2017-05

Latest Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

スパルタ:スリーズ「At The Drive-Inの魂を継ぎながら、真面目に誠実に未来へと歌を届ける、知る人ぞ知るもう一つの片割れ」

既にあちこちで報じられているように、またこちらでも前回の記事で書いたように、
かつてのAt The Drive-inアット・ザ・ドライヴイン、以下ATDI)の片割れ、
The Mars Voltaマーズ・ヴォルタ、以下前回記事同様にTMV)が残念なことに
なっています(なりそう、というのが正確なのか)。
そんななかで今回はあえて、もう片方の片割れ、Spartaスパルタ)に着目します。
作品は、なかなかの傑作で、かつTMVとの辿った道の違いも分かりやすい、
3rdアルバム「Threes」を題材に。

ATDI - アフロコンビ(TMVコンビ) = ジム・ワード(G,Vo,Key。セドリックと共に
ATDI結成当初から在籍した中心メンバー)、ポール・ヒノジョス(B)、トニー・ハジャー(Dr)
の3名を中心に、ある程度ATDIの音楽性を引き継いで結成されたバンド、スパルタ。
オマーは急速に人気を博したとはいえ後から入ってきて方向性も段々皆と違っていったし、
中心メンバーの一人であるセドリックはオマーと共に"脱走"したということで、
ATDI解散後の「本家」はこのスパルタに、「戸主」はもう一人の中心メンバーであるジムに
なったといえるでしょう、昔の家制度に例えるなら。(TMVは分家ということで)
sparta.jpg
このアルバムの頃にポールはTMVへ浮気(笑)。後にそっちも出て行き(追い出され?)
現在では別のバンドをやっているのだそうで(ATDI再結成では何でもないようにいましたね)。
ジムとトニー、そこにキーリー・デイヴィス(G)とマット・ミラー(B)を加えた4人編成に。
ATDIメンバー比率は半分になってしまっているわけですか・・・
「ちょっと小綺麗な場所にいて、とりたてて特徴がなくなって、何となく地味になって
よくも悪くも普通」という印象です。

いま紹介したメンバー画像からも伺えるように、スパルタはATDIと
同じものには当然ならず、1stアルバムをリリースした当時からその違いは
結構はっきりと出ていたようです。
http://sound.heavy.jp/blog/archives/2002/10/sparta_021026.html
Sparta (02.10/26 新宿リキッドルーム)
NIHILISMさんという方によるblogのライヴレポ。
今回、1stや2nd、その後の4thに耳を通すことができず、なぜか3rdだけによる
レビューになってしまったため、3rd以外の彼らを直接耳にしていないのですが、
・ATDIの路線を継承しているが、やっぱ微妙に違う。少し大人しくなったのでは?
ラウドで熱く緊張感のある演奏、アフロコンビがいなくても十分素晴らしいライヴ
とのことで。「あの」演奏をしていたサイドヴォーカル・ギタリスト&リズム隊だから
そりゃ素晴らしい演奏が出来る実力や熱さがあるのは当たり前かもしれませんが。
sparta-Live.jpg
「TMVは成功して、スパルタはダメだった」というイメージがどうしてもありますが
このようにステージを大観衆で埋め尽くし、ライヴバンドとして堂々と君臨する
ことだってあったわけで。そりゃTMVほどじゃなかったかもしれないけれども。


さて、本題の3rdアルバム「Threes」へ。

スリーズスリーズ
(2007/02/07)
スパルタ

商品詳細を見る

物騒ですがなかなかキレのあるデザイン。冊子をひろげると、この「絵」の向こうには
緑いっぱいの清々しい景色が広がっていて、本作の世界観をよく象徴しています。

ポーセレンポーセレン
(2004/08/21)
スパルタ

商品詳細を見る

2ndのジャケがこちら。ジャケ買いもよさそうです。好みかも。

しかしどうしても突っ込んでおかねばならないことがひとつ、それは帯のキャッチコピー。

目を閉じて大きな声で叫ぶんだ
スパルタ遂に始動!

元アット・ザ・ドライヴインのメンバーらが結成したバンド
孤独と淋しさを乗り越え次世代へ捧げるメッセージ


「は?」以外の言葉がでてきません。
目を閉じて大きな声で「スパルタ遂に始動!」って叫ぶの?おかしくないか?
しかも本作は3rdアルバムで、今初めて始動したわけでもありません。
最後の一行は聴けば何となく納得ですが、聴かずにフレーズだけ見たら
「さよならセド&オマー」を引きずっているみたいでやっぱり時期がおかしい。
音源をちゃんと聴かずに、情報もチェックせずに、担当者適当に書いただろう!
こういうところからも何だか損をしている彼ら・・・・・・


歳相応の音を鳴らして、曲作りをしている、等身大のバンド・作品というのが第一印象。
良くいうと素直で真面目、悪くいうと個性不足でありきたり
TMVほどのセールスやインパクトを得られなかった要因はこのあたりだと思います。
ジムたちは、良くも悪くも真面目で常識的すぎる(ミュージシャンとして)のです。
あのアフロどもが脳みそかっとび過ぎているともいえるのですが・・・(苦笑)
でも、よく聴いてこの誠実さにハマったなら、何度も聴ける良作だと感じられるはず。
帯の後ろ側に「今まで以上にエモーショナルでキャッチーで更にメッセージ色の濃い内容に
仕上がった待望のNEWアルバム!」とありましたが、
本作は全体的にすごく「歌」「メロディ」を大事に作られていると感じました。
当時はエモバンドだったからいいのですがATDIでのジムの歌といえば殆ど「がなり」。
しかしその記憶が嘘のように、ジムが優れたヴォーカリストへと飛躍しています。
曲調とあわせてどことなくMUSEぽいように感じたのは自分だけでしょうか。
それはともかく、「歌=メッセージを届ける」という意志の強さがよくわかります。

楽曲のテイストはATDI+今どきの普通のポップ~ロックバンドといった趣。
ATDIを彷彿させつつも青年から大人への成長を感じる熟成した音づくりの#1、
哀感が前面に出ており、アコースティック寄りなアプローチの#3、
キーボードを効果的に使ってスタイリッシュなエモ・ロックに仕立てた#4、
青春ポップ~ロックともいえるような爽やかで甘酸っぱいライトタッチな#5、
これまでの落ち着きはどこへやら、調和をぶっ飛ばし衝動的に駆け抜ける#9・・・
女性コーラスを取り入れた#12、レディオヘッドやシガーロスを思わせる浮遊感漂う
ギターの#13なども登場し、多様なアプローチが繰り出されます。
あまりに幅広い曲調、流れを重視しない唐突な曲調の変化は、このバンドがATDIを
引き継いでいることを思い出させます。こういう辺りはジムの作風だったのでしょうね。
そのうえ本作には曲間が殆どなく、ミディアム・テンポの曲でも余韻に全く浸れません。
ライヴ・バンドらしいともいえますが、しっとりした曲や温かい曲は余韻が欲しい。
照れがあるのか、バランス感覚がちょっと悪いのか、
「曲間を殆どつくらない」と決めたなら曲調に構わず統一したいという感覚が強いのか。
こんなところも「良くも悪くも真面目」で、融通が利かなくて損をしてる感じ。

そうして、出色でかつ本作の真骨頂といえそうなのは、
草木や青空が背景に浮かび、スケールの大きなぬくもりのカタマリが届けられる
父性さえ漂う曲
。#8や#13などでそれを堪能できます。
ただ不満だ不快だとギャースカ喚いていればよかった、ATDIに象徴される少年時代とは
もう違うわけで、メンバー達はその事実を少しの諦念を込めながら、どっしりと受け止め
現代の、あるいは未来の少年達に託しているのです。
そうすることで彼ら自身の肩の荷が下りて、清々しくなっていきながら。

何が彼らを落ち着かせ、清々しくさせたのか。
「我が儘なバカアフロども」が去り、しかし同時に花形役者が二人も去り、
地味な面子ばかりになってしまったが、初志貫徹とばかりにこれまでやってきた
ATDIの音楽を継承して、鳴らし続けてきたメンバーたち。
けれどもTMVがときに全米チャートトップ10入りを果たしたり、レッチリの
フリーだのジョンだのがゲスト参加したりといった華々しい話題を振りまく一方、
ファンが居ないわけではないけれどどうも鳴かず飛ばず・・・
その上、ポールが何を思ったか、TMVのほうへ移籍してしまうしで、
これは落胆しないでいろという方が無理があります。
しかるに、以前TMVの連載で私が追いかけたように、また今回の騒動のように、
オマー(とセドリック)の「何でもやってみたい病、我が儘病」はいつしか
バンドの人間関係にしばしば綻びを生み、次第にバンドはマンネリ~破綻への
道を辿ってしまいます。
一方のスパルタは、大きく持ち上げられることもないかわりに、成り上がって
いい気になることもなく、地味でも堅実な道を歩む幸せ
に気付いたのでは
ないでしょうか。
それだけでは食べていけないからATDI再結成の話が浮上したのでしょうが・・・
ともあれ、スパルタの面々は、ATDIやTMVとはまた違った幸せのかたち、
表現のかたちに辿り着いたとはいえるはずです。


かつての仲間が去っていったり、華やかな成功を収められなかったりと
挫折や孤独感を否応にも噛みしめたであろうスパルタの面々。
ATDIは時に「天下はすぐそこ」とまで囁かれていただけに、大変な屈辱だったでしょう。
しかし、それらの痛みや喪失感が、彼らを芯があって落ち着きや温もりも備えた
大人のバンドへと成長させ、派手さはなくとも好感のもてる良作の誕生に繋がりました。
真面目で誠実であまりに不器用で、そして人間臭いアルバムです。


地味でもいいから、スパルタはコツコツと長く続けていってもらいたいと
願ってやみません。
・・・それともフリーダムになった旧友のセドリックを連れてきちゃうか?
流石にそんなバンドは「スパルタ」じゃないでしょうが。
先日恐る恐るATDI再結成時のコーチェラフェスの動画を観て、キー下げ、オマー(略)に
がっかりを隠せなかったので、ATDIの頃に戻ろうとはあまりしないでもらって。
本当はTMVにも腐れ縁で細く長く続けて欲しかったのですがね。
「皆が平和で楽しく音楽を演れれば、それでいい」なんて少々情けないことを思ってしまう
今日この頃です。
ミュージシャンにはどだい無理な願い事だと分かっちゃいるのですが・・・



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

At The Drive-In:Relationship Of Command「祝・復活!怒りと疾走感に満ちた伝説のバンド。童貞ちゃうわの他にも空耳あるわ!」

メジャーアルバム僅か1枚で解散してしまった伝説のバンド
At The Drive-Inアット・ザ・ドライヴイン、通称ATDI)が、今年、まさかの再結成!
4月にアメリカで行われる「コーチェラ・フェス」というフェスでのライヴを皮切りに各地へ。
フジロックにも出るみたい!行きたいーーー!!!

前年から実はそういう噂は聞いたことがあったんですが、まさか本当に実現するとは!
それに伴ってか、セドリックとオマーのThe Mars Voltaマーズ・ヴォルタ)は
新作リリース後、活動休止するらしく。

前年の段階で、セドリックは既にATDIの再結成に乗り気で、何とかオマーを説得して
実現した模様。再結成がスパルタ組から出た話か、セドリックから出た話かは不明。
しかし最近のインタビューで、オマーが「カネ目当てに決まってるだろ」みたいなことを
言ってまして。何をするにも何かとカネがかさむって。。
潔いというか、身も蓋もないというか・・・


一抹のモヤッとした思いはともかく、現時点で「最初で最後のメジャー・アルバム」である
Relationship Of Commandリレーションシップ・オブ・コマンド)」を
聴いてみることにしましょう。

リレイションシップ・オヴ・コマンドリレイションシップ・オヴ・コマンド
(2004/12/22)
アット・ザ・ドライヴ・イン、アット・ザ・ドライヴイン 他

商品詳細を見る


感想の前に、結成からこのアルバムまでの、バンドの動きをさらりと。
アメリカとメキシコの国境沿いにある町、エル・パソにて結成。
セドリック(Vo)とジム(Gt/Vo/Key)を中心に活動をはじめ、のちに
オマー(Gt)、ポール(Ba)、トニー(Dr)を加えて現在の布陣に。
インディーズ時代に2枚のアルバムをリリースし、精力的にライヴに励み、
その凄まじい演奏・パフォーマンスでじわじわ人気を得ます。
そうしていよいよ、メジャー・アルバムの話が到来。
先行シングル「One Armed Scissor」(アルバム3曲目)が話題を呼び、
満を持してリリースされたアルバムは大ヒット。
「ポストRATM」「次代を担うバンド」として大きく期待され、フォロワーも多数。
本国の雑誌で「グレイテスト・ギターアルバム100」や
「グレイテスト・アルバム・ベスト100 1985-2005」にランクインするなど、
今でも名作と名高いアルバム、そして誉れ高いバンドです。


再生するなりその世界に呑まれて、激しいライヴが目に浮かんでしまうはず!
強靱なリズム隊に乗っかって、2本のギターが絡むリフは圧巻。
歌というより叫びのようなセドリックのヴォーカル、4人の鳴らすサウンド、
全てに疾走感が満ちあふれていて、怒りにも満ちていて、
攻撃的かつ切れ味鋭く、ライヴを重ねたお陰で演奏のまとまりも円熟していて、
5人が一体となって迫ってくる、「この5人でしかできない」と思わせるような
一体感と迫力の虜になります。

ラップ混じりのヴォーカルにトリッキーなギターということで、RATMが下敷きにあるとしても、
単にフォロワーでは終わらず、ヴォーカルはよりメロディアスかつ伸びがあり、
ギターはエフェクターだらけの足元、荒々しくて奔放に音世界と戯れるようなリードギター。
より進化したポストハードコアバンドとして、RATMのトム・モレロも賞賛したそうな。

存外ポップだったり、静寂に包まれたナンバーもあり、バラエティ豊かとも散漫とも
とれますが、やっぱり推しは怒りや疾走感が全開のハードなナンバー。
#1,#3,#4,#6,#7,#8などに耳を惹かれてしまいます。
のっけから頭を打ち抜かれるような衝撃が走る#1でまず驚き。大絶叫炸裂!!!
ギターリフやドラムとぴったり同期するためあまり目立たないけど、この曲はポールの
輪郭のくっきりした、主張の強いベースソロ始まり(#9もですな)。イイですねぇ。
序盤のほうで「違った~違った~ことだけっど~」という空耳を発見しました。
先行シングルカットされた#3は言うまでもなくかっこいい。陰鬱に始まり、サビで怒りが炸裂。
キャッチーな曲ですが、オマーとジムの2本のギターの絡みは美しくすらあります。
中盤でセドリックとジムが共にシャウトする場面がありますが、二人とも伸びのよいシャウトで
気持ち良すぎる!
#4は不本意にも「どどどど童貞ちゃうわ!」の空耳が先行して知れ渡ってしまいましたが(笑)
名曲なんですよ!最初から最後まで全員全開で飛ばしていて、ダイレクトに効きます。
童貞ちゃうわでも何でもいい、セドリックのラップの熱量とキレが凄いんです。
2本のGt,Ba,Drが一つになってうねる#6は、音の塊に振り回されて頭がぐるぐるになりそう。
この曲のイントロ、Boom Boom Satellitesがパクってる気がする(笑)
カーチェイスを連想させる(歌詞でも言ってる)#7は、サビの疾走感が最高!
車を飛ばしたいぞ~!クラップも効いて、音速の速さで駆け抜けたくなります。
イントロのヴォイス、パーカッションなど、音のアプローチがユニークで良いメリハリ。
#8はなんと、イギー・ポップ大先生が参加。セドリックでもジムでもない声がすると思ったら
イギー先生でした。ここでは「カカカカカカカ、帰れ!」という空耳が炸裂しています。
まさかイギー先生に「うるせえジジイ、帰れ!」って言いたいってことはないよな?
私が把握できただけで実に3つもの空耳。セドリック、いつ日本語覚えたの?(笑)

セドリックのヴォーカルがあまりにキレキレで、ついついそこばかり耳がいきがちですが
それに更に火を注ぐのがジムの怒号のようなコーラス。怖えぇ!迫力ありすぎです。
たまにオマーもコーラスしていることがあり(ライヴなど)、迫力更に追加。
そして#10ではトニーのドラムがイントロから大爆発!
爆撃リズム隊が好きな人はこのバンドを絶対聴くべきです。
なのにオマー、当時トニーのドラムに不満があったって?何と贅沢な!
後にマーズ・ヴォルタがドラマージプシーに陥るのを、既に予見しているかのようです。

もう、全てのパートが、火と火でぶつかりあって、燃えたぎっているんですよね。
でもそれだけじゃメリハリがないから、静と動のコントラストを常に意識している。
AメロBメロで引いてタメて、サビで一気に押す!

#5では「一曲終わって、あれ?もう一曲?」という構成。#8では雷雨とおぼしきSEが出てきて、
間奏部分では色んな音色を駆使して「雷雨」のイメージを表現しています。
エフェクト大活躍のギターサウンドと合わせ、後のマーズ・ヴォルタに通じる要素が
随所でみられて、そうした点でも興味深いです。


音源で十分お腹いっぱいになれる本作ですが、Youtubeなどで当時のライヴ映像を検索して
観てみることを強くオススメします!
なにせ彼らの本領はライヴ。セドリックとオマーのアフロコンビのインパクトが半端ない!
髪型もさることながら、右往左往と、もう狂ったように暴れ回りまくる!!!
オマー曰く「あの時期のことはヤクのやり過ぎでよく覚えてない」んだそうですが(苦笑)
視覚的にもとんでもないバンドです。
こんなのを生で観られた日にゃ・・・!

再結成ライヴではどんな演奏・パフォーマンスが観られるのでしょうか?
みんな歳をとって、色んな経験を積んで、当時ほど怒りに満ち満ちていないだろうし、
体力面もあるし、もうそんなにヤク漬けになることもないだろうし(たぶん)。
でも今でも「マーズ・ヴォルタのライヴは凄い」という感想を随所で聞くので、
少なくともアフロ組、とりわけセドリックは問題ないでしょう。
乗り気でないうえ最近落ち着いてきたオマーと、スパルタ組がやや心配・・・でもないか?


順風満帆にロックスター街道を歩んでいると思われていた5人。
しかし、ギャラの問題、更には音楽性の相違など、様々な問題が生じ、
5人はツアー中に「マーズ・ヴォルタ」と「スパルタ」に分裂、解散。
オマーのソロ・ベスト・アルバムに寄稿している、オマーの古くからの仲間によると
オマーのサウンドが他のメンバーに受け入れられなくなり、孤立し、バンド絶頂期に
脱退を余儀なくされる状況に追い込まれ、そこで昔から親友だったセドリックと
「協定」を結んで、ふたりでATDIから飛び出した、とありました。
でも、ATDIはそもそも、セドリックとジムが始めたバンドで・・・。
そして「ギャラの問題」については、例えばこうした場面。
At The Drive-In
セドリックが言っていたと記憶していますが、この手の写真は、フロントに写るメンバーに
より多くギャラが支払われるのだとか。
そうすると、メジャーバンドのフロントマンのセドリックが有利で
見た目のインパクトか、サウンドの影響力か、オマーも前に出てくることが多く
スパルタ組はこのように、後ろに追いやられる写真がちょっと多めです。

憶測するに、大きく括ると、ジムVSオマーで対立しちゃったのかな、と。
リーダー格だったはずのジム、いつの間にか人気や影響力が出てきたオマー。
オマーはマーズ・ヴォルタでサルサやラテン音楽など、隣国メキシコを思わせる要素を
多く盛り込んでいますが、ジムはそういう音楽は絶対にやりたくないと言っていました。
立場の逆転に加え、音楽性も合わない、出す音は理解を超えたアヴァンギャルドさ、と。
結果的に、この闘いはマーズ・ヴォルタ=オマーの圧勝に終わるとはいえ
自分がジムだったら、オマーの存在を受け入れるのはやはり難しいかも。
ずっと一緒にやってきたセドリックを奪還したりと、その行為も許し難いかも。
他のメンバーはジムについてきたとはいえ。
セドリックにしても、ジムを裏切ったことにどこかでずっと負い目があって、
だからATDIの再結成に乗り気になったのかな、なんて想像してしまったり。


そんな確執から11年が経ち、時の流れ、他さまざまなものがわだかまりを溶かし
(オマーの発言から鑑みるに、互いの利害のための、形式的な和解かもしれなくても)
今ふたたび5人による新たなステージが繰り広げられようとしています。
オマー曰く、ATDI名義での新作はないとのことですが、
なにせ真骨頂がライヴにあるバンドですから、ライヴを楽しめるだけでも
十二分幸せなことなんじゃないでしょうか。
セドリック、ジム、オマー、ポール、トニー、ガツンと来るかっこいいライヴを頼みますよ!
私は観にいけないから、Youtubeあたりをチェックするしかないので
観にいける幸せなあなたは、私の分まで存分に楽しんできてくださいね。



このブログをもっと広めてゆきたく、FC2 Blog Ranking参加中。
今回の記事を面白いと感じていただけたなら、クリックで応援お願いします!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

燃える朝やけ

Author:燃える朝やけ
・音楽、映画、漫画・・・雑多な題材をとりあげ、レビューのような感想のような、「好きなものの話」をしています。音楽寄りの題材が多めかも。
・コメント・トラックバック・拍手・
リンクなど、お気軽にどうぞ。
でも荒らさないでね?
・なぜかFC2拍手ボタンが各記事の上部に表示されているなど、変な箇所もぼちぼちありますが、お気になさらずご利用ください。

 

カテゴリ

ごあいさつ・雑談用 (1)
blog振り返り&好評だった記事 (4)
音楽(洋楽) (76)
At The Drive-In (1)
The Beatles (1)
Yes (1)
Carpenters (1)
Chickenfoot (2)
Deep Purple&Rainbow (1)
Elliott Smith (1)
Emerson, Lake & Palmer (2)
James Iha (2)
Jeff Buckley (3)
John Frusciante (8)
Jonsi (1)
Led Zeppelin (2)
Lou Reed (2)
The Mars Volta (7)
My Bloody Valentine (2)
NICO (3)
Omar Rodriguez Lopez (1)
A Perfect Circle (1)
Ramones (9)
RIDE (1)
Sigur Ros (5)
The Smashing Pumpkins (8)
Sparta (1)
Tim Buckley (1)
Warpaint (2)
ZWAN (1)
洋楽雑記 (6)
音楽(邦楽) (39)
access (1)
Boom Boom Satellites (11)
BUGY CRAXONE (1)
FLiP (3)
LUNA SEA (1)
Salyu (7)
SPEEDWAY (1)
Syrup16g (4)
TM NETWORK (1)
ウルフルズ (1)
大貫妙子&坂本龍一 (1)
古明地洋哉 (2)
ゴンチチ (1)
橘いずみ (1)
はっぴいえんど (1)
松崎ナオ (1)
矢野顕子&上原ひろみ (1)
音楽(ジャズ、クラシック、etc) (9)
Nadeah (1)
Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones (1)
ZAZ (2)
Keiko Lee (1)
辻井伸行 (1)
村治佳織 (1)
山中千尋 (1)
吉松隆 (1)
音楽雑記 (5)
映画音楽 (3)
Jonny Greenwood (1)
Vincent Gallo/John Frusciante (1)
V.A. (1)
音楽映画 (11)
The Beatles(Movies) (2)
John Lennon (2)
Ramones(Movies) (3)
The Rolling Stones (2)
Cocco (1)
山崎まさよし (1)
映画 (28)
小説×映画 (5)
映画雑記 (1)
書籍(小説その他) (9)
読書雑記 (1)
漫画&アニメ (11)
小説×漫画 (1)
リラクゼーション (15)
ネイチャー&教養系 (8)
TVドラマ (25)
お笑い&バラエティ (13)
世界は言葉でできている (2)
IPPONグランプリ (3)
F1 (12)
フィギュアスケート (4)
雑記 (8)
詩を書いてみた (2)
未分類 (0)

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 

 

検索用ユーザータグ

 よく取りあげるテーマやキーワードからの簡単検索をどうぞ。

感想 レビュー CD 洋楽 映画 邦楽 TVドラマ 邦画 ライヴ DVD ジョン・フルシアンテ リラクゼーション 相棒 ラモーンズ F1 ブンブンサテライツ スマッシング・パンプキンズ 中野雅之 書籍 川島道行 FC2動画 ジェームス・イハ 漫画 お笑い番組 ビリー・コーガン 水谷豊 マーズ・ヴォルタ 雑記 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ オマー・ロドリゲス・ロペス ビートルズ ジミー・チェンバレン Salyu 杉下右京 洋画 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ アニメ ダーシー・レッキー シガー・ロス 及川光博 ウィリアムズ ホアン・アルデレッテ リカルド・パトレーゼ ドキュメンタリー ジョン・レノン アイルトン・セナ 八重の桜 小林武史 神戸尊 又吉直樹 あまちゃん blogまとめ Eテレ 若林正恭 アット・ザ・ドライヴイン 寺脇康文 Syrup16g 亀山薫 フィギュアスケート ナイジェル・マンセル アンケート ミハエル・シューマッハー キース・エマーソン 歴史にドキリ ミック・ジャガー バカリズム 深夜食堂 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ジョージ・ハリスン 宮藤官九郎 坂本龍一 夏目漱石 NICO クラシック IPPONグランプリ キタダマキ 中畑大樹 世界は言葉でできている エマーソン、レイク&パーマー FLiP トラックバックテーマ チャド・スミス 五十嵐隆 ケヴィン・シールズ ジェフ・バックリィ 教養番組 孤独のグルメ ジョン・セオドア 香川照之 宮崎駿 加瀬亮 自作詩 生瀬勝久 ビートたけし 岡田准一 二宮和也 安藤サクラ カール・パーマー 木南晴夏 平清盛 いしわたり淳治 松雪泰子 阿部寛 ポール・マッカートニー グレッグ・レイク 藤井哲夫 かわぐちかいじ 僕はビートルズ 成宮寛貴 長瀬智也 小泉今日子 田辺誠一 サウンドトラック 小説 谷中敦 キース・リチャーズ ローリング・ストーンズ アラン・プロスト ゲルハルト・ベルガー ロン・ウッド チャーリー・ワッツ サミー・ヘイガー マイケル・アンソニー ジョー・サトリアーニ チキンフット THE世界遺産 インド ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナム ロッキー 集中力アップ サブリミナル効果シリーズ シルヴェスター・スタローン Warpaint 深津絵里 オードリー ZAZ F1総集編 ジャン・アレジ オノ・ヨーコ 南海キャンディーズ カーペンターズ 山里亮太 山崎静代 F1中継 川井一仁 設楽統 エヴァンゲリオン スパルタ ジム・ワード 秋山竜次 サンマリノGP 鈴鹿GP マクラーレン ドイツGP 蒼井優 松山ケンイチ ルー・リード 安倍夜郎 木根尚登 Cocco まほろ駅前番外地 小林薫 満島ひかり 小室哲哉 メイドインジャパン SPEC デヴィッド・ボウイ 信長のシェフ 古明地洋哉 妻は、くの一 ラジオ ブライアン・ケスラー スティーブン・ジョーンズ 堺雅人 ミュージカル 宇都宮隆 NHK 中村獅童 ハワイ ケルト音楽 ベネトン 木更津キャッツアイ ヨーロッパGP 今宮純 沖縄 三宅正治 ブラジルGP フラ・ジャズ メキシコGP ニキ・ラウダ 阿川佐和子 川島明 B'z 柳楽優弥 樹木希林 浅越ゴエ 福田充徳 チュートリアル ハリセンボン 徳井義実 千原ジュニア 夏川結衣 ムロツヨシ 南国少年パプワくん 流星の絆 ロン・デニス 羽生善治 有吉弘行 ヒメナ・サリニャーナ 是枝裕和 池袋ウエストゲートパーク エリオット・スミス 裏・相棒 山崎まさよし 長谷川宗男 後藤久美子 RAILWAYS 三浦貴大 中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ フェラーリ ティレル  アンヴィル ミッキー・ローク アテルイ伝 ジャック・ヴィルヌーヴ デイモン・ヒル ふしぎの海のナディア エルヴィス・コステロ フィール・ザ・ネイチャー・シリーズ 久米島 エディット・ピアフ 狗飼恭子 リラックス ストロベリーナイト 田口ランディ 城達也 モナコGP 絶対に抜けないモナコモンテカルロ 塚本晋也 春日俊彰 オードリー春日のカスカスTV ネイチャー・サウンド・ギャラリー 屋久島 慶良間 パワーアップ アナウンサー 森山春香 さわやか自然百景 あなたに会いたい マンちゃん 女の子ものがたり シンジ 芥川賞 柴崎友香 ジャズ 大島渚 SPEEDWAY バリ アジア 世界ふれあい街歩き グランプリ天国 鉄人 モーツァルト アンビエント 貴水博之 トベタ・バジュン 松本大洋 サドレーゼ 教授 山中千尋 ワールドミュージック 久保田麻琴 谷口ジロー 久住昌之 LUNASEA ブージークラクション ゴンチチ オペラ座の怪人 アイスショー MOZU 浅田真央 お笑い 高橋大輔 イエス TM-NETWORK プラス思考 サントラ ヴィンセント・ギャロ 綾野剛 瀬戸内寂聴 熊切和嘉 リリィ・シュシュ 浅倉大介 ヨンシー ジョン・アンダーソン バカリズム辞典 フットンダ スティーヴ・ハウ クリス・スクワイア ケイコ・リー アラン・ホワイト リック・ウェイクマン 読書雑記 ビブリオバトル ディーントニ・パークス JIN-仁- 猿飛三世 ボスニアン・レインボウズ ノンフィクション 西原理恵子 フランソワーズ・サガン 小西真奈美 大貫妙子 上原ひろみ 居酒屋もへじ ヤンキー君とメガネちゃん 松坂慶子 リーガル・ハイ 小山田圭吾 access 西島秀俊 新選組! 実験刑事トトリ 太陽の罠 夫婦善哉 半沢直樹 矢野顕子 ナイツの言い間違いで覚える科学の法則 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 堤幸彦 戸田恵梨香 マーティン・スコセッシ フリー 斉藤和義 松崎ナオ 辻井伸行 ウルフルズ トータス松本 リンゴ・スター ヒャダイン ア・パーフェクト・サークル トゥール メイナード・ジェームス・キーナン ウルフルケイスケ ジョン・B・チョッパー 玉山鉄二 マイコ 宮崎あおい イ・ジュンギ 溝端淳平 村治佳織 サンコンJr. 橘いずみ 教育番組 リッチー・ブラックモア レインボー クリント・イーストウッド 唐沢寿明 木村拓哉 渡辺謙 桜井和寿 鈴木おさむ 中田有紀 笑福亭鶴瓶 バラエティ番組 振付稼業air:man 中居正広 宮崎美子 山下和美 ディープ・パープル ヤン・ヨンヒ 井浦新 仲間由紀恵 ウォーキング 前山田健一 北野武 ブライアン・ジョーンズ 小出恵介 快眠 斉藤由貴 竹下景子 西村賢太 タナダユキ 森山未來 豊川悦司 富司純子 たりないふたり 広末涼子 東野圭吾 吉松隆 ローラ 堀内健 吉田修一 松本清張 中谷美紀 妻夫木聡 寺尾聰 佐藤元章 園子温 ウィリー・ネルソン ノラ・ジョーンズ ウィントン・マルサリス レイ・チャールズ 樋口可南子 國村隼 三浦友和 久米田康治 椎名桔平 チャールズ・ブコウスキー マット・ディロン 甲斐亨 ゆらゆら帝国 西島隆弘 さよなら絶望先生 腹式呼吸 ヨガ BGM ストレッチ 大東駿介 加藤浩次 ポール・ヒノジョス メリッサ・オフ・ダ・マー ニュース ソフィア・コッポラ トニー・ハジャー ナデア マイ・ブラッディ・バレンタイン エミネム ZWAN ブライアン・レイツェル はっぴいえんど 立川志の輔 ティム・バックリィ 山崎ナオコーラ 永作博美 水川あさみ 稲垣吾郎 サラリーマンNEO セクスィー部長 沢村一樹 ビーディ・アイ オアシス 中村光毅 アップルシード 須藤理彩 平井直樹 もう中学生 伊坂幸太郎 黒谷友香 高良健吾 伊藤淳史 中田ヤスタカ ベクシル ライド アンディ・ベル マーク・ガードナー リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 村上龍 コメントスペース ヨンシー&アレックス 榎本ナリコ 岡田将生 松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂 ガス・ヴァン・サント ロビン・ウィリアムス ハーレイ・ジョエル・オスメント マット・デイモン ベン・アフレック 西田敏行 市川猿翁 イチロー 日テレ 本郷奏多 重松清 ジェームス・ハント 若杉公徳 佐田大陸 TSUKEMEN プロフェッショナル仕事の流儀 ブルース・ウィリス ディズニー・ピクサー Radiohead 村上春樹 CAN 絲山秋子 ジョニー・グリーンウッド RZA 北乃きい 鈴木保奈美 ウータン・クラン セシル・コルベル 内田有紀 浅野忠信 松岡昌宏 中村靖日 神木龍之介 塚本高史 金子修介 フラ 宮崎吾朗 金城武 

 

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。