2017-08

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ざっくり映画ライフ:その14 夢を諦めないオヤジたちの挽歌(レスラー、アンヴィル!夢を諦めきれない男たち、ロッキー・ザ・ファイナル)

音楽レビューラッシュをしている間に映画ネタが溜まりに溜まってしまったので、
もうしばらく映画ライフのラッシュ、いきます。
今回は夢の終わりや現実の厳しさに直面する、諦められないオヤジたちのブルースを。


レスラー

レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/15)
ミッキー・ローク、マリサ・トメイ 他

商品詳細を見る

俳優としてのキャリアを積んだ後、90年代にはボクサーに転身、ボクサー引退後に
俳優業を復活させた異色の俳優、ミッキー・ロークが、レスラー役に体当たりで挑んだ。

ロングヘアの金髪がトレードマークのランディはレスラー。特に80年代はスター選手だった。
それから20年以上、レスラーを続けているが、今や収入は細々としたもので、スーパーで
アルバイトをしながら週末に試合をする程度。家賃を払えず車で寝泊まりする日もある。
ストリッパーのキャシディに想いを寄せ、クラブに通う日々。彼女ももう若くはない。
ある日、ランディは心臓発作を起こして倒れ、心臓バイパス手術を受ける。医師からは
「レスリングはもう無理」と宣告される。実際、僅かな運動にも耐えられなくなる。
レスラーを引退することにしたランディは、これまでないがしろにしてきた一人娘・
ステファニーとの関係を修復して新しい人生を始めようとしたり、
「ストリッパーと客」の関係を超えてキャシディと本格的な恋愛をしようと試みたり。
収入が減る分、スーパーで働く時間を増やし、客の前での仕事も引き受けてみる。
しかし、セックス&ドラッグのルーズな悪癖を改められなかったり、
キャシディの方では、子持ちであることを気にして、想いに素直になれなかったり。
スーパーの仕事もやめてしまう。不器用にしか生きられないランディ(とキャシディ)。
ステファニーから絶縁を告げられ、失うものはもう何もないと覚悟を決めたランディは
大きな賭けに出る。それは、往年のライバルとの20周年記念試合への出場だった・・・

ミッキー・ローク自身のキャリアの浮き沈みをそのまま反映させたかのような物語は
大ヒットと高い評価をほしいままにした。しかし、彼のキャリアについては
私は世代からいってまるで知る由もなく、ここに共感どうこうというのは難しい。
私が息をのんだのは、レスラーたちの裏側が容赦なく描かれているところ。
敵味方というより、レスラー全体が一種の運命共同体のように見える。八百長という
印象もあるが、互いが互いを思いやって根回しする「優しさ」は嫌いじゃない。
但しボクサーだったロークは当初「プロレスは振り付けでしかない」と考えていて
レスラーを尊敬できず、考えが変わるのは撮影が進んでいくうちだったそうだが。
ステファニーと約束をしていた肝心な日を前に、その場の勢いで薬とセックスに走り
そのまま眠りについて起きられなかったり、スーパーでの人前の仕事で正体がばれて
動揺し手を怪我して、大暴れして「こんな仕事やめてやる!」と息巻いたりする姿に
「ああぁ・・・」と思わず頭を抱えたくなる。
でも現実の芸能人やスポーツ選手もこんな風に、一般人が当たり前に出来る事や
知っている事が、出来なかったり知らなかったりするエピソード、よく聞くかも。

最後、試合に出て行くランディ。やっと気持ちが通じかけたキャシディに向かって
「俺の居場所はここしかないんだ」と言い放ち、飛び出していく。
心臓が悲鳴をあげるなか、必殺技「ラム・ジャム」を喰らわす所で話は途切れる。
何とも言えない余韻が残り、エンドロールのブルース・スプリングスティーンの
哀愁と年輪を感じさせる主題歌がいつまでも胸に鳴り響く。



アンヴィル!夢を諦めきれない男たち

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
(2010/04/14)
アンヴィル

商品詳細を見る

とにかく滅茶苦茶話題になっていて、「そんなに面白いなら、試しに見るか」と
何ともなしにレンタルしてみた作品。しかしこれが思った以上に面白いのだ!

80年代初頭に人気を誇ったカナダのへヴィメタル・バンド「アンヴィル」。
84年にはボン・ジョビ、ホワイトスネイク、スコーピオンズなどと並んで
日本の「スーパー・ロック・フェスティバル」に招待され、大観衆の前で演奏した。
しかし、人気は長く続かず、いつしか彼らは忘れ去られていった。
それから20年あまりが経ち、アンヴィルは一応ずっと活動を続けているのだが、
ヴォーカル兼リードギターでリーダーのスティーヴ・"リップス"・クドロー
ドラムでリップスの幼なじみのロブ・ライナーしかオリジナルメンバーはおらず
給食配給センターでの勤務や建設作業などで生計を立て、細々と活動するに留まる。
ヨーロッパツアーの話が舞い込み、再起を夢見るメンバーは各国を転々とするが
顔を忘れられていたり、ギャラをもらいそびれたり、電車に乗り遅れたり、もうハチャメチャ。
そこで、かつてのデビューアルバムのプロデューサーにニューアルバムの録音を頼む。
リップスは家族から借金までしてイギリスへ渡った。しかし、リップスの我が儘に
普段温厚なロブがキレてブースを出ていってしまうなど、喧嘩ばかりのレコーディング。
何とか音源が完成し、ラジオ局やレコード会社に売り込むも、どこも見向きもせず。
そんなとき、日本のプロモーターから連絡が入り、2万人収容の幕張メッセで開催される
「LOUD PARK 06」コンサートへの出演を依頼される。
といっても、3日間に及ぶフェスティバルの最初の演奏者で、しかも午前中の演奏。
またも失敗と挫折が増えるだけかと思いきや、遂に奇跡が起きる!!!

この映画はドキュメンタリー。アンヴィルのファンで付き人も経験している監督が
スティーブン・スピルバーグの『ターミナル』の脚本を書いたお金で、アンヴィルの
映画を作ろうと思い立ち、リップスとロブを中心に2年間もバンドに密着してできた。
まずここにひとつめの奇跡があった。
細々とした活動しかしていなかったアンヴィルにヨーロッパツアーの話が出たことも
結果はともかく、ふたつめの奇跡といってよいだろう。
デビューアルバムのプロデューサーが、インディーズ状態のアンヴィルのプロデュースを
引き受けてくれたのがみっつめの奇跡(頼んだのはアンヴィルの勇気)。
そしてよっつめの奇跡が「LOUD PARK 06」に呼んだ日本のプロモーターで、
最後の奇跡はなんといっても観客。まさか、あの日程のあの時間帯に、今や無名のバンドに
熱狂的なファンで会場がいっぱいになっているなんて!

「レスラー」のロックバンド版ともいえるような、シビアな現実の積み重ねが苦々しく
積み重なる映画でもあるが、こちらは最後に劇的なハッピーエンドで幕を閉じる。
結局のところ、皆がアンヴィルを忘れていなかった、ということなんだろう。
皆が心のどこかでアンヴィルを覚えていて、彼らの再起を密かに願っていたんだろう。
現実にアンヴィルの音楽はまた売れるようになり、音楽で生計が立つようにもなった。
彼らの努力や粘り強さがあってこそだが、ファンはそうそう忘れやしないのである。



ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]
(2007/10/05)
シルベスター・スタローン

商品詳細を見る

最近出たパッケージだと写真が違う。

ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]
(2012/10/12)
シルベスター・スタローン、バート・ヤング 他

商品詳細を見る

blogを始めたばかりの頃、ロッキーシリーズの一連の感想としてはとりあげているが、
単品では書いていないのと、他の5作とは若干、趣を異にしているため、
改めてこの機会に紹介してみる。

燻っていたのが一転、アポロとの試合でシンデレラボーイになったあの物語は
もうはるか昔。ロッキーも、周りの人間達も、皆それぞれに年老いた。
最愛の妻・エイドリアンは、3年前に癌で亡くなってしまった。
ロッキーは持ち前の軽妙なトークで現役時代の思い出話を振る舞いながら、
地元で小規模なレストランを経営し、一見平穏に楽しく暮らすも、
3年前のエイドリアンの死から立ち直れず、空虚さを抱え続けていた。
更に、息子のロバートは「偉大な父・ロッキー」の存在にプレッシャーを感じ、
ロッキーと疎遠になり、エイドリアンの葬儀にも顔を出さない。
普通のサラリーマンを選んだが、いつも父と比較され、からかわれてしまう。
エイドリアンもいない、ロバートも疎遠。孤独を抱えながら生きるロッキー。
そこに、ひょんなことから、現代の「強すぎてつまらない」ボクサー、
メイソン・ディクソンとの対戦が持ち上がり、ロッキーは再び闘いに挑むことに。
老いてなお闘争心を失わず、言葉通り諦めない父を見て、ロバートは心を動かされ、
居心地が悪いだけの今の仕事をやめ、ロッキーのサポート役にまわる。
いざ試合。おおかたの予想はディクソンの圧勝だが、ロッキーが粘り、
闘いは(いつものごとく)最終ラウンドまでもつれる。
ふたりとも満身創痍で、一歩も譲らない、諦めない。そして試合終了のゴングが鳴った。
2-1でディクソンの判定勝ち。二人は互いの健闘を讃え合う。
そして、ロッキーは「エイドリアーン!」の代わりに、墓前にそっと報告へ訪れる・・・

前ふたつに比べて、ロッキーは圧倒的な成功者なうえに絶望的に失った状態にないので
このように並べると、悲壮感や説得力に欠けるかもしれない(笑)
しかし、6作全部コンプリートした者としては、エイドリアンの死を引きずったままで
さめざめと泣き出してしまうロッキーの姿を見ているだけでこたえるものがある。
そしてジョブのようにきいてくるのが息子との不和。「自分が偉大だから」が
息子にはプレッシャーになってしまう。「あきらめないでしぶとく頑張れ」という信念は
何をしても「ロッキーの子」として以外見られない、評価されないロバートにとっては
無意味を通り越して、この上なく耳障りなものとなっている。
なんともやりきれないが、このような「親子でも、わかりあえない」関係はよくある、
「レスラー」なんかもっと顕著な例。あれは父親がダメパパなのだが・・・
因みに、「強すぎてつまらないボクサー」ディクソンって、00年代フェラーリにおける
F1ドライバー、ミハエル・シューマッハーがモデル?06年公開だし、ちょっとあり得る気も。

はっきり言って試合よりも、ロバートとの「冷戦」の方が解決困難なように感じられた。
けれどロバートは、現役時代のロッキーを全力で応援する「大ファン」な子どもだった。
だからこそ、ロバートの心にロッキーへの敬愛は残り、そして親子の絆が蘇ったのだろう。
ロッキーは、試合だけでなく、親子の絆の修復もあきらめないで辛抱強く臨んだ。
華麗な復活劇はもちろん、このような人間ドラマも、本作の大事なみどころだと思う。



結果がどちらに出るかはわからないし、いっそどうでもいい、
どうしても諦めたくない、諦められない、男たち。
現実はよく知っているけれど、これでもかこれでもかと、更に前に蹴り出す。
その先にもっと目を覆いたくなるような真実が待っていたとしても。
もう若くない、気合いでは乗り越えられない。でも、信念が彼らを突き動かす。
そして、その奮闘を誰かが見ていて、そっと手を差し伸べることだってある・・・
「諦め(られ)ない力」ってあるんじゃないかと感じる、3人の男たちの映画でした。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

ロッキー「どうせまたテンプレ通りの展開だと分かっているのに、魂に火がついたり、目から液体が出てきたりする不思議」

人と人とが殴り合ったり、血が出たりするような映画は、本来苦手で、
ホラーものとか今でも観られません(怖いからより、グロいから)。
でもブルース・リーの「燃えよドラゴン」を観て変わったんでしょう。
そんでジャッキー・チェンの「酔拳」も観て。
最近だったら「タキシード」や「ラッシュアワー3」もTVで観たし。
ブルース・リーが、好きな漫画キャラのモデルになっていたからという
大変不純な動機(南国少年パプワくんのアラシヤマの師匠)からですが
ほんのちょっとしたきっかけで、好き嫌いが変わったり治ったり
するものなのだと気づかされる、大きなきっかけになりました。

私は「ロッキー」直撃世代ではなく、「ファイナル」が話題になっていて
気になり出したのですが、シリーズものだというので、どうせなら
最初から最後までを観たいと思い、しばし「興味」止まりでした。
そんなとき優しいTV局(テレビ東京)が、半年くらいかけて
ロッキーシリーズを全編放送してくれたので、
毎回毎回「キターーー!」と歓喜の雄叫びをあげんばかりで
予約操作をしたものです。
裏番組の「世界ふれあい街歩き」との被りに、涙目になりながら・・・。


ロッキーのテーマ」は、「天空の城ラピュタ」の「君をのせて」級に
涙腺警報が鳴る、私にとって大変危険地帯にある曲です。
ロッキー走る、ムッキムキにトレーニング、上り坂の頂上で歓喜の拳。
「ロッキー」ブレイク以後、ありとあらゆるところで
このあたりの場面のパロディやオマージュがありますね。
画だけ観てると最後は「頭イカれたんか?」と感じなくもないけど
あの曲あの場面のたびに涙が溢れそうになる、そして自分もがんばろうと
いう気になる(けど大概、その後は特に何もしない)というね。
もう「バルス!」レベルで鉄板の胸熱シーンでしょう。
ラピュタはこの辺にして、「ロッキーのテーマ」に関していうと
正に、映画の本質をひとこと(一曲、一エピソード)で言い表している。
燃え上がる闘魂、歓喜の声を勝ち取るという強い意志、
あきらめないで泥臭く努力することの価値。

シリーズ全部観て、正直イマイチかな?と感じた回もありましたが
違和感をはねのけて、あの曲あの場面とラストで泣かされるのです。


シリーズを6作全部観たら、ロッキーテンプレが出来ました。
だいたいこんなところでしょうか。

・序盤、いつも何かしらくすぶっている、またはマンネリしている
(2nd以降はそれなりに成功してるので、あんまり切迫感がない)
・ボクシングをあきらめている、または飽きている、出来なくなる
・腐れ縁のあんちゃん(エイドリアンの兄ちゃん)にそれをなじられる
・ヒール役が登場して活躍、ロッキーと戦う機会を求め挑発する
・ロッキー、自分じゃ無理だと逃げる、または舐めてかかる
・身近で大切な誰かが死んだり、死にそうになったり、疎遠になる
・ロッキー絶望する、闘志を失いそうになる
・救世主的な存在の人間が現れる、ロッキーを鼓舞し共に戦う
(その人がトレーナー役をかって出るパターンも多め。
1stではこのあたりで、気になってた娘、エイドリアンと恋に落ちる)
怒濤の練習(ロッキーのテーマ)
・エイドリアン「戦うのはイヤァ!」と泣き叫ぶ、会場に行っても正視できない
(しかし回を追うごとに、試合するロッキーを応援できるようになる)
・そして試合!自信モロ出しで「あんなん余裕だろ」モードの対戦相手、
ロッキーは内なる自信。観客は総ロッキー応援ムードとアウェイの両方がある
(5thはただの路上での喧嘩の延長だから観客も何もないw)
・はじめはロッキー劣勢だが、徐々に巻き返す、「ロッキー強烈なパンチ!」
・試合は長引き、双方満身創痍、意識が危ういことも多い
・しかし・・・何だかロッキーがいつも勝つ!再びロッキーのテーマ!
(1stのように、実際の勝利はライバルだが実質の勝者、という
こともあるが)
「エイドリアーーーン!!!」
・勝利のインタビューや、ライバルとの邂逅、そして
エイドリアンとのハグやキスで、美しい幕切れ!
(4thだったか、ロシアで戦った時、それまで完全アウェイ状態だったのに
ロッキーの熱戦~勝利を境に、実況も観衆も総ロッキー万歳になってたのは
笑ってしまった。都合良く手のひら返しすぎw)


1stの、生卵をゴクゴク飲むシーンが有名ですが、日本人の常識と大きく異なって
欧米で卵を生で食べることは滅多にないんだそうで、
あれは「あそこまでやる境地だ!」という闘志の凄まじさを表現している
ものだとか。日本人が感じる驚きの度合いを遙かに超えた衝撃を
受けたことでしょう、欧米の方々にとってのあのシーンは。

そして、これも有名なエピソードかと思いますが、
「ロッキー」は脚本・主演:シルヴェスター・スタローン自身の
サクセスストーリー
でもあります。
なかなか売れない役者だったスタローンが、「ロッキー」の脚本を書いて
制作会社に一生懸命売り込んだ。お金もなくて、エキストラも雇えない中、
何とか映画を完成させた。そうして、それが周知の通り大ヒットして
ロッキーシリーズをはじめとする様々な作品で活躍する
大物俳優として、スタローンは見事大成!というわけ。
(ロッキーシリーズでは何作か、監督なども手がけた。賛否両論だとか)
初期の頃のロッキーというかスタローン、ポール・マッカートニーに
時々そっくりに見えたんですが(特に目もと)、私だけ?


さて、6thにして最後の「ロッキー・ザ・ファイナル」では
このテンプレがあまりあてはまらない展開、
テンプレ通りでも哀切さがより強いエピソードになっており
序盤の時点で目から液体がどんどん出てくる始末でした。
大人になった息子さんの、「ロッキーの息子として常に見られ、
期待されるが、父のような大物に自分はなれない」という葛藤
(これも印象的だし、難しい問題)など
色々な相違点がありますが、最も顕著なのは
「エイドリアンがいない」
という事実。
1stが「エイドリアンと恋におちて、一緒になった」
だったのを思い出すと、その対比が絶妙ながら、せつなすぎる。

歳を重ねたロッキーは、なかなか豪華なレストランを経営、
客相手に相変わらず饒舌に「現役時代の武勇伝」を披露しているけど
行きつけは、エイドリアンが眠るお墓。
エイドリアンは「女性しかかからない癌」で、闘病の末、空の上へ。
死から3年が過ぎても、彼女のことを思い出しては泣いてしまう。
このような様子のロッキーを、兄ちゃんは「なじる」こともできず
「お前をもう見ていられないよ、見てて辛いよ」という口調。
そういえば1stで既にエイドリアン自身が「私は昔から
体が弱かったから、頭を使う仕事にしたの」って言ってた・・・
そのエピソードを思い返したら余計に悲しくなってしまうのです。

紆余曲折を経て、「最後の戦い」に勝ったロッキー。
でもエイドリアンは、もう観客席からも、TV中継からも
見守ってくれたり、声を限りに応援してくれたりしません。
自身の勝利をお墓の中にいるエイドリアンに伝えにいくロッキー。
いつもなら、勝った!やった!でハッピーエンドでした。
それで「またこの展開かいw」と呆れながらも胸を熱くしたものです。
だけど「ファイナル」では、頑張って頑張って大いなる戦いに勝利しても、
またエイドリアンがいないいつもの日常へと帰っていくしかないのです。
このエンディングもあまりに侘びしかった。
今度は、息子さんが一緒にいてくれるかもしれないけど。


「ロッキー」シリーズの隠れた側面として、
エイドリアンが「ボクサーの妻」になっていく成長物語とも観られます。
「戦うのはイヤァ!」と泣き叫んで部屋にひきこもっていた頃から、
目の前でロッキーが殴られても目をそらさずに声援できるほどに。
「戦って!」と言えるほどに。
ロッキーが血と汗を流して拳ふたつで命がけの戦いをしている日々、
エイドリアンもまた、自分自身を超えていく戦いをしていたのでしょう。
内気でさえない眼鏡ちゃんは、見違えるほど堂々とした女性になりました。
自分にこもりきりで、兄ちゃんになじられるだけの一生と諦めていた人生は
ロッキーと出会って、揺るぎない愛を得たことで、自信をつけて
強く優しい女としての人生へと変化し、開花した。
最期まで、立派に戦い続けたはずです。愛するロッキーのように。


何もない、持っているものも失うものも何もないところから
勇気を出して、希望を糧に、血の滲むような努力を積み重ねて、
与えられたチャンスを見事手に入れる、ロッキー基本の「き」
である
不朽の名作、1st「ロッキー」
そして、有終の美ながら、苦い余韻が残り、
生きつづけていくことのリアル、喜び悲しみを問いかける
ロッキーを知らない人にもきっと響く人生物語
である
6th「ロッキー・ザ・ファイナル」
私の中で二大ハイライトです。次点は2ndかな。

1stと2ndで戦った宿敵アポロと「戦友の絆」で友達になって
コーチ役になってもらい共に戦う(3rd)、
敵を討つ(4th)という友情もいいですね。



「あきらめないで一生懸命努力して夢や目標を追求する」
確かに、報われず傷ついて、屈折して堕落するだけかもしれません。
人の力ではどうにもならない「運命のいたずら」もありますね。
でも、花開くかもしれない。大成功とまではいかなくても
くすぶっていた人生をちょっと変える転機や、自信の獲得、
副業として趣味として、自分らしく生きる道の確立など、
得られるものだってたくさんあるはず。

がんばらないで、やってみないで、やりたいことをやり過ごして
「こんなはずじゃなかった」「やれば出来たかもしれなかった」
と一生後悔し続けるのと、やってみて失敗して傷つくのとでは、
どっちがよりつらく、生き甲斐のない、人生なのでしょうか?
どっちを選んでも「あきらかな間違い」ではありません。
平凡な人生に価値をみつけて多くの人が生を全うしています。
そして「ロッキー」は、後者の選択肢を選んだ男のひとりが
歩んだ顛末を綴った物語。

「ロッキー」は、綺麗ごとだけの映画ではありません。
やってみたから傷ついたこと、やらなければ見なくてすんだことも
沢山出てきます。
ロッキーはチャンス、運、友達、恋人などに恵まれていましたが
物語の始まりでは何もかもうまくいっていなかったことも
条件に加えるとどうなるか?

「ガンバリズム」としてだけではなく、
「あなたは、どう生きるか」という問いかけとして
この一連のシリーズを受け止めてみるのはいかがでしょう。
がんばりすぎないで平凡な幸せを大切にする人でも
映画の中で、ちょっぴりワイルドな夢を観るのも
きっと面白いですよ。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。