2017-11

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

【映画】「戦場のメリークリスマス」感想【音楽好きにもおすすめ】

今年もまた終戦記念日が来ますね。
だいぶ前に観て、感想メモまで残しておきながら、かなり長いこと
お蔵入りになっていた映画の話をします。
タイムリーなのか季節外れなのか判断に悩みましたが、
大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」を。

戦場のメリークリスマス [DVD]戦場のメリークリスマス [DVD]
(2011/10/29)
デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ 他

商品詳細を見る

ブルーレイはジャケットがちょっとかっこいい。

戦場のメリークリスマス Blu-ray戦場のメリークリスマス Blu-ray
(2013/11/23)
デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ 他

商品詳細を見る



豪華すぎるキャスト、しかもこれは「やむを得ない変更」
ボウイきたー教授きたーたけしさん(北野監督ともいう)きたー、という
キター祭りすぎる、今観るとびっくりするようなキャスト。
でも、このお三方の出演は、はじめから考えられていたのではないそうで。
実は、ビートたけし氏が演じた軍曹のハラは勝新太郎氏の予定で、
坂本龍一氏が演じたヨノイ大尉は沢田研二氏の予定だった。
さらには、デヴィッド・ボウイ氏が演じたイギリス軍少佐のセリアズにも、
俳優で映画監督のロバート・レッドフォード氏が来る予定だった。
そっちはそっちで豪華だが、スケジュールだったり、役柄への不満だったりで、
各人のOKが得られなかった結果、この三人が本決まりになった。
どっちにせよ、キャストだけで「やべえ観なきゃ」と思わせられるってある意味スゴい。

豪華だけど演技経験が浅いメインキャストを活かす秘策
デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし(最後のクレジットでは「TAKESHI」)。
このお三方はいずれも別の世界から来た人たちで、当然、演技経験は浅い。
歌うことやコントをやることは、ある程度、「演じる」に繋がるが、役者ではないし、
ましてこれまでユニットでじっと鍵盤とにらめっこだった教授はどうするのか?
それを結果的に何とかしたのは、「軍人」「陸軍の偉い人」という設定。
棒であろうと無愛想であろうと、命令口調で喋っていれば、様にならないことはない。
もちろん、これは後からついてきた感想で、作っている側、演じている側は当然
そんなつもりではなく、教授とたけし氏は互いの演技を「ひどい」と言い合っていたとか。
英語がよくわからない自分には、ボウイの演技の巧拙が正直よくわからないが、
後の二人は、軍人設定と、脇を固める本物の役者たちによって、
まあ一応何とかなっているんじゃないかと思えた。
二人とも後に映画の世界に本格的に足を踏み入れるのも興味深い。
一方は映画音楽でアカデミー賞、もう一方はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞。
いやはや、とんでもない。

こんなのあり?異端な映画
第二次世界大戦を舞台としているのに戦闘シーンゼロ。出演者は男性のみ。
インドネシア・ジャワ島の日本軍捕虜収容所だけで話のほぼ全てが進んでいく。
戦争に反対も賛成もしないし、とりたてて何か主張があるわけでもない。
大きなストーリーの軸もなく、単体のエピソードを時系列で並べた集合体で、
印象的なシーンをいくつか見せて、インパクトを残していく、という感じ。
一本筋が通った骨太なメッセージだとか、二転三転の劇的なストーリーだとかを
期待していると間違いなくがっかりする。
最近の映画のトレンドとは価値観が全然違うので、観るには少し覚悟が必要。
(遠回しな)同性愛ものということもあり、万人受けは決してしない作品だろう。
豪華キャストを起用して、印象的(衝撃的)なシーンをチラチラ見せて、
さしずめ「偉大なるはったり」といったところか?
まあ、この監督について私はあまりに無知なので、作風を断定するのはよそう。
しかし「変わった映画」「変わった監督」という印象は消えない気がする。

有名なあの台詞、あの場面はこんなふうに登場するのか
私はこの映画が公開されたちょっと前に生まれたくらいの世代で、
勿論、リアルタイムで体験しているはずもない。
でも「Merry Christmas,Mr.Lawrence」という台詞だったり、
ボウイと教授がキスして教授が「ハッ!」となる場面だったり、そういうものを
かなり断片的にだけ知っていて、「どうなるんだろう」と楽しみにしていた。
前者の「メリークリスマス~」のくだりは、ボウイか教授が言うんだろうとばかり
思っていたから、たけし氏が言ったのでちょっと驚いた。
しかも、子どものように純真無垢な笑顔で、それを言うのだ。
これは持っていかれた。意外性とインパクトがずっと残る。
後者の場面は本編より、実は宣伝用のカットのほうが印象的な気がした。
本編ではほんの一瞬。「あれっ今何か起きた?」くらいのさりげなさなのだ。
そういうもんか、という感じ。

言いたいことをあえて考えるならば
ロレンスとハラ、セリアズとヨノイ大尉の不思議な絆(要は男色関係な感情)を
エピソードの積み重ねで淡々と描いていく本作。
先程「とりたてて何か主張があるわけでもない」と書いたが、あえて考えるなら
「国境も文化も超えた関係が生まれ得る」ということは言えるのではないか。
そして、詳細はネタバレなので控えるが、結局主人公で語り手のロレンス以外
主要登場人物は誰も幸せになれない。
(原作がロレンスの実体験をもとにした小説なので、そりゃロレンスは無事だが)
これを深読みするなら「戦争の無益さとむごさ」を表現した、なんだろうか。
後の北野監督の映画では、拳銃を持った人間は誰も幸せになれないと
監督自身が決めていて、銃や暴力団を賛美しないようにしているそうだ。
観終えたときの後味が、どことなく北野映画に似ているような気がした。
大島監督→北野監督と、この「やるせなさ」が受け継がれていったのだろうか。

音楽が一種の目玉?
Merry Christmas Mr.Lawrence」は、教授の代表作のひとつで、
世代によって違いはあるだろうが、最も多くの人に知られている曲といえるだろう。
本作のサウンドトラックを教授が手がけていて(これが初の映画サントラ)、
英国アカデミー賞の作曲賞を受賞している。
実はこの映画で一番面白かった、印象に残ったのは、教授の音楽だったりする。
映像が音楽によって神格化されている側面はないだろうか?
そんな感想すら抱いている。
映画がつまらなかったと言っているのではなくて、音楽が素晴らしすぎるのである。
たけし氏の「メリークリスマス~」が映画の半分を持っていったならば、
教授の音楽が残り半分を持っていったように感じたのだ。
果たして、この顛末の、どこまでが大島監督の狙い通りだったのだろうか?
音楽目当てで、この少し古い映画のDVDやブルーレイを手にとってみる価値は
少なからずあると思う。
それに勿論、ボウイが演じているというだけでセリアズに見入った部分もあった。
音楽好きにはたまらない映画のはず。


偉大なる監督の偉大なる映画をこんなかたちでぶった斬っていいのだろうかという
逡巡は一応あります。
けれど、広告代理店でもないんだし、正直な感想を書いてこそ
感想やレビューになり得るのではないかと考え、率直に綴ることにしました。
頻繁に音楽を取り上げているこのブログにもよく合う作品だし、
まあ、ひとまず、これはこれで。


FC2 Blog Ranking参加中。クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

ざっくり映画ライフ:その6 バイオレンスからヒューマンドラマまでおまかせ、北野武映画特集!(アウトレイジ、キッズ・リターン、アキレスと亀)

もうすぐ「アウトレイジ ビヨンド」が公開ですね。
いままであまり興味がなかったのですが、いざ前編の「アウトレイジ」を観ると
もうすっかり楽しみになってしまいました!
ただお金がないのは相変わらずなので、DVD化を待つとしますかねぇ。
大きなスクリーンでバイオレンス映画を観られるまでの耐性も多分まだないし・・・
そんなわけで、今回のざっくり映画ライフは、北野武映画特集いきます!

アウトレイジ

アウトレイジ [DVD]アウトレイジ [DVD]
(2010/12/03)
ビートたけし、三浦友和 他

商品詳細を見る

記憶しているところでは、「バイオレンス映画だけどエンターテインメント性が高い」
みたいに言われていたような。それで、バイオレンスが基本ダメな私でも
「大丈夫かな?気楽に観られるかな?」と、TV放映を録画してみました。

漂う緊張感がただならない・・・
エンターテインメントというから、「座頭市」のように、笑わせたり楽しませたり
してくれるものだと思っていたら、そんな緩やかな隙間など一縷もない。
どいつもこいつも、みんな悪い・・・「全員悪人」!
そして生き残る奴ほど薄ら怖くて非情で、最後の最後に本性を見せたりする。
反対に破れる側の面子はどこか人情味や頼りなさがあり、そこが隙になる。
前者でいうと三浦友和さんや加瀬亮さんなんかはもうとんでもなく怖くて狡猾。
後者でいうとビートたけしさんや椎名桔平さん、國村隼さんなど、どこか憎めない。
中間あたりを泳いでいる立場の小日向文世さんあたりの役どころも読めなくて不気味。

暴力団の抗争の話で、R15+指定。それだけにかなり殴り合いや撃ち合いが出てきます。
でも目も当てられないほどグログロにしないところが、私が脱落しなかった要因です。
ここら辺はきっとたけし監督のこだわり。ありがたい。
「グロは嫌」という理由で避け続けてきたバイオレンス映画。「HANA-BI」や「BROTHER
などもそういう理由でまだ観ていないのですが、本作を観て「いけそうかも」と
思えるようになってきました。特に「HANA-BI」なんて代表作だし、観ないなんて損かも。
スピード感と緊張感溢れる物語展開にキャラ立ちした登場人物、飽きる暇がない。
いやぁ、これは続編で完結編になる「アウトレイジ ビヨンド」が気にならずにいられません!


キッズ・リターン

キッズ・リターン [DVD]キッズ・リターン [DVD]
(2007/10/26)
金子賢、安藤政信 他

商品詳細を見る

私が初めて観た北野映画。
前述の理由で「HANA-BI」は遠いところにあったので、本作が一番身近にあって
確か高校生ぐらいの頃に観たような・・・?いやTV権が無かった筈だから大学生か?
青春映画の王道のようなストーリー展開で、そこも入りやすかった要因ですね。
00年代には段々なくなっていくけれど、この頃は「キタノ・ブルー」と呼ばれる
青い色味の画面が独特の雰囲気を作っていて、なおさら青春まっさかりですね。
金子賢さんと安藤政信さんの出世作。二人とも最近なかなか見かけませんが・・・

でもよく観るとこれも「ボクシング」と「ヤクザ」でどちらにしてもややバイオレンス。
そういう所が当時、少々しんどくはあったのですが・・・
青春って外から見たら美しく見えるけれど中にいると結構酷なんですよね。
うまくいくばかりが人生じゃない。けれどそれを受け入れて生きていかなければならない。
青春は、キラキラした素振りして、大人社会の手厳しい洗礼をこれでもかと浴びせかける。
やるせないけれど、みんなそうやって大人になっていくしかないわけで。
青春の苦み、現実の壁、そういうものが容赦なくのしかかってくる、真っ黒な後味は
ある意味「アウトレイジ」よりもバイオレンスかも。

うまくいかない二人の生きざま、青春を過ぎた今改めて観たらどう響くのでしょう。


アキレスと亀

アキレスと亀 [DVD]アキレスと亀 [DVD]
(2009/02/20)
ビートたけし、樋口可南子 他

商品詳細を見る

TAKESHI'S」「監督・ばんざい!」を観た時、何となく行き詰まり感を覚えたのですが
この頃のたけし監督は、方向性に悩み、鬱々としていたそうですね。
そんな監督が「芸術家としての自己を投影した三部作の最後の作品」として
撮ったのが本作。そうやって考えると、たけしさんの半生もこんな風だったのだろうかとか、
奥さんとの関係性もこんな具合なんだろうかとか、いろんな憶測が浮かんできます。
ただ、観たときはそんなことは知らず、「印象に強く残った作品」のひとつになりました。

絵を描くのが大好きな「天才少年」が、前衛芸術家になって、
ひとりの女性と出会って恋に落ちて、家族を持って、
絵はなかなか売れず、世間から、そしていつしか妻からも受け入れられなくなって
それでも男は絵を描くことをやめられず、月日だけが残酷に過ぎていって・・・
物語は少年時代、青年時代、中年時代と大きく三つに分けて描かれ、配役も同様に分かれ、
中年時代(現代)の男と妻を演じるのがたけしさんと樋口可南子さん。
奥さんは青年時代、麻生久美子さんが演じていて、なんておいしい男なんだろう(笑)。

しかし本作もまた、口の中に苦みがいっぱいに染みわたるような映画で。
神童と仰がれて何不自由なく生まれ育ったところから大きく転落する少年期。
仲間達と出会って無茶して、切磋琢磨して、やがて人生の伴侶を見つける青年期。
自らの方向性を曲げられず、半分狂ったようになって、生活も苦しくなり、
娘からも妻からも見捨てられ、ボロボロになって、それでも描くことをやめられない中年期。
そして、そんなしがない男を、いつもどうしても見捨てられず、理解者であろうと努める妻。
二人に未来がないって分かっていても、最後に妻が帰ってくるのが男の唯一にして最大の救い。
妻が再び現れるまで、男は見る影もないほどに身も心も朽ち果てて。
愛がすべてを叶えることはできないけれど、
愛よりも無条件で理不尽で無償な、強い力はこの世のどこにもない。
一人の男の、波乱の半生を苦み(ときどきおもしろみ)たっぷりに描きながら、
愛がもっている可能性、愛をくれる存在への感謝、そういう温もりも感じられる映画です

少し地味めですが、私は本作がかなり強烈に胸に刺さりました。


こうやって見ていくと北野映画って「ほろ苦い」作品が多いですね。
ここに挙げきれなかった作品や、まだ観ていない作品も、やっぱりそんな香りがするし。
しかし「なぜたけし監督はここまでヤクザ映画を撮るのか?そういう世界の人なのか?
という疑問に対し、調べたところ、芸能界とヤクザの世界との癒着は避けがたいもので
たけしさんはその中で何とか利害関係を避けながらバランスをとってきて、
銃を使った人間は幸せな結末を迎えられないシナリオにしているのだそうです。
なるほどなぁと。ヤクザ賛美、暴力賛美が信条の方でなくて何となくひと安心。
暴力描写がキツイと感じたときは、最悪観なければ良いわけですからね。
生死を彷徨うバイク事故を経て、映画の世界観が随分変わったらしいのですが
バイク事故以前の北野作品はまるでノータッチ。そのあたりも今後、見比べてみると
面白そうだなと思いました。

そんなわけでPart2があるかもしれない北野武映画特集。
「相棒」の見過ぎで多少の暴力描写やグロ描写に耐性が付いたのもある気がしますが
バイオレンス映画も挑戦してみようと思えた今、また観ていく対象が広がっていきそうで。
世に放たれんとしている「アウトレイジ ビヨンド」、世界からどう受け止められるのか?
映画の内容と同時に、そちらのほうも興味深くて、とてもゾクゾクします。

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。