごするなんて信条に反する!本末転倒!
「慣れる」ともよく言うし、こういうことばかり言っているからどんどん時代に
取り残され、ついでに頑固者がますます進んでいくのでしょうが、
ケータイで電話とメール以外のことをする興味がまったくないのだから
どうしようもないのです。
何より、節約しなくては食うに食われない生活なんだから・・・

因みに、同じケータイというか同じ会社をずっと利用しているということで
ご褒美のポイントが一万円分くらいありまして、買い換え時に使うか、
日々の支払いに充てるか、ショッピングモールで何か買うか懸賞に応募するかという
楽しい悩みを享受しているのも、節約+従順主義の恩恵でしょうね。
なにげに家族もみーんな、一人残らずずっとauユーザーですからね。あっ親戚もか!

節約生活といううえでは、私のプラン「ネットはケータイでしない、家PC主義、
音楽もケータイで聴かない、家帰ってから聴く、ましてゲームやその他アプリなんて
ケータイでするわけがない、暇つぶしなら鞄に常備している本を読む」は
時代に取り残されてもいいからどーーーしても節約したい!という人には
寧ろオススメなのかもしれません。
参考になる点があるかたはどんどんパクっていってください。


もうアホかと、バカかと、思われる私の頑固者丸出しのケータイライフ。
あ、わたくしauの回し者ではございません、ゴーリキーとかの仲間でも一切ないです。
記事を書く際に初めて知って驚いたのですが、FC2の記事ジャンルに「携帯電話・PHS」
なんて項目まであるんですね。
おトクかハイテクか。信条か時代への順応か。それが難しい頑固者なのでした。
・・・・・・名前、「燃える朝やけ」から「頑固者」にしちゃおっかな??


最後に、先月のアクセス数が3000超えということでこれまでの記録を更新です。
blogをはじめて以来の総アクセス数は1万5千か2万くらいでしょう、推測ですが。
はじめからカウンターつけておかなかったので、もうつけても無駄かと。
あと、つけると更新を焦りそうで・・・(そういう懸念から当初、つけなくて
いま後悔している私がいますが、やっぱ焦りながら更新するのはよくないし
アクセス解析でもリザルトはある程度わかるので)
改めて皆様に心よりお礼を申し上げます。

テーマ:携帯節約 - ジャンル:携帯電話・PHS

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。